ラジエーターコアガードとオイルクーラーガード




ラジエーターコアガードを付けたい!

ってことで、以前乗っていたFazer8にはR&G製のコアガードを付けていました。
Fazer8のラジエーターコアはブラック塗装されていまして、正面から見ても目立たなくて良さげだったのですが、ケルヒャーで洗車した時に水圧でフィンが曲がってしまい、水が当たったところがシルバーになってしまいみすぼらしくなってしまいました。そんな理由で黒のコアガード付けたら目立たなくなるんじゃね?と思いまして、R&G製のコアガードを付けていました。
翻って、MT-10ですが、デザイン的にスキマや空間が多く、洗車するのも結構大変。なので、ケルヒャーで洗車することが多く、Fazer8の時と同じくラジエーターコアがまた曲がってるんじゃないかと思いますし、田舎住まいなのでインセクトアタック(要はムシ)により激突した虫の残骸がコアにびっしりってことも少なくありません。なので、MT-10にもFazer8の時と同じくR&G製のコアガード&オイルクーラーガードを取り付けました。

Fazer8と同じブラック!ラジエーターが目立たなくなりました。比較的安価なのでお財布にも優しい。

オイルクーラーガード。
こっちはもともと付いていた純正のガードと交換。純正品の上からは取り付けできません。純正品は飛び石からのガードを主目的としているようで、メッシュの目が粗め。R&G製はラジエーターコアガードと同じ目の粗さ。なのでムシが激突してもコア本体への影響は最小限だと思われます。

MT-10のラジエーターは無塗装なので、結構目立ちますが、ブラックなコアガードを取り付けたので、コアが目立たなくなり、また洗車がラクになりそうです。

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その3




ライディングウェアって、ジャケットは結構いろいろ考えてシーズンごとの製品、例えば夏なら通気性に富んだメッシュジャケットや冬なら防寒を目的としたウィンタージャケットなどを購入されたりすると思いますし、実際、洋品店に行くとジャケットは革ジャケットやテキスタイルジャケットなど所せましと陳列されていますが、一方パンツはと言うと、3分の一から4分の一程度しか陳列されていません。
実際、街を走るライダーやツーリング先で見かけるライダーなどは、ライディングジャケットはしっかりしたものを着用されていても、パンツはジーンズと言ういで立ちの方々を多く見ます。ジーンズでもバイクに乗ることには何ら問題はないわけで、むしろジーンズで乗っている方々もきちっとしたジャケットを着用されていれば違和感も感じませんね。

しかし、バイクに乗るということは常に事故のことや、転倒というアクシデントも想定しないといけないと思うわけで、そうなると、ジャケット並みのプロテクション効果があるパンツを着用した方が、より安全ということになります。
私も最近までは、ジャケットはしっかりとしたものを着用していても、下はジーンズというスタイルで過ごしてきましたが、プロテクションのことを考えたり、季節に応じたパンツも持っていた方がより疲れないし、快適であることもわかってきました。

ライディングパンツを履くようになり、オーバーパンツだけではなくウィンターパンツもあった方が快適ということもあり、クシタニさんのところのライディングパンツを購入しました。

K-2669 ゴアテックスオールウェザーパンツ

ということで、ゴアテックスパンツですね。

ゴアテックスジャケットと同様、昨年モデルとほぼ同じ。違うのは、脛部分の色が昨年モデルはシルバーだったのが、ガンメタに変わっているのと、裾のところの三角のステッチが革になっていることくらい。カラーチェンジ程度のマイナーチェンジ版といったところですね。

決して安くはないのですが、さすがと思わせたのが、インナーパンツでした。

インナーパンツは脱着式。また、インナーパンツ自体、相当工夫されていました。まず、アウターとのコネクト方法は腰部分のファスナーで装着しています。クシタニさんをはじめ、サーキット走行を考慮したメーカーの革ジャケットと革パンツなどはファスナーで上下をジョイントできるような製品が多いのですが、ゴアパンツでは、インナーパンツとアウターパンツをファスナーで繋いでいるという点が画期的。他のメーカー製品では、ボタン留めがほとんどだと思われますが、インナーパンツをゴアパンツ専用とすることで、ジョイント時の収まりがかなり自然な感じをうけました。また、インナーを専用化することで、インナーの前身頃が相当えぐれたような形状をしています。この形状だとトイレが非常にラクですね。

踝側。ストームガードとなるゴムが縫いつけられています。また、足首が細い人向けにボタンで調整可能。これもなかなか無い装備です。

内股部分。シートと擦れてストレスが加わる部分には革による補強がなされています。これも高感度アップ装備。

逆に踵側はエンジンに触れても大丈夫なように厚手のクロスが重ね縫いされています。実際エンジン回りは冬と言えどもかなり高温になっているケースも多々あり、火傷防止の観点から見ても有用な処置と言えると思います。

膝パッドの固定用ベルト。プロテクターは立っている時よりも座っている時、すなわちライディング時にパッドがずれ落ちないよう位置固定することが可能です。

装備内容はジャケットと同様かなり豪華なのですが、実際に着用してみてどうか?

つづく

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その2




来年度モデルからクシタニさんのところのゴアテックス系ジャケットが廃盤になるかも…ということなので、クシタニさんのところのゴアテックス系ジャケット上下を思い切って買いました。

前回書いたように、ゴアテックスはアウトドアスポーツ系ウェアとしては大変有名かつ優れた素材なのはご存知のとおりですね。最初はゴアテックスオールウェザージャケットというロング丈のものを狙っていましたが、今年モデルはインナーのダウンがかなりタイトで、LL寸だとアウターはイケてもインナーを着るとキツキツ。XL寸も考えましたが、サイズ自体は問題なさそうなのですが、袖丈がかなり長くなり手のひらの半分近くまで袖があるためオールウェザージャケットを諦め、ゴアテックスショートジャケットのほうに変更。バイク的にはショート丈のほうが合いそうということもあって、ゴアテックスショートジャケットK-2668に変更しました。

クシタニ ゴアテックスショートジャケット K-2668

色はブラックではなく、ガンメタ。昨年モデルのウィンターヴィターレジャケットのアーバングレーよりも一回り濃いグレー色です。昨年モデルの同じくゴアテックスショートジャケットK-2657とデザインはあまり変わっていませんが、左胸のところのKをかたどったラインがなくなりましたが、袖のバタつき防止タブや肩周りのステッチなどに牛革があしらわれています。

後ろ側は全くと言っていいほどK-2657と同じですが、腰回り左右の三角のステッチが牛革に変わっているくらいです。

アウター後ろのベンチレーション。ファスナーで開閉可能かつベルクロ止め併用なので、真冬でもかなり保温性が高められています。他のメーカーではファスナーのみが多く、ベルクロ併用してるのはほぼないと思います。

インナージャケット。クシタニさんの今年の冬モデルはほぼ全てインナージャケット付きタイプに変わりましたが、ゴアテックス系のみダウンジャケット。ほかのモデルは化繊です。これだけを単体で買ってもそこそこの値段になりそうなクオリティです。

クシタニさんのインナーではお約束の少しオフセットされたファスナー。アウターのファスナーと干渉するのを防ぐためとのことですが、確かに理にかなっていますね。

後ろ側。肩のところに見えるタブのようなものはクシタニコネクション用のタブ。アウターとインナーを繋ぐ装備。インナーを付けたままジャケットを脱ぎ着するときに便利。あと袖口にもタブが付いています。

袖と内側に「MOTO PERFORMANCE」の文字。ここらあたりは好みがわかれるかも。ちなみに地元クシタニプロショップの店長は、これくらい派手な方が目立ってイイって言ってましたけどね。

ジャケットは機能的には、ほかのメーカーと大きく違わないのですが、パンツの方はかなり工夫が凝らされていました。

つづく

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その1





WLゴア&アソシエイツが開発したゴアテックスですが、アウトドアウェアとしてあまりにも有名ですね。ゴアテックスは防水性、透湿性、防風性を兼ね備えた素材で、登山用ウェアなどの雨や風など過酷な条件でも、快適な着心地や発汗による蒸れを防ぎながらも防水性も兼ね備えているため、多少の雨でも内部に雨水が浸入することを防ぐ、極めて有名な素材です。

ウエアにとどまらず、シューズやグローブ、更には医療用品などでもゴアテックス系の素材は幅広く利用されていますね。

(ゴアテックス Wikipedia)

これに対して、ゴアウィンドストッパーはゴアテックスの機能から防水性を省き、透湿性と防風性のみに特化した素材で、主にゴアテックスがアウターに使用されるのに対して、インナーウェアで使用されることが多い生地です。

バイク用ウェアのインナー系ウェアはここ数年で大きく進化した分野で、特に夏場のコンプレッション系の冷感インナーなどは急激に普及してきたと思います。

ゴアウィンドストッパーを使用したインナーウェア

クシタニさんのところのゴアウィンドウトッパーを使用したインナーウェアです。

上の写真…ウィンドストッパーインナーパンツ K1864
下の写真…左 ウィンドストッパーインナーシャツ k1863
下の写真…右 ウィンドストッパーインナーシャツ k1812

k1812は一昨年の冬の時期から使用しておりましたが、防寒性がかなり良くなるため、昨年k1863とk1864を買い増ししました。
一般的なインナーウェアと比べてふわふわ感はありませんし、内側に起毛加工などもされていませんので、単純にあったかいという感じはしませんし、どちらかといえば素材が厚めで特に柔らかくもありません。しかし、最近はやりのコンプレッション系防寒インナーと比べると、あきらかに暖かさが違います。
一般的なインナーウェアは裏起毛などで暖かくは感じますが、バイクに乗っているとジャケットやライディングパンツを履いていてもどうしても風が侵入してきます。そのため、裏起毛と言えども保温された空気層が侵入してきた冷たい風と入れ替わってしまい、遅かれ早かれ体が冷えてきてしまうのです。ところがウィンドストッパーを使用したインナーウェアだと、風が通る流量が圧倒的に少なく感じます。そのため、体がなかなか冷えてきません。また、透湿性があるので、体に汗がまとわりつく感触も少ないので蒸れない。そのため裏起毛系インナーよりも暖かくは感じないのだと思いますが、一番裏起毛系インナーと違うのがウィンドストッパー系インナーは体が冷えないという点が一番のメリットだと思います。

ところで、今年のクシタニさんのところのウィンターインナーウェア、k1908とk1909ですが

商品名が従来の「ウィンドストッパー」ではなく「ウィンドストップ」に変わっています。同社のwebを見ても、これまでのウィンターインナーウェア製品のページに記載があった
「WIND STOPPER」
の商標表示と説明文も無くなっており、明らかに素材を変えてきています。ウィンドストッパーに変わる新たな高機能素材を採用したのかどうかはわかりません。が、噂によるとゴア社の方針でゴアテックス系の素材出荷先を限定するという噂があり、来年あたりからバイクウエアメーカーでゴアテックス系素材が使えるのがゴールドウィンだけになるという噂が飛び交っています。なので、クシタニさんのゴアウィンドストッパーを使用したインナーは今後は発売されないのでは?
あくまでも噂なので真偽はわかりませんが、今年からインナーウェアの素材を変えてきたということは、まんざらでもないかもしれません。

ということなので、クシタニさんのところのゴアテックスを使用したジャケット、パンツ類は今年モデルが最終かもしれませんね…
来年モデルからはクシタニさんのところのゴアテックスジャケットが買えなくなるかも…

つづく

タイヤ交換とアクスルスライダー





MT-10の純正タイヤであるブリヂストン:BATTLAX HYPER SPORT S20 が寿命を迎えました。8000㎞でリアが終了。フロントはもう少し使えそうでしたが、どのみちあと1000㎞くらいで交換となりそうでしたので、併せて交換としました。バイク屋のおにいちゃんが言うには、ハイグリップタイヤで8000㎞もてば十分とも。しかし、これまでのバイク歴で新品タイヤで交換まで5か月しか持たなかったのは実は初めて。なので、今回は、できるだけ安く、なおかつライフの長いツーリングタイヤということでチョイスしてみましたが、いかんせん、リアのタイヤサイズが190/55というちょっとだけ変わったサイズだったりします。このサイズのタイヤはどちらかというとスーパースポーツ系のバイクが多く、したがって、タイヤ自体もハイグリップ系のものが必然的に多いように感じます。当然価格も高めとなり、なかなか出物が無いということだったのですが、メッツラーのROADTEC Z8M INTERACTならば比較的安く入手可能でツーリングタイヤであることからライフも期待できそう!ってことで、初めてのメッツラーに交換となりました。

見るからにツーリングタイヤっていう感じのパターンですね。

フロント側もリア側と同じようなパターンです。
インプレとかも参考にしてみましたが、ライフは少なくともかなり期待できそうなインプレが多く、またウェット性能もかなり高いとの評価が多いようです。
せっかくなので、せめて10,000~12,000㎞はもって欲しいところです。

ハンドリングはS-20と比べて、ややダルい感じ。倒しこみも若干重く感じますが、変に切れ込むような素振りも見せず素直なハンドリング。ヤマハ車にありがちなリアタイヤから回っていくような走り方をするとどっしりとした感じで安定したコーナリングが楽しめます。

 

 

アクスルスライダーも取り付け

SW-MOTEC製のアクスルスライダーもタイヤ交換を機に取り付けました。

実のところ注文は6月20過ぎに注文しましたが、入荷まで2か月以上かかりました。Webikeで購入したものの、納期未定状態でようやく10月3日に届きました。

ファッション的要素が強いアイテムですが、フロントタイヤとリアタイヤ周りのアクセントとしてみてみるとなかなか良さげな商品です。取り付けも前後で私のような素人が30~40分程度で取り付け可と非常に簡単でした。

栃木県道・福島県道350号栗山舘岩線(田代山林道)






すっかり秋らしくなってきました
今年(2017年)の関東の夏は例年になく雨続きで、なかなか林道ツーリングにも行けませんでした。
しかしようやく秋晴れの季節となり、約1年ぶりにセローで田代山林道に行ってきました。

まずはネット情報で川俣湖畔から馬坂林道に向かいますが、残念ながら通行止め表示。脇が甘くバイクが通行したような形跡は見られましたが、チキンな私は素直に撤退(笑)

一旦旧栗山村役場前まで戻り土呂部経由で田代山林道に入りました。
田代山林道側からの馬坂林道の道路情報板にも通行止め表示。


向かった日は天気も良く、田代山林道分岐のスタート地点に着いたと同時に福島側からセロー軍団に遭遇、更に林道通行中は数多くのオフ車とすれ違いました。


ただ、昨年よりも確実に舗装されている部分が増えています。
何年かするとかなりの部分が舗装されてしまうのではないでしょうか…


最近MT-10ばっかり乗ってたので、セローもたまには乗ってあげないとね。
また、紅葉もここでは始まっていました。

大阪出張





半年に一度の大阪出張で大阪に来ました

いつもは茨城空港からスカイマークで神戸空港に来ることが多いのですが、今回は羽田から伊丹にJALを利用して来ましたが、CMでもやってたように機内で飛行中にwifiが使えるんですね

機内wifiを使うと現在地が表示されたりしますんですよ。

リアルタイムで飛行中の位置がわかりますね

その時撮った富士山

主翼が邪魔ですが…(笑)

アライ RX-7X





アライのフルフェイスヘルメットであるRX-7Xを買いました

同じくアライのアストロプロシェードも持っていますが、内装がややくたびれてきたのとベンチレーションが良さそうだったのでAmazonで安い時を見計らい購入。
アストロプロシェードと比べてどうなのかということで今更インプレを。

帽体は正面から見るとほぼ同じ大きさ。ちなみに、RX-7Xもプロシェードシステムに換装しています。形状もアライ標準ともいえるR75シェイプですね。
ただ、てっぺんのベンチレーションはこれまでのRX‐7系と同様、左右と中央の3か所にインテークが付いており、排気側も左右独立して開閉できるようになっています。


しかし、上や横から見て比べると、若干RX-7Xの方が前後長が長め。おそらくアストロ系よりも高速域での安定性を目指してのことだと思いますね。更にRX-7Xには後ろ側のディフュザーの間にウィングが付いています。ということは、より高速域でのヘルメットの浮き上がりを防止するためであり、アストロ系などよりもサーキット走行を意識したデザインであるのだと思います。

後ろ側から見ても形状には差異はあまり見られませんが、RX-7Xの方はリア下部アウトレットの形状がより小型化されています。おそらく上側ディフュザーの排気流量が多いので、下側はそれほどの大型化は必要ないのかもしれません。また、下側の排気流量が多いと、風切り音がうるさくなることも考えられます。

RX-7RR5やアストロとの違いの一つであるシールドですが、VAS-Vシールドに変わっています。一番見た目で違いが判るところがシールドロック方法。これまでのスーパーアドシスシールドはシールド側にロックピンが付いていましたが、VAS-Vシールドは本体側にロック機構が付いています。おそらくシールドのコストダウンも見込んでのものと思われますし、シールド側のロックピンが取れてしまうという可能性も排除しているものと思います。また、今回の変更で微開状態にはしやすくなっています。本体側のレバーを押し下げればロックが外れて微開状態になりますので、これまでのシールドよりもかなり簡単にはなりました。

システム内装。かなりタイトな仕上がりです。特に内部そのものはあまり違いませんが、入口はきつめ。頭が入ってしまえばそこそこの圧迫感で、アストロプロシェードや以前使用していたクァンタムJと変わりません。また、眼鏡装着はアストロよりも位置決めはし易いです。

肝心の使いごこちですが、新シールドは確かに上側の視界が良くなりました。また、肝心のベンチ性能ですが、RX-7XはターゲットとするバイクがSSなどのスポーツ系でかなりの前傾姿勢で乗るバイクを想定しているようで、強めの前傾姿勢でないとベンチ性能は発揮できないようです。頭を下に向けたような状態だと、SHOEIのGT-Airよりもベンチが効きます。ただ、私が乗っているようなネイキッド系だとほぼ正面を向いた状態で走行するので、あまりベンチが効かないと感じるかもしれません。またプロシェードシステムに換装してますが、換装の影響はほぼ違いが出ないと考えてよさそうです。

現在はRX-7Xは主にソロツーリング用、アストロプロシェードは街乗り用、GT-Airはインカムを付けましたので、マスツーリングや通勤時に使用しています。

 

気が付けば…





気が付いたら…
クシタニのジャケットやらパンツがいっぱいになってる
左から…
マッドスポルトジャケット(夏用メッシュジャケット)
モードスポルトジャケット(スリーシーズンジャケット)
ミューラージャケット(ロング丈スリーシーズンジャケット)
ウィンターヴィターレジャケット(冬用ジャケット)
ブリンクジャケット(ライダース革ジャケ)
キャプチャージャケット(スポーツライディング用革ジャケ)
ファクトプロパンツ2(スポーツライディング用革パン)
(ゴールドウィン)GWSベンチレータパンツ(スリーシーズンパンツ)
サイドフルオープンオーバーパンツ(冬用オーバーパンツ)
(RSタイチ)クロスオーバーメッシュパンツ(夏用メッシュパンツ)
(ノーブランド)革パンツ(ヤフオクで入手した格安革パン)

意識的にクシタニで揃えてきましたが、ちとやりすぎたか

 

青森ツーリング





今年の夏(2017年)は1993年の「米騒動」と言われた冷夏を彷彿とさせるような天候でした。
とは言え、今年も例年のごとくお盆休みにはいつも通り泊まりツーリングに青森に行ってきました。

昨年は同じ青森とは言え、竜飛岬と白神山地の2泊。今年は2泊の予定を1泊に短縮し八甲田と奥入瀬に。





以前CB-1で同じコースを逆回りで回りましたが、約10年ぶりに訪れた奥入瀬は以前と変わることなく豊かな自然の中をMT-10でのんびり走ってきました。
但し、今年は異常な冷夏と雨。結局、ツーリング中、雨に降られなかったのは青森市内だけ。あとはずーっと雨。


更にお盆休み中ということもあって、帰りには東北道で50㎞の渋滞にハマり、南相馬ではガス欠になりそうになって高速を降りたところ、GSが軒並み閉店という非常に厳しい状況にもなりました。(結局相馬まで戻って何とか給油はできました(笑)