元ビーフラインの未開通区間が開通

茨城県笠間市から、城里町、常陸大宮市、常陸太田市、日立市、高萩市を経由して、北茨城市に至る元「ビーフライン」、現「ビーフライン~グリーンふるさとライン」の一部未開通区間である常陸太田市上大門町から常陸太田市西河内下町のおよそ3kmの区間がようやく開通となりました。この間の十国峠は十国トンネルで峠越えしています。
開通したのは2020年6月27日。私が訪問したのは7月11日で開通から2週間ほど経過した時点でした。開通したばかりで、また案内の青看も不十分で分かりづらい道ではありますが、ようやく一応当初予定されていた「ビーフライン」が不完全ではありますが一応の全線開通となったようです。
以前にもご紹介しましたが、この道は「緑資源公団」が計画、建設を行ってきましたが、のちの「緑資源機構」が官製談合事件を起こして同機構は解散、林道事業は地元自治体に継承され地元自治体により建設が続けられ、ようやくこの日を迎えました。そのため、青看板や途中にある案内板などには計画図が残されていますが、やや当時の計画とはルートが異なっています。が、おおむね計画通り建設が進められてきました。

SRで走ってきましたが、訪問日はあいにくの天気ということもあって、ほぼ通行車両はありません。しかし、これまで開通してきた道とほぼ同じ規格で作られており、比較的走りやすい道です。

2020/8/23追記

その後、MTで走ってきました。写真の左側の道を行くと以前ご紹介した国見林道です。

今回の開通区間は3.6kmほどと短い道ですが、ほぼ利用価値の無かった旧水府からの区間を含めると使い勝手がかなり良くなりました。

RYZEN環境下でのPCI-e 4.0について

前回、Ryzenシリーズの中でもZEN2世代から、PCI-e 4.0規格が使われるようになり、一番恩恵を受けるのがNVME接続のM.2スロット接続SSDであるということを書きましたが、もう一つ恩恵を受けるパーツがあります。それが、グラフィックボード。
PCI-e 4.0規格は、PCI-e 3.0の2倍の帯域があるということも書きました。具体的には、PCI-e 3.0が1レーンあたり8Gbpsなのに対して、16Gbpsの転送速度があります。

しかしながら、この帯域を活かせるゲームがほぼありませんので、実使用においてはPCI-e 3.0もPCI-e 4.0も差がないというのが現状です。しかし、ほんとうに2倍もの転送速度がグラフィックボードでわかるのか?という問いに対しては、ベンチマークを実際に走らせてみればわかるのではないかと思いますのでやってみました。ベンチマークはグラフィックボードの性能を図るのに定番ともいえる3D Mark。この中の「PCIe feature test」を実施。なお、現状でPCI-e 4.0に対応しているグラフィックボードは、Ryzenと同じAMDから発売されているRADEON RX5000シリーズ(Naviシリーズ)のみとなっています。

RADEON RX5700XT
CPUはRyzen 9 3950X
転送レートは24.13GB/s

GeForce GTX 1660 super
CPUはRyzen 5 3500
転送レートは13.1GB/s

実ゲームでは差がないなどと言われていますが、ベンチを実際に見てみますと、CPUの圧倒的な違いはあるにせよ、GeForceよりもRADEONのほうが明らかに滑らかに動いていました。

いろいろな方のブログやHPを見てみますと、実際のゲームにおいての明らかな差異はないと書かれている方々が大多数であり、実際のところそうなのでしょうね。RADEONユーザーが特にPCゲーム界隈であればなおさら少数派ということもあるでしょうし…でもただでさえGeForceと比べても劣っているなどと言われているRADEONですが、まだまだ底力は侮れないのではと考えてしまいますね。

カテゴリー: PC

RYZEN環境でのNVMeSSD速度あれこれ

昨今のPCにおいては、ハードディスクなどの円盤系ストレージはかなり特異的な使い方をされています。と言うのも、現在ではその転送速度の遅さなどから特にOSがインストールされているドライブでは、OSの巨大化で読み込み速度の遅さがネックとなっており、ハードディスクを主に搭載しているPCは、最近ではよほどの低価格かつ大容量ストレージを要求されるようなPCくらいしか見つかりません。その代わりに現れたのがSSDと呼ばれるメモリを利用したストレージであり、これまでのハードディスクに代わるストレージとして使い始められました。

初期のSSDは2.5インチハードディスクの置き換えとして広まり、主に高パフォーマンスノートPCに採用され、今では広くノートPC以外でもデスクトップPCでも幅広く使われていますね。また、接続がSATA接続であることも普及につながったと思います。SATAは内蔵ハードディスクの接続方法として、当たり前に使われていましたので、ハードディスクをSSDに置き換えるのにも敷居は低かったと思います。なお、SATA接続のハードディスク転送速度は速いもので、シーケンシャルリード(連続読み込み)150MB/S、シーケンシャルライト(連続書き込み)120MB/S程度。これが当時最速と言われたWDのcaviar blackの数値です。当時はこれでもすんごく速いと思ったものでしたが、その後、2.5インチSATA接続のSSDが登場。一般的なシーケンシャルリードで550MB/S、シーケンシャルライトで500MB/S程度と、ハードディスクの4倍程度、さらにテスト内容によっては5倍以上の速さになりました。

しかし、近年ではOSはおろかソフトウェア側もデータ量が莫大な大きさとなってきており、特にゲームなどの大量のデータをやり取りする必要があるソフトウェアも一般的になってきています。そのため、さらなる高速化が求められるのは必然でもあるのですが、そこで登場してきたのが、SATA規格の転送限度を超える規格としてPCI-Expressを利用した規格であるM.2スロットを利用したNVMe M.2 SSDとなります。なお、M.2スロットを利用するSSDはすべてがNVMeではなくSATA接続のものもありますので、購入時には注意が必要です。

これらNVMeタイプのSSDはSATA接続SSDと比較しても桁違いの速度を出しており、特にPCI-E 3.0×4での接続が多くを占めており、理論値ではシーケンシャルリード4000MB/S程度の速度が出ますが、実際のところでは3500MB/S程度が最速です。

ところがRYZENシリーズが発売されたことで状況が一変。PCI-E4.0規格を標準サポートしたものですから、ストレージ速度がさらに増速されることとなりました。PCI-E3.0でもSATA SSDに比べればとんでもなく速く、爆速と言っても過言ではないと思いますが、PCI-E4.0規格はPCI-E3.0の2倍の帯域を有しており、理論値では8000MB/Sの速度も出せることができます。しかしながら、現時点ではPCI-E4.0の規格に沿ったチップセットが実質RYZENシリーズのチップセットであるAMD X570とB550の2種類のみ。しかもPCI-E4.0規格に沿ったSSD自体も多くはありません。とはいえ、実際に4000MB/S以上の速度が出せる環境はRYZEN環境しかないということであって、決してINTEL系のチップセットでは出せない速度領域なのですね。

ここ最近の使用しているPCはすべてRYZEN系列に移行させてしまいまして、更には新チップセットであるB550シリーズを採用したASUSのTUFシリーズ、TUF GAMING B-550 PLUSというATXマザーボードにRYZEN 9 3950Xを載せ替えいたしまして、PCI-E4.0の実力を試せる環境ができましたので、せっかくなので、ベンチとってみました。

WesternDigital WD BLUE SN550 NVMEモデル

MB ASUS TUF B-450 PLUS
Ryzen 3 3400G

WesternDigital WD BLACK SN750 NVMEモデル

MB Asrock B-450 STEEL LEGEND
Ryzen 5 3500

SEAGATE FireCuda 520 NVMEモデル

MB ASUS TUF GAMING B-550 PLUS
Ryzen 9 3950X

読み込み速度は、見ての通りPCI-E3.0の規格を超えて、ほぼ5000MB/Sのシーケンシャルリードとなっています。
SSDのコントローラによっても速度差が出るのでしょうが、現状PCI-E4.0 NVME SSDのコントローラはPhison製一択しかなく、PCI-E4.0対応のNVME SSDはほぼ同じような性能です。
今後は各社から出てくるのではないかと思いますが、今のところ、コンシューマ向けストレージでは最速となっています。

さて、実際使ってみますと、起動などではいずれの自宅にあるSSD搭載自作PCでもあまり差異は感じませんが、明らかにSATA SSDと比べるとWindowsの起動は素早く感じます。
ただ、FireCudaについては、3DMarkなどの重いソフトウェアを起動する際には体感でも素早いなと感じることはできます。

まだ、若干PCI-E4.0対応のSSDはSATA SSDと比べると割高感はありますが、同じNVME SSDを購入するなら、PCI-E3.0との価格差もあまりありませんので、RyzenシリーズでチップセットがX570またはB550搭載マザーボードであれば購入検討する価値は十分あると思います。

カテゴリー: PC

AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 3

マザーボードにとりあえず必要最低限なものを組み込んだら、次はケースに収納です。前にも書きましたが、イマドキのケースって恐ろしく安いですよ。電源付属せずってのもあるかとは思いますが、その昔に某「星野〇属」とかを使っていた自分からすると考えられないほどの安さ。その分、今のケースってものすごくペラいんですけどね。

サーマルテイクのミドルATXケース。実はこのケース、他に使っているアンテックのケースと作りがそっくりなんですよねぇ。ケースなんて数多く売れるものでもないし、規格も共通化されていることから、おそらくメーカー名はいろいろあってもOEMでどこぞの中華金属加工屋が作っているのではないかと思います。でないと、こんなに安くはできないと思います。ユーザーからすれば、見栄えと、取り付けやすさと、価格が満足できればこだわるところが少ないからかもしれません。

ただ、よーく見ると、裏配線のことやマザーボード裏側のくり抜き、あるいは水冷を前提としたエアフローなど、非常によく考えられている作りだなと感心したりもします。
このケースにしても、内部右側の部分などは配線を裏側に回しやすい作りだったり、5インチベイなどイラネっていう私のような者にはベイが取り外せたりするような作りであり、10年で一番進化したパーツじゃないかと思ったりします。

まずはマザーボードをケース内に取り付け。その後、ケースから出ている必要な配線を写真のように裏側から表側に引き回してきます。

次にグラフィックボードをマザーボードのPCI-Ex16スロットに差し込み、ブラケットをケースにネジ止めします。このグラフィックボードはブラケットを2段占有。物によっては1段だったり、高性能なグラフィックボードだと3段も占有するものもあります。
今回のグラフィックボードはnVIDIAのミドルハイクラスのGeForce GTX 1660Superなので、2段で収まっています。

電源の取り付け。最近の電源はケース下部に取り付けるものが大半です。電源ってめっちゃくちゃ重いので、理にかなっているのと、ケースファンを取り付けることがほとんどなので、以前のように、電源ファンがケース内排気ファンを兼ね備えるということもなくなってきましたので、現在の配置になったと思います。
それと、CPU爆熱時代にはCPUの温度が鬼のように上昇していたため電源ファンをケース内排気ファンと共用させると、電源のコンデンサをはじめとする部品の温度による劣化が激しくなってきたということもあったと思います。特にコンデンサなどは温度依存が高く、105℃品とか95℃品とか、対応する温度によって部品単価が全然違うなんてこともあります。そのため、現在では電源ファンの用途としては、電源内の熱源のみの排熱ファンということになってきたのではないかなと思います。

3.3Vと5Vの合計が110Wとなっていますね。格安電源でもいいとは思いますが、この合計ワット数は見ておいた方が良いと思います。

配線を引き回した裏側の状態。電源からのケーブルはまだ刺さっていません。電源横には3.5インチHDD用ベイが見えてます。本来ならここも取っ払っちまおうかとも思いますが。

電源からのケーブルをマザーボードに刺した状態(の裏側)
裏面配線なので、こんな風になっています。

裏面配線を行った正面側の配線状態。以前とはくらべものならないくらいすっきりとしていますね。PCを光らせたいので、これくらいは配線を見せない方がいいでしょう。
逆説的に言えば、光らせない、アクリル板やガラスをサイドパネルに使わない、要は中身が見えないってことなら、裏配線にこだわる必要もありませんし、実際その方が組み立てもラクです。

これで一応、ハードウェア的な完成ということになります。あとはWindowsのインストールとドライバ類のインストールでとりあえずはPCとして完成となります。

カテゴリー: PC

AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 2

さて、今回自作の主役となるCPUですが、Ryzen 5 3500のリテール品です、CPUのほかに、CPUクーラーが入っています。こだわりがなければ、この箱入りのCPUクーラーを使えば問題ありません。私の場合は、今回のクーラーは光らないためあえて使っていません。光らせたいのですよ(笑)

CPUをマザーボードのソケットに取り付けました。取り付けるときはCPUソケットの横にあるレバーを持ち上げて、CPUをスコンと挿します。迷うことはないと思いますが、一応、ソケット側とCPU裏側のピン横にある三角マークの位置を合わせて挿します。ピンが剣山のように生えているので、うまく入るか心配になりますが意外と簡単に入ります。うまく刺されば「スコン」という感じで入ります。強く押し付けることだけは絶対にダメ。ピンが曲がったら、そのCPUはオシャカになる可能性大ですよ。うまくCPUがソケットに入ったらレバーをおろしてCPUを固定します。

今回使用したM.2 SSD、WesternDigitalのWD BLUE SN550 500GBの製品です。シーケンシャルリード 2400MB/sec、シーケンシャルライト 1750MB/secとSATA SSDに比べると約4倍の速度となります。SATAのSSDでもHDDと比べると圧倒的に早いんだけどね。ちなみにHDDのシーケンシャルライトは170~200MB/sec。なので、HDDに比べると、M.2 NVMeのSSDは単純に20倍くらい早くなっているということになります。そりゃ、今さらHDDなんて使えないってなりますわなぁ

CPUソケットにCPUを挿して、さらにM.2スロットにSSDを取り付けた状態のマザーボードです。なお、本来であれば、CPUソケットの横に純正クーラー用リテンションっていう黒い棒状のものが標準ではマザーボードには付いてきますが、今回、CPUクーラーは純正を使いませんので、その棒状のリテンションを取り外して、かわりに取り付けるCPUクーラー用のナット状のものを取り付けています。

CPUクーラーを取り付けました。このクーラーはネジ止め式。サイドフロー型なので、PCケースの前面から取り入れたエアフローを後ろ側に風を流すような形でクーラーを取り付けます。なお、この時点ではCPUクーラーのファンは取り外しています。CPUファンを取り付けるとメモリスロットに干渉するためです。

メモリの取り付け。
Ryzen用マザーボードはメモリがデュアルチャンネルっていう並列処理が可能な仕様です。そのため、メモリスロットも挿す位置が決められており、決められた位置に刺さないと並列動作しません。…デュアルチャンネルで動かさなければ気にする必要はありませんが、せっかくならば動作速度は速い方が良いでしょうから、ここは素直に決められた位置にメモリを挿すことにしましょう。なお、規格違いのメモリや容量違いのメモリを混載することはできますが、この場合、デュアルチャンネル動作は動作保証外となり、うまく動けばラッキー程度に思っていた方が良いと思います。

以上がマザーボードに刺すパーツとなります。以前のように、HDDとか光学系ドライブとかに使っていた信号ケーブルとか電源ケーブルとかはこの程度の自作機ならば全く使いません。どうしてもHDDとか光学系ドライブを使用したい!ってことならば、引き続きケーブル類の接続が必要となります。私の場合は、もう使わなくてもいいじゃん!ってことでこれらのドライブ類は全くと言って良いほど使わなくなりましたので、電源ユニットを除いて主だったパーツはこれで全部となります。

次回はケースへの組み込みと電源取り付けについてです。

カテゴリー: PC