クシタニ K-2810 ホワイトグースダウンジャケット

クシタニのウィンタージャケットの多くは防寒インナーが別体式であり、しかもこのインナーの防寒性能はかなり優秀です。以前某メーカーの防寒性能最強を謳う冬ジャケット(しかも5万円ちかいかなり高価格)を購入しましたが、使用当時はまぁまぁ防寒性能も高いジャケットだなと思っておりました。しかし、同時期にクシタニのウィンターヴィターレジャケットを購入。ウィンターヴィターレジャケットも5万近い価格でしたが、防寒性能は雲泥の差ほどあり、この一件をもってしてライディングウェアはクシタニ製品に限る!となってしまったほど衝撃的な出来事でした。

そんなわけで、同社製品には絶大な信頼を置いておりますが、ウィンターヴィターレジャケットの次の製品である、ウィンターモードスポルトジャケット以降、インナー別体式が標準的となり、インナージャケットだけでも着用できるようになりました。ただ、基本的にウィンタージャケットは名前の通り寒い時期に使うものであるため、インナー別体式とはいえ、ほぼアウターと連結した状態で使う前提となっており、よく言われるインナーを外してアウターだけなら春秋用としても使えるんじゃね?という疑問も生じるわけですが、実際のところ、サイズ感が春秋ジャケットと冬ジャケットとでは全く異なりますので、実用的とは言えません。そのため、クシタニ製冬用ジャケットは現時点で5~6着所有しておりますが、その全てでインナーとアウターを連結した状態でしか使用していません。逆に言えば、春秋用ジャケットに冬用インナーを取り付ければ冬用ジャケットになるかと言えば、やはりアウターのサイズ感が異なるため実際のところ大変厳しいと思います。

ところが唯一といってよいほど、一般的なクシタニジャケットとサイズ感が異なるクシタニジャケットがあります。実は、エクスプローラージャケットがそんなジャケットでして、元々の作りがかなり大柄で、さらにほぼ完全防水仕様。基本的には春秋ジャケットに分類はされますが、コイツにインナーを取り付けたらオールシーズンジャケットとして使えるんじゃね?ってことで、冬用ジャケットのインナージャケットであるダウンライクミッドとかと連結させて防水オールシーズンジャケットとして使えないかと考えました。実際のところ、元々の冬用ジャケットの方が当然冬用として作られているので、防寒性能についてはエクスプローラージャケットは冬用ジャケットの足元にも及びません。さらにエクスプローラージャケットは防水性もさることながら予想以上に通気性もかなり良いのです。
ところが、特に今の時期(10月から11月ころと、3月から5月初旬まで)って朝晩はそれなりに冷え込みますし、かといって日中はそこそこ暖かいし、また山に行けば標高が高くなれば高くなるほど寒くなるというジャケット選びが難しい時期でもあります。完全な冬用ジャケットでは朝晩は丁度良くても日中は暑くなりすぎますし。逆に春秋ジャケットだと朝晩と標高が高いところに行くと間違いなく寒すぎるという事になります。

なので、そこそこの防寒性が確保できれば良いわけで、そんな時期にぴったりなのが、今回購入したホワイトグースダウンジャケットなのです。

ホワイトグースダウンジャケットは、かなり長期間にわたり定番商品として販売されており、通常の冬用ジャケットのインナージャケットと異なり、これ単体でも見栄え良く着用できるようかなりデザイン的にもアウターとしての使用を意識したデザインです。

後ろ側もリフレクターが装備されていたり、肩回りや背中のラインなどデザイン面でも単独着用を前提とした作りとなっています。

腕と胸の「MOTO PERFORMANCE」ロゴと胸のスラッシュフジサンマーク

内側。冬用インナーと同様「MOTO PERFORMANCE」のロゴ入りです。

袖口には親指を通せるサムホールが装備。冷気が袖口から入り込みにくいような配慮がなされています。

さて、この「ホワイトグースダウンジャケット」、暖かさを求めて購入すると失望します(笑)
単純に暖かさを求めるなら、K-2696 グレーダックダウンミッドや、K-2697 ダウンライクミッドなどの冬用ジャケットのインナー単体製品の方が間違いなく優秀です。
(ただし、今年のカタログからはディスコンとなっています。昨年分の在庫を探すしかないかもしれません。まぁそんなに売れるような製品群ではないと思われますので、店舗に問い合わせてみれば意外と在庫はありそうですが。)

ではなぜ、ホワイトグースダウンジャケットが未だに売られているのか?

冬用ジャケット標準装備のインナーと比べて明らかに違う点。それは「薄い」という点。さらに言えば「タイト」である点。
すなわち、このジャケットは春秋ジャケットにインナーとして追加して着用する、あるいは標準装備のインナーを装備した冬用ジャケットに更に追加して着用するインナージャケットだからです。
なので、当初書きました、春秋用ジャケットである「エクスプローラージャケット」にこのホワイトグースダウンジャケットをプラスして着用する、するとこの時期本当に重宝するのです。しかも、このジャケットは薄いと書きましたが、だから薄いからこそ可能なのですが、バイク用のカッパのような保管袋が標準で付いてきます。なので、普段は保管袋に入れたままでリアバッグとかトップケース、あるいはタンクバッグなどに入れておいて、寒くなったら着足すという使い方が一番しっくりくる使い方だと思います。

そういった使い方のほかにも、ホワイトグースダウンジャケットを着た上に春秋ジャケットを着用してバイクに乗る、その後バイクを降りた後、春秋ジャケットのみを脱いで、食事をするとか、街中を歩くとかといったシーンでもホワイトグースダウンジャケットだけを着用して街中を歩くといった場合でも違和感が無いようにアウタージャケットとしてのデザインを意識した作りとなっているのだと思います。


Wifiの高速化 その1

我が家のネット環境ですが、居室はもちろん有線LANによる接続ですが、ガレージ側にはLANケーブルを引き入れていません。居宅とガレージが別棟であるため、物理的にLANケーブルをガレージ棟に引き入れるためには外壁に穴をあける必要があることと、LANケーブル自体も土中に埋設する必要があるため、そのためどうしても無線LANを使うことになりますが、どうにもつながらないという状況でした。回線そのものはソフトバンク光を引いており、BB光ユニットというルーターを使用して居室側は有線ネットワークとしていました。


さすがにLANケーブルを這い回すしかないかとも思いましたが、Wifiの場合、このような環境は決して少なくなく、私の自宅のようなゴミのような小さな屋敷でも結構つながらないというケースは決して稀ではないようです。

そのような場合、どうするのか?
有線が引けないという前提で考えると、Wifiルーターの設置位置とガレージ側の使用位置とを最短距離にするというのが最もお金もかからず、合理的な方法ではありますが、前述の通り別棟であるため、外壁を2つほど超える必要があります。居宅内の壁と異なり、外壁ですから、壁自体の厚みはもとより、断熱材や梁、柱という電波を遮断する可能性の高いものが内壁の比ではなく多く、さらに直線距離で10M程度ではありましたが、手持ちのiPhoneで試してみても減衰が大きすぎ、ガレージ側だと2.4GHzでもなかなかつながりにくく、さらに5GHzだと絶望的につながりません。

次に試してみた方法がWifi中継器というもの。

エレコムのWTC-1167という中継器です。
これで何とか確実に繋げることはできるようになりました。
しかし、いかんせん遅すぎます。リンク速度がどんなに頑張っても11ac規格で1Mbps程度。しかも5GHzだとつながったりつながらなかったりで非常に不安定です。
とくに腹の立つことに、つながっている最中でもブチブチとリンクが途切れます。とにかく安定性皆無。

これではどうにもなりませんので、ルーター自体を買い増しする方法。
幸いソフトバンクの光BBユニットはルーター機能自体がかなり優秀ということではありましたが、Wifi機能が若干古めかしく、アンテナも最新ルーターと比べて見劣りするとのこと。そのため速度の改善とWifiエリアの拡張を兼ねて、NECのルーターを購入。4本アンテナとのことでかなり高速化とつながりやすさを重視しました。

これで、ようやく安定的につながるようになりました。

結果、ルーター+中継器というかたちでガレージ内のWifi環境が完成!

でも全然速度が出ません。頑張っても2~3Mbps程度。
Youtubeは途中で止まるし、画質は1080Pなんて無理。480Pでやっと止まらずに視聴できるレベル。

実用に耐えませんね…

クシタニ K-2807 ガルジャケット その2

ガルジャケットの続きです。
他にも変わっているところとしては、袖口の形状が変わりました。手の甲側が長めとなっています。アドーレジャケットは袖口が特に変わった形状ではありませんでしたが、ガルジャケットは防寒性を上げるための形状変更と思われます。

腰回りのストームガード。継続採用です。このストームガードって寒いときは結構使えますよ。腰下から入ってくる風は意外と馬鹿にできません。これがあるだけでも防寒性能が1ランク上がると思います。

腰回りのドローコード。これも防寒性能アップにつながっています。これも継続採用。

二の腕のところの袖幅調整のタブ。スポーツ系ジャケットには装備されていますが、これはガルジャケットから採用。アドーレジャケットにはありませんでした。

左腕の上腕部のポケット。実用的とは言えませんが、ワンポイントアクセントとしての意味合いが強いと思います。

腕の関節部分の立体縫製。腕を曲げたときにストレスがかかりにくい縫製となっています。これもガルジャケットからの装備。ただ、アドーレジャケットは肘のところが2重生地となっていました。

インナージャケット。ダウンではありません。化繊綿ですね。クシタニではダウンライクボールと呼んでいますが、要するにダウンと同じような形状をもつ化繊を中綿として使用しているのです。そのため、保温性はダウンと比べても遜色はないとのこと。ただし、インナーの内側がまたしても赤くなっています。

さて、今期モデルのガルジャケットですが、昨年までのアドーレジャケットよりも若干大きく感じます。なので、普段着として使ってもキツさは感じにくいかもしれません。
またアドーレジャケットよりもかなり落ち着いたデザインとなっておりますので、比較的バイクを選ばないかもしれません。またフードも少しだけ大きさを変えてきています。やや大きめになりました。フロントファスナーの最も上の部分でも若干収まりが変わっています。

このモデルの最大の特徴である普段着風というところについて…
着用している人の年齢層も選ばなくなりましたし、アドーレジャケットとの一番の違いはデザインに尽きると思います。どんな年齢層でも受け入れやすいデザインとライディングウェアとしての機能性の両立を高い次元でかなえているモデルではないかと思います。
正直今年度(2020秋冬)モデルの中でも人気が高く、私が購入した際も店舗に在庫はなく、ほかの店舗から融通させていただき購入したものです。したがって、サイズや色によっては早くも売り切れとなっている可能性尾も高く、いつものクシタニジャケットのようにあっという間に売り切れとなっている可能性が高いモデルです。
おそらく本格的な着用シーズンが来る頃には入手できないという可能性も高いため、ほしい人は早めにショップに足を向けた方がよろしいかと思います。

クシタニ K-2807 ガルジャケット その1

クシタニ2020年の秋冬テキスタイルジャケットが発表、発売されました。今年の大きなトピックはウィンターテックジャケットがディスコン、ウィンターウィルジャケットがウィンターアメニタジャケットに変更(復活?)。ウィンタークラリティジャケットが大きくモデルチェンジ、そしてアドーレジャケットがディスコンとなり替わりにガルジャケットが新登場となりました。

基本的なコンセプトはアドーレジャケットと大きくは変わっていませんが、デザイン面は完全に別モデルと言ってもいいくらいの大幅なイメージチェンジを図りました。
御覧のとおり、アドーレジャケットのカジュアルさが一転してシックな大人びたデザインへと変わりました。

色目はこの写真が一番近いと思いますが、ブラックツイルです。ほかにブラックアウトとネイビーの3色展開。今回、ブラックツイルのXLサイズを購入しました。

第一印象では、アドーレジャケットと変わらないね~と思っていたのですが、一番の違いは生地の印象です。アドーレジャケットの生地は防水性や撥水性といったところを重視していたのか、比較的見た目よりもツルっとした印象の生地でしたが、ガルジャケットは一転して、コットンっぽい生地に代わっています。
こればっかりは実際の製品を触ってみて感じていただくしかありませんが、かなり好印象な生地です。ウィンターチームジャケットのような生地って言えば良いのかもしれません。(ショップではチームジャケットよりもかなり高級な生地を使用しているとは言ってましたが)実際購入後、ウィンターチームジャケットと触り心地などを比較してみましたが、実際のところ全く別物という感じでした。あくまでも触り心地の印象がアドーレジャケットとは全く異なるということなのでご理解ください(笑)

あと、インナージャケットもかなり色目を変えてきています。昨年モデルまではブラックと赤の差し色でしたが、今年モデルはブラックではなくグレーに変わっており襟元にスラッシュフジサンマークも入りました。これも普段使いする人にとっては好印象ではないかと思います。

前身頃のおなか回りのベロは引き続き食い込み防止のカットが入っています。
また、左右のポケットのファスナーが一般的な長さになりました。アドーレジャケットはこれの倍くらいの長さのファスナーが付いていましたから。個人的にはアドーレジャケットのファスナー長のほうが良かったかなと思います。長い方がグローブしたままでポケットに手を突っ込めますからね。

全体的な印象はこんな感じです。次回は引き続きガルジャケットの続きです。

MT-10のこと その2

その1でも書きました、270度クランクを採用したMT-10のエンジンですが、当然フラットプレーンエンジン(180度クランク)を採用した直4と比べて若干不利になるところもあります。でなければ、ほかのメーカーもこぞってクロスプレーンを採用したエンジンを使ってくるでしょうが、クロスプレーン直4エンジンを採用しているのは現状ヤマハのみですね。クロスプレーン直4エンジンがほかのメーカーで採用されないのは何故か?
これはおそらくクロスプレーン直4エンジンとすることにメリットを感じられないからだと思います。なぜなら、クロスプレーンと同じ燃焼順にするだけであれば、単純に90度V型エンジンにしてしまえばいいだけですから。
具体的なデメリットとしては、どんなエンジンでも(1次…偶力)振動が発生しますが、フラットプレーンでは発生しずらく、さらにV4エンジンだと理屈では発生しません。クロスプレーンが最も出やすい。そのため、振動を抑えるための重めのバランサーが必要となります。バランサーですからその重りの分だけパワーをロスしますね。さらにフラットプレーンと同じ出力を出そうとすると、重りのロス分だけパワーを上乗せしてやる必要があります。つまり燃料を多めに供給しなければなりませんね。
なので、前回記載した、ネガティブな部分その1の燃費が悪い…ガソリンを多く燃やす必要がある…と、ネガティブな部分その6のオーバーヒート気味、とか、エンジンが鬼のように熱い、という評価になるのでしょう。確かに、ちょっと信号待ちなどで止まっただけでもあっという間に水温が100℃近くに達しますから。以前乗っていたFazer8ではそこまで水温が上がることは稀でり、確かにMT-10に乗り換えて水温上がりやすいなとは感じていました。実害はほぼありませんが。

では、なぜヤマハはクロスプレーンにこだわっているのかという点ですが、開発者に真意を聞いてみないと実際のところどうなのかはわかりません。しかしながら、私としては一番気に入っている部分でもある、「気が付けばトンデモナイスピードが出ている」というところ…すなわち不等間隔爆発(270度クランク)の利点…不等間隔爆発によるトラクション性能の向上…とエンジン長の短さからできるショートホイールベースかつロングスイングアームによる運動性能の高さの2点からくる乗りやすさと疲れにくさが一番のこだわりなのではないかと考えます。

実際、ロングツーリングにおいても通常走行における速度域についてもあまり意識せずとも走れますし、その意識しないところによる疲れにくさも実感するところであり、車体回りこそYZF-R1と同じではありますが、ロングツーリングから街乗りまでこなせる万能バイクであると思いますよ。

納車後2年半ほど過ぎましたが、見た目こそガンダムチックですが、実は非常に乗りやすく疲れにくい優れたバイクであると思います。

ただし、ここ最近のMOTO GPなどでは、明らかにYZF-M1のパワー不足が指摘されています。他メーカーと比べてもV4エンジンとすることで補えるネガティブな部分をあえてクロスプレーンエンジンにこだわり続けるという点においては、ヤマハの美学、すなわちハンドリングのヤマハと言われたハンドリング性能の高さと、不等間隔爆発によるトラクション性能の高さにこそクロスプレーンエンジンを採用し続けるヤマハの美学なのかも知れません。
実際、MT-10のハンドリングはスロットルを開けながらコーナーに侵入していくと、グイグイと曲がっていく、攻めれば攻めただけ結果が出せるし、ツーリングのような意識せずともコーナーを曲がるときでも、きちんと曲がります。これこそがヤマハが求めるMT-10がクロスプレーンを採用した一番の理由なのではないかと考えます。