クシタニ ストレッチウィンドブレーカー




これから夏に向かって季節は移り替わりますが、メッシュジャケットが活躍する季節も近づいてきました。しかし、早朝や日が暮れてくるころになると普通であれば何ともありませんが、バイクに乗っているとさすがに寒かったりします。特にツーリングなどで朝早く出発するような時、通常の春夏ジャケットを着たくなりますが、日中の暑いさなかでは春夏ジャケットと言えどもかなり体も暑くなり、ツーリングどころではなくなってしまいます。なので、メッシュジャケットを着て早朝から出かけるわけですが、そんな時に活躍するのがウィンドブレーカー。ウィンドブレーカーならば生地は薄いけれども防風性能があるわけで、何より暑くなったら脱げば良いだけなので、メッシュジャケットの中にウィンドブレーカーをレイヤードするだけで、夏のツーリングが快適になるわけです。

クシタニ K2327 ストレッチウィンドブレーカー
市販されているウィンドブレーカーはダボダボで主に一番外側に着用する事が多いように感じますが、バイク用として使うと走行風でかなり煽られること請け合いです。そこで、インナータイプのウィンドブレーカーの出番となります。
今回、購入したK2327 ストレッチウィンドブレーカーはインナーとして使う前提なこと。しかもアウターとしてこれだけを着用しても普通のアウターとしても使えそうなこと、また、いかにもな「ザ・ウインドブレーカー」というデザインではないことが決め手となり購入しました。

背中側。肩のところに大きなエアアウトレットが設けられています。ウインドブレーカーなので、風は通さないことが前提ですが、どちらかというと、春から秋の時期の使用が前提なので、ムレ防止ということだと思います。

背中のレーザーホール。ここからもエア抜けが期待できます。インナーとして着込むとアウターとぴったりくっついてしまうかもしれないので、後ろ側のエア抜け部分はむしろ多い方がいいのかもしれません。アウターにメッシュを着ていれば問題ないかもしれませんが、アウターが春秋ジャケットだとこのようなエアホールは特に有利だと思います。

クシタニ製品お約束のクシタニコネクション。背中と袖口にタブが付いてます。メッシュジャケットだけでなく、春夏ジャケットにも使えますね。

横から見た感じ。腕にはお約束のmoto performanceの文字がでっかく入ってます。また、色合いもえんじ色に近い赤であまり派手さはありませんし、インナーとしてだけではなく、これだけでもアウターとしても使えそうです。

インナー側。内側のインナーはきめの細かい生地で、肌触りもかなり良さそうで、かなり柔らかい生地を使用。

ドローコード。防風ジャケットなので、裾側を締め込む事ができます。やはりこれだけを単独で使用しても大丈夫な感じです。また、両脇のポケットのところもメッシュ生地でなく、普通の生地になってます。

お約束の富士山マークと赤白のマーク。

インナー側には消臭テープ。

使わない時は、この袋に入れておけば持ち運びもカンタン。普段はこの袋に入れっぱなしで大丈夫だと思います。特にメッシュジャケットを使用するような時期には早朝とか夜間の寒い時だけ使用して、日中の暑い時間帯はこの袋に入れておいて、普段はタンクバックやシートバックに忍ばせておくのが正しい運用方法だと思いますね。

実際の使用感ですが、一般的なウィンドブレーカーよりもかなり生地がしっかりしている印象で、普段のアウターとしても使える多機能性が魅力です。

ストレッチウィンドブレーカーという名前の通り、脇の黒い部分がジャージのような伸縮性のある素材で作られており、着用した感じでもかなり体を動かしやすいのにもかかわらず、体へのフィット感も高く、かと言って防風性能が劣っているということもありません。なので、ウィンドブレーカーとしての性能は大変優秀であると感じました。

ただ、ウィンドブレーカーとして見た場合の価格はどうなのか?という点はあります。たしかにウィンドブレーカーとして見た場合、15,000円という価格は決して安くはありません。これらの機能…多機能ではありますので、これらの機能に価値を見出せれば、決して高いとは思えないのですよ。個人的には高機能だし、お洒落だし決して高いとは思いません。