ライディングシューズについて考えてみた その1






バイクに乗るときに履く靴、いわゆるライディングシューズですげど、昔はほぼ紐で編み上げるというような作りのモノが多かったような気がします。しかしながら、紐で編み上げるとなるとほどける可能性も少なからずあると思います。また履くとき脱ぐときもいちいち紐を解いたりする必要もあるわけで、結構めんどくさいんです。
最近では、紐で編み上げるといったことだけで絞めこむという製品はあまり多くはないと思います。ただ、昔ながらの定番と呼べれるブーツ系のモノではまだまだ結構あります。私も持っている、AVIREXのYAMATOブーツはミドルカットのブーツですが、締め込みは基本的には編み上げ。ただ脱ぎ着に便利なようにブーツの内側部分にファスナーが付いていまして、ファスナーを開けることで大きくブーツが前後方向に開いてくれます。そのため、脱ぎ着は大変ラクです。
昨今のライディングシューズも単に紐で編み上げで締め付けるのみ、という製品はほぼ見なくなりました。確かに紐は絡まる可能性もあることや、最悪絡まることによってシフト操作ができなくなる可能性も否定できないでしょう。そのため、紐だけという製品も無くなってきたのだと思います。


現在使用中のライディングシューズ。どれも現役

現在我が家には、4足ものライディングシューズがあるのですが、基本的にはサイド部分がくるぶしの高さ以上のものしか使っていません。仮に転倒したり事故った時に一番ダメージを被るのがくるぶしのところになりますし、くるぶしのところを骨折しようものなら、最悪歩行不能になるかもしれませんので、最低でもくるぶしが保護できる高さのものしか使ってはいません。

その上で、どれがいいのかということになります。

アルパインスターズ ファスターシューズ

もう5年くらい前に2りんかんの爆安セールで買ったモノ。かなり使い込んでいますが、未だに現役です。締め込み方法は編み上げ+ベルクロです。いちいち紐の締め込みは行わず、かなり緩めで締め込んだ上で、ベルクロで締めています。紐の結目のところとベルクロの位置がほぼ同じなので、結目の上からベルクロで挟み込むようにしています。一応、この方法でずっと使っていますが、結目かほつれたことはありません。

ただ、結目の上からベルクロ固定なのでたまにベルクロ自体が剥がれていることがあります。ベルクロ自体の圧着面積が、結目の分だけ減ってしまうため固着力が弱くなってしまうためだと思います。

また、かかと側が大きくえぐれているため、足首の自由度はかなり高めです。ただ、その分防御力は低くなり、事故った時に腱にダメージが加わりやすくなるかもしれません。

脱ぎ着については、紐の締め込み強さ次第です。私はかなり緩めているので、脱ぎ着には特に不便は感じません。

RSタイチ 006ドライマスターBOAシューズ

今のところ一番使用頻度が高いシューズで、街乗りからロングツーリングまで万能にこなせる優れものです。

締め込みにBOAシステムを採用したタイチ製のライディングシューズです。くるぶし部分はアルパインスターズのファスターより若干高さがありますが、逆にかかと側のカットはかなり大胆にカットされています。肝心の「紐」にあたる部分がBOAシステムとなっており、外側についてるダイヤル型のロックシステムを回すだけという、超簡単にシューズを締め込むことができます。回すだけで締め込み強さを調整できますので、ギッチギチに締め込み可能ですが、逆に疲れた時などは緩めに締める事もでき、それが大変簡単にできてしまいます。

防水透湿を謳ってはいますが、結構ムレます。

BOAシステムの悪いところも正直あります。まず、靴紐代わりにワイヤーを使用していますが、全体的にギッチギチにすりかダルダルにするかしかできません。BOAシステム故の不便さではありますが、もっと足首側だけ締め込みたいとか足の甲の部分だけ緩めにしたいということができないのです。また、ワイヤー故にシューズの甲の部分の開き方に限界があり、靴紐なら最悪紐を全部取る事も可能ですが、ワイヤー自体を取り外すことができません。そのため、実際のところ脱ぎ着は一番しんどいかも…です。またかかと側のえぐれも一番大きく何かアクシデントがあった時は一番ダメージが大きいかもしれません

でも一番使用頻度が高いのが、このBOAシステムをア採用している006シリーズだったりします。

つづく