クシタニ コンテンドジャケット





クシタニ K-2316 コンテンドジャケット

クシタニの2018年春夏モデルのうち、もっともスポーティなジャケット、コンテンドジャケットが発売されました。一昨年のヴィターレジャケット、昨年のモードスポルトジャケットに続く過去のパドックジャケットの流れに沿ったスポーティなジャケットです。

左が2018年モデルのコンテンドジャケット。右は2017年モデルのモードスポルトジャケット

モードスポルトジャケットと変わった点ですが
一番の違いは派手になったこと。モードスポルトジャケットも左肩と腕の部分にMOTO PERFORMANCEの文字が入っていますが、生地と同色の色でリフレクター替わりとしてプリントされていましたが、コンテンドジャケットでは白で思いっきり目立つようになっています。

かなり派手な感じですねぇ~
でも実物はそんなに派手な感じはしません。実際この格好で電車に乗ったら目立つと思いますが、バイクに乗ってツーリングとか山に走りに行ったときなどは意外と派手な感じはしないかもしれません。色合いもあるとは思いますが、今回購入したブルーは差し色として赤を使っておらず、逆にホワイトとかブラックだと差し色に赤が入っているので、かえって派手な印象を与えるかもしれません。

胸元のポケットは両側に配置。モードスポルトジャケットは片側だけでした。また、肩の文字の脇のストライプ部分はリフレクターになっています。

背中側。他のメーカー品は背中にも大きくロゴが入っているものもありますが、背中側のロゴは腰回りにMOTO PERFORMANCEの文字が控えめに入っているのみ。両脇の白い部分もリフレクターです。

二の腕のところのタブが革からジャケットと同素材に変わっています。またモードスポルトジャケットでは革をアクセントとして使っている部分がこの他タブ部分のほかに肩回りにも使用されていますが、コンテンドジャケットでは革は未使用です。

ファスナーの前身頃の中。コンテンドジャケットの方が大型化していました。防風と言うことであれば改善されているのかもしれません。

生地自体も変わっているようで、モードスポルトジャケットの方が柔らかめな生地。どちらかと言うとコットン素材にコーティングされているような柔らかい印象ですが、コンテンドジャケットは比較的硬い生地でパリッとした印象です。裏地もコンテンドジャケットの方がしっかりとしている印象で、モードスポルトジャケットは裏地のメッシュが大き目でした。

動きやすさや操作性については違いはないとは思いますが、モードスポルトジャケットの方が柔らかい印象です。

また今回購入していませんが、エアコンテンドジャケットも見てきましたが、コンテンドジャケットとは色合いも風合いもかなり違います。特に黒のエアコンテンドジャケットはスラブ柄が入っているため見方によっては青っぽく見えたりします。真っ黒ではないので、意外と黒も良いかもしれません