Arai SZ-RAM4とSZ-G






Arai SZ-RAM4とSZ-Gの違いってなぁに?
アライのオープンフェイスヘルメットって、SSなどのスポーツ系バイク向けのSZ-RAMシリーズが該当しますね。レプリカグラフィック系が充実しており、フルフェイスでのRX7シリーズと同じようなエアインテークを帽体に装着するなど、明らかに他のモデルよりもスポーツ系を意識しています。
これに対して、同じくオープンフェイスタイプであるMZ系は安全対策…例えば頬の部分の保護エリアの広さなど…はSZ系よりも充実しているように見えますが、なぜかMZ系にはグラフィックモデルがあまりありません。アライのホームページを見る限り、オープンフェイスの最上級版はSZ-RAM4シリーズという事になるかと思います。(2018年4月より最新版であるVZ-RAMが発売されましたが、VZ-RAM発売前までは、ということです。)
ところが、もっともベーシックなオープンフェイスモデルはと言うと、これまたSZ-RAM4と同じシリーズ名称のSZ-Gという製品になります。ちなみにSZ-RAM4のソリッドカラーモデルの定価は42,000円。SZ-Gのソリッドカラーモデルの定価が32,000円と1万円もの開きがあります。また、より安全性に振ったMZが定価42,000円。SZ系と同じ帽体を使用したCT-Zというバイザーを装着したモデルも42,000円です。アライの値付けの法則が良くわからないのですが(笑)

左の黒いモノがSZ-RAM4、右の白いモノがSZ-Gです。頭部ベンチレーションが違うだけで、帽体は同じものです。

斜め上から。シールドを開けた状態

後ろ側。頭部ベンチレーターの形状。RAM4の方が派手。

元々、RAM4を持っていたのですが、通勤用に傷がついても惜しくないヘルメットを買おうと思いまして、今回アライ製オープンフェイス最安値であるSZ-Gを購入した訳ですが、シールドがRAM4と共通というのも大きかったです。

斜めから見ると、シールドの形状がよくわかりますが、MZ系と異なりシールドが尖っているのがわかりますね。


上がSZ-RAM4。下がSZ-G。こうしてみても大きな違いは頭部ベンチレーションくらいにしか見えませんね。これで1万の差は大きいのでは?と思ってしまいます…
ところが、内側を見ると納得!

SZ-RAM4の内装。システム内装で脱着可能。インナーパッドがほぼ全部交換可能。

SZ-Gの内装。ほぼ固定内装。イヤーパッドのみ脱着可能で、その他インナーパッド交換不可。

1万円の差はここにありました。ベンチレーション性能もRAM4とは全然違うように思います。

最初はアマゾンとか通販で買おうと思っていたのですが、SZ-RAM4がVZ-RAMにモデルチェンジすることもあり、店舗でも結構安くなったりしていたものですから、今回はいきつけの2りんかんで買いましたが、なるほど!内装の違いが価格の違いだよねってことで納得の上購入したわけですが、通販では下手したら気づかなかったかもしれません。通販は確かに実店舗よりも確実に安いのですが、細かいところまでは実物を見ないとわからないよってことを改めて思い知らされました。やはり、実店舗には実店舗の良さがあるわけで、なんでもかんでも通販ってわけにはいかないし、特にジャケットや今回のようにヘルメットなどの直接身につけるモノは、実際に着用するなり、隅々までよく確認しないと悲惨なことになるってことを改めて思い知らされました。