デカトロンのデイバッグ




フランス企業であるデカトロンがついに日本進出します。何かと話題のデカトロンですが、簡単に言えば、フランスのアウトドア用品を製造販売している会社で、日本で言うところのモンベルのような会社。なお、世間的にはモンベルというよりもワークマンプラスのような会社と言う認識です。

で、何がすごいのかというと、その圧倒的な安さ!
3人用のワンタッチで展開するテントで有名になりましたが、その価格たるやドン・キホーテ真っ青の価格です。

今回何を買ったのかと言うと、デイバッグです。10L容量の小さなものなのですが、なぜ買ったのかと言うと、これまたアホくさくなるほどの低価格。ちなみに送料込みで350円でした。

これが350円(送料込み)のデイバッグ。350円とは思えない高いクオリティ。生地とか作りはそれなりですが、さすがおフランスの会社です、デザインはなど350円(送料込み)とは思えないほど。

後ろ側。バックの背中に接するところは一応パッドらしきスポンジ様のものが入っていました。ただし、肩紐(?)の作りはさすがに安っぽい。長持ちは期待できなさそうです。

細かいディティールですが、やはり350円(送料込み)なりの作りではあります。が、予想に反して、縫製などはしっかりとしており、予想以上にタフな製品かもしれませんね。

タグですが、MADE IN CHINAと書いてあります。中国製。中国とは言え最近人件費も上昇中だし、近い将来はミャンマーとかベトナムとかに変わるのでしょうか?

また製品自体はどちらかと言うと、ファッション雑誌や女性向け雑誌に付いてくる、雑誌のおまけに近いかもしれません。
今回はある意味今回購入したのは「ネタ」の部分もありましたが、単なる「ネタ」だけでは終わりそうにありません。

https://www.decathlon.co.jp/

デカトロン日本公式オンラインストア

SHOEI Z-7と他のヘルメットとの比較




SHOEI Z-7の使用感です。

先日の日曜日にZ-7を被ってかる~く走ってきました。
小さいってことは前にも書きましたが、被っている限りは正直大きい小さいは気にはなりません。また、Z-7の特徴でもある、「軽さ」については、GT-Airに比べては軽さは実感できます。またAraiのRX-7Xと比べても軽い!
確かに、長距離ツーリングなどではこの軽さが大きなアドバンテージとなりえると感じました。

風切り音について
確かに静かです。が、しかし、GT-Airと比べればややうるさい。Araiの各製品と比べてはほぼ同等かもしくは若干Z-7の方が静かと感じました。ただ、Arai各製品とは大差ないと思います。もっともGT-Airが静かすぎるのだと思います。
静か…煩い
GT-Air>Z-7≧ASTRAL-X=RX-7X≧XD

ベンチレーションについて
圧倒的にGT-Airの方がベンチが効きます。AraiのASTRAL-Xと比べてはほぼ同等と感じました。RX-7XとはRX-7Xの方が優秀。
涼しい…暑い
GT-Air>RX-7X>Z-7=ASTRAL-X=XD

これらの性能だけで言えば、GT-Airが一番よさげなのではありますが、GT-Airは実際に使ってみないとわからないところが一つだけあります。
それは視界。GT-Airはインナーバイザーが付いており、シールドの内側のいわゆるおでこの部分にインナーバイザーが仕込まれていますが、そのため、この部分の帽体に厚みがあります。厚みがある分だけ、上側の視界が遮られ気味となるのですね。特にSSなどの前傾度の強いバイクだと、頭部が下を向く形となるため、帽体の厚みが仇となり上の方の視界が悪くなるのです。気にしなければ気にならないと思いますが、私の場合、どうしても上が見えづらい…信号や道路標識の青看が見えづらいというだけでもかなりストレスに感じます。

その点、AraiのProShadeシステムは理にかなっていると考えます。帽体自体は変えずにシールド側でシェードを追加するという方法ですね。
恰好が良くないとか、風切り音がうるさいとか巷では言われているようですが、視界という安全性に直結する部分ですから、一番合理的であると考えます。

ただ、インナーバイザーが悪いとは思っていません。例えばクルーザーやほぼ直立で乗るアドベンチャー系、ネイキッド系では前傾度もかなり緩やかですし、特にクルーザー系では直立どころか殿様乗りに近いものがありますので、上側の視界はほぼ無視できるレベルではないかと思います。更に、インナーバイザーですから、普段は帽体の中に仕込まれており、使うときだけ出す、ということは、普段は帽体の中ですから、バイザー自体に虫が張り付いたりして汚れる可能性が限りなくゼロになるということも十分メリットになり得ますね。

やはり、どれがいいとか、どれが悪いという話ではなく、自分の乗っているバイクや用途に合ったヘルメットを選択するというのが一番良いことですし、視界は気にならないから、静かさを優先するとかベンチ性能を優先するとかっていう決め方で良いのではないでしょうか?

さて、Z-7ですがさっそくシールドをスモークに交換しました。
当然PIN-LOCKシートも購入してスモークシールドに取り付けました。

SHOEI Z-7




新ヘルメット買っちゃいました。久しぶりにSHOEI製品。

SHOEI製のミドルクラス製品であるZ-7、Terminusモデル。
もともとZ-7って、ユーザーがものすごく多いし、実際ツーリングに行って道の駅やサービスエリアなどで見かけるライダーもZ-7ユーザーが非常に多く目にします。
私の場合、頭がArai頭ってこともあってガチガチのAraiユーザーなのですが、ここ数年、SHOEIの製品って、イマイチ好きになれなかったってこともありました。一つにはデザイン。空力を考慮しており後頭部側が長いデザインであり、映画エイリアンのクリーチャーのようにも見えてしまうってことが大きかったのと、Araiに対して帽体自体も大きいってことも避けてたところもありました。ただ、このZ-7のTERMINUSってモデルだけは、カラーリングとデザインが以前から気になっており、機会があれば使ってみたいと思っていました。
いつものように、Amazonをウォッチしていると41,000円切りになっており、「今でしょ」ってばかりにいつものように衝動買い。

本日無事に届きさっそく開封の儀です。

同梱物。本体のほか、ヘルメット袋、チンカバーとノーズディフレクターが別部品として入っているほか、ピンロックシート。特にピンロックシートは他のヘルメットでも必ず装着していますので、これは有難いです。

いつも通り、まずはシールドを取り外します。Araiのシールドもだいぶ外しやすくなりましたがSHOEIのシールドはほんと簡単に取り外しや取り付けが簡単。GT-Airも簡単ではありますが、取り付けには少々コツがいるようですが、Z-7の方はGT-Airよりもはるかに簡単で、これまでのヘルメットの中では一番取り扱いがやりやすいですね。

なぜ、最初にシールドを取り外すというと、ピンロックシートを取り付けるためですが、同梱されているので改めて買いに行く必要もなく、これは非常にありがたい。

さて、そのシールドですが、シールドを最も上にあげて指先のスライド機構を押すだけでシールドが外れます。取り付ける時もこのスライドを押したままシールド側とシールドホルダー側のかみ合わせを合わせるだけで、スルッと入ってしまいます。また、Araiの製品との一番の違いでもありますが、SHOEI製品にはシールドホルダーにカバーが付いていません。そのため、シールドの収まりがシールドカバーが無いためフラットな収まりとなります。このこともSHOEIのヘルメットは静かであると言われている原因の一つであると思います。

さて、Z-7の特徴である「小さい」「軽い」という点について他の手持ちのヘルメットと比べてみます。

左から
SHOEI GT-Air
SHOEI Z-7
Arai Astral-X
こうして比べてみると、Z-7の小ささが際立ちますね。また、AraiのAstral-Xが意外と大きいことがわかります。前後長ではGT-Airが最も長いのですが、Z-7は前後長はArai並み。ただ、全体的にSHOEI製品は前から見る限りでは丸っこくて、コロンとしたイメージ。Araiは全体としては丸くはありますが、シュッとしたイメージ。

Z-7とAstral-Xを横から見てみると、やはりZ-7の小ささが目立ちます。

Z-7とGT-Airの場合、いずれも後頭部が出っぱっていますが、形状そのものはZ-7の方が比較的丸っこいですね。GT-Airはやはり後頭部が長いのが目立ちます。GT-Airはインナーバイザーが付いていますので、どうしても大き目な帽体になるのは致し方ないところですね。

今日届いたばかりなので、使用感はこれからではありますが、実際に被った印象としては、やはり小さいこともあって、GT-Airよりもだいぶキツキツです。

ベンチレーション用エアーのインテークとか静粛性とかは、実際に使ってみてからのお話になりますが、大ベストセラーモデルだけあって、どんな感じになるのか楽しみですよ。

RYZEN5 PRO 2500Uのはなし2




IdeaPad720Sの直後に購入したThinkPad485ですが、前のエントリーに書き込みましたように、IdeaPad720Sとの比較をしてみます。

スペック

ThinkPad485
CPU RYZEN5 PRO 2500U
Memory 8GB DDR4 SO-DIMM Singlecannel
Strage 256GB NVMe SSD
display 14.0Inch

IdeaPad720S
CPU RYZEN7 2700U
Memory 8GB DDR4 Onboard
Strage 512GB NVMe SSD
displya 12.5Inch

と、まぁ、スペックだけ見れば720Sの方がハイスペックなのですが、ノートPCの場合、大きさ、重量、画面の大きさなども考慮する必要がありますね。

485の方がやや大きめ。ただ、液晶のベゼルは720Sの方が狭額なので、ボディに対して、液晶の比率が高く大画面感はあります。ただし、ボディの強度という点で言えば、あまりに狭額ベゼルだとちょっと心許ないですね。

720S の方が、全幅で2~3センチ小さく、奥行きでも2センチ程度小さいです。485のクシタニステッカーはあくまでも自分の趣味です(笑)

厚みの比較。これは圧倒的に720Sの圧勝。一番狭いところで485の半分くらいの厚みしかありません。

485のCPU-Z。

CrystalDiskMarkとCINEBENCH R15のスクショ。
SSDは720Sの半分くらいしか速度が出ていませんが、これはPCI-E接続の速度によるもので、485が2X接続なためだと思います。
CINEBENCH R15の方も720Sと比べても遅めです。スペックだけ見れば485よりもS720の方が優秀だと思います。しかし、実際の使用感ではあまり差は感じられません。それよりもキーボードの使いやすさ、ThinkPadにしかないタッチパッドなどは非常に所有感も高く、また、実際の打鍵感は圧倒的にThinkPadの方が使いやすく感じます。
どちらが良いのかと言えば、やはり使い方によるとしか言いようがないというのが正直なところですね。

カテゴリー: PC

RYZEN5 PRO 2500Uのはなし




と言っても、ThinkPadのお話です。
昨年暮れにLenovoのIdeaPad 720Sを購入しましたが、どうしてもThinkPadが欲しくなりまして、暮れも押し迫った12月30日にまたまたLenovoのサイトからThinkPadを購入。AMDのRyzen搭載モバイルモデルは、A285とA485の2機種。A285の大きさはほぼ730Sとほぼ同じ。ただし、画面サイズは720Sの13.3インチよりもやや小さい12.5インチ。もう一つのA485は730Sよりも一回り大きい14インチ。重量はA285の約1.1㎏に対して、A485は1.5㎏オーバー。また筐体自体もA485はA285や720Sよりも一回り大きい筐体。価格はほぼ同じ構成であればA485の方が逆に安く、A285の方が高い。インターフェースもA485の方が豊富。また、中身にしても、メモリはA285のマザーボード直付けのシングルチャンネルに対してA485は一般的なSO-DIMMであるため、構成によってはデュアルチャンネル構成が可能…といった違いがあります。できれば筐体は小さいほうが好きなのですが、それでは720Sとあまり変わらないじゃないかとも思いましたので、画面が大きいということと、ほぼ同一構成であれば安価であるという理由で、A485のRyzen PRO 2500U搭載モデルを購入。ちなみに、ストレージは256GBのNVMe搭載としました。ちなみにA485の場合、ストレージは標準構成だと、128GBのNVMe接続のSSDと500GBのHDDを搭載するようになっています。もちろん、SSDだけの運用といったことも可能であり、この場合は1stドライブの128GBのストレージのみにして、500GBのHDDをレスにすることとか、逆に1stドライブの128GBSSDをレスにして、2ndドライブのみの構成にすることも可能で、かなりストレージ選択の自由度が高いモデルです。
私が今回購入した構成では1stドライブ…これは128GBSSDしか選べません…をレスとして、2ndドライブを500GBのHDDから256GBのSSDに変えています

使用感についてですが、キーボードはさすがThinkPadと思わせるデキです。キーストロークも浅すぎず、深すぎずで打鍵感を持たせながらも決して重くないといThinkPad独特のモノ。720Sは薄さを追求しているため打鍵感はやや浅く、強めにたたくとキーボード全体がたわむ感じがありますが、ThinkPadはまったくそのようにたわむこともなく、非常に疲れにくいキーボードで、これだけでもThnkPadを購入した意味があるともいます。

また、14インチということもあって、キーピッチもやや広く打ち間違いを起こしにくい配置です。ThinkPadのアイデンティティともいうべきトラックポイントとクリックキーもパッド面が広いため非常に使いやすい。

キーボード裏面にはLEDが仕込まれており、夜間でも使いやすいと思います。これについては、720Sも同じです。

筐体左側
左からUSB3.0 TYPE-C、AC入力兼用
専用ドッグ用インターフェース
ファンの排出口

本体右側
右から
ヘッドフォン用ミニジャック
USB2.0
HDMI
USB2,0
RJ45、LAN
SDカードスロット

筐体がおおきめなため、インターフェースも充実。

さて、次回は720Sとの違いをレビューしてみます。

カテゴリー: PC