ライディングシューズについて考えてみた その2




前回の続きです。持っているライディングライディングシューズはすべてくるぶしをガードできる高さのあるものばかりですが、一番最近買ったのがタフギアです。

ガエルネ タフギア

タフギアは締め込み方法にバックルを使用したライディングシューズです。他にバックルを採用したライディングシューズは、ELFのシンテーゼなどがよく見るシューズですね。タフギアもバックルを採用しておりますが、バックル式って元々モトクロス用のオフ系ブーツでは標準的に採用されています。元々ガエルネのED-PRO art405を持っており、バックル式の締め付け感も個人的には好きなので愛用しています。特にタフギアの場合、靴底がフラットではなくED-PROと同様タンク底のビブラムソールを採用しており、セローでちょっとした林道に行くときにも使えるため、何かと重宝しています。また、靴底がフラットではなくやや厚底となるため、足付き性の改善にも有効です。

バックル式の良いところは、バックルを外すと完全にフロント側がフリー状態となり、大きく開くことができます。そのため、脱ぎ着が非常にラクになることもメリットの一つです。また、タフギアはバックルが2つあるので、前方を緩めで後方をきつめなどと締め付け具合がBOAタイプや靴紐タイプよりも自由度が高い点も使い勝手が良いと思います。また、タフギアはかかと側のえぐれがほとんどありません。そのため安全性はアルパインスターズのファスターシューズやタイチのRS006よりも高いのですが、足首を動かすという点ではやや不利となります。特にMT-10の場合、私にはやや足付きが厳しいのですが、足首の自由度が低いタフギアはつま先立ちがやりにくいという点が他のライディングシューズと比べてネガティブな部分となります。しかし靴底が厚いため、実際のところ他のシューズとあまり変わらないというのも事実です。

アルパインスターズ SMX-3

ちょっと山を攻めたり、高速主体のハイスピードツーリングなどに履いているアルパインスターズのSMX-3です、これについては、ライディングシューズと言うよりも、ほぼライディングブーツです。これまでのライディングシューズとは根本的に異なり、実際のところ、ライディングブーツと言うよりも、それもサーキット走行も意識した製品で、トゥスライダーが装備されており見た目は完全に本気走りするぞって言うレーシングブーツですね。とは言え、実際にサーキット走行するわけでも無く、現在ではほぼ上下革装備…革パン革ジャケット…の時に主に使用しています。

締め込み方法はバックルと内側のファスナーの併用式。バックルはベルト側の長さを調整するのではなく、ベルトの先端をバックルに通して最後にバックルのシーソー形状のタブを使って締め込むかなり特殊な方法です。締め込みの強さはBOAと同じようにその時の条件で強めから弱めまで自由に調整可能です。ただ、サイド部分にファスナーを使っているため、ファスナーでシューズを閉じた以上に緩めることはできません。

ただ、レーシングブーツを意識した作りだけあって、足首をガチガチに締め込むようにブーツそのものもかなり硬めな作りです。転倒時の安全性は多分これが一番高いと思われます。ただ、普段使いとして使うのは厳しいかも。足首の動きも一番制限されますし、最低限の締め込みでもそれなりにキツめなので、特にバイクを降りたあと歩き回るような使い方をすると、かなり疲れるかもしれません。

で、どれがオススメかと言うと、ツーリングがメインならタイチのRS006、バイクを降りたあとも歩き回ったりするような時にはタフギア、と言うことになります。仮にこの中から一つだけを選べということなら、タイチのRS006が最も汎用性が高いと思います。