クシタニ エクスプローラージーンズ






クシタニ エクスプローラージーンズ

ある意味クシタニ製品の代名詞となっている、エクスプローラージーンズです。見た目は普通のジーンズですが、実は表皮が牛革でフッ素加工が施されています。一番の特徴は革なのに防水性があること、自宅で丸洗いができることです。使い勝手は一般的なジーンズと同じですが、当然革なので、一般的なデニムと比較しても強度が全く異なりますし、ライディングパンツとしても革ならではのニーグリップしやすく結果として疲れない優れモノ…などと言われています。

ボタンのEXロゴだけでなく、ファスナーにもEXのロゴが入っています。

このように見た目は普通のジーンズです。

しかし、裏側を見ると、完全に皮革です。また、画像でわかるように、かなり丁寧な鞣しが施されています。

後ろポケットはクシタニらしく、富士山を模ったステッチが入っています。ただ、デザインそのものはやや古さを感じさせます。しかしながら、この写真で見てもお判りのように、表皮はデニムそのものに見えます。

購入したのはオールドブラックという色ですが、かなり濃いブルーに見えます。

後ろ側は膝裏のあたりで上下に生地を繋いでいますね。

こっちのほうが分かりやすいかも。

良い点と悪い点ですが、

良い点としては、さすが牛革を使用しているだけあって、一般的なジーンズよりも信頼性があります。万が一転倒したとしても、簡単にはボロボロになることもありません。また、エクスプローラージーンズ最大の特徴である、水濡れしても染み込まないため、一般的な革パンに比べて色むらや色落ちないことが挙げられますが、一番はやはり長持ちすること、それと再染色可能なことでしょう。ユーザーのブログとかを見ても、エクスプローラージーンズの前身であるカントリージーンズを5年10年使い続けておられる方が大変多いと言う点でしょう。革はやはり長く使い込むことでより使いやすくなりユーザーにフィットするという特徴がありますので、多少高くても良いものを長く使うということが、一番の特徴であると思います。

逆に悪い点、というか気になった点ですが、革を使用しているということで仕方ないのですが、まず最初に感じるのは全体的に重いこと。使っている革が厚みがあるということも大きな理由ではあると思います。しかしその分頑丈であると割り切ったほうが良いかもしれません。なにせ10年スパンで使うことを想定していますので、どうしても革の厚みは仕方ないと思います。次に、単純に高いこと。悪く言えばたかだかジーンズに6万円もかけるのか?という点。これは考え方次第なので、私は内容を考えればむしろ安いと思います。10年使うことを考えれば年間6000円で安全と快適さが買えると思えばむしろ安いのかもしれません。最後は好みなのでなんともいえませんがデザインが全体的に古臭いと言う点。それこそ昔のザ・ストレートというダボっとしたやや昔風のデザインです。ただ、長期間使う前提であれば流行り廃りを追わない、定番とも言えるデザインが逆に新鮮に写るかもしれませんが。

ただ、やはり、とどのつまりジーンズですから、どんなバイクでもそれなりに似合うというのは大きいと思います。SSでもネイキッドやクルーザーでもオフ車でもこれを履いておけばとりあえずは間違いありませんし、ジャケットもよほどのものでない限り、違和感を感じないということは日ごろからバイクを使っているユーザーからしたら、大変ありがたいことだとも言えますね。