ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その3




ライディングウェアって、ジャケットは結構いろいろ考えてシーズンごとの製品、例えば夏なら通気性に富んだメッシュジャケットや冬なら防寒を目的としたウィンタージャケットなどを購入されたりすると思いますし、実際、洋品店に行くとジャケットは革ジャケットやテキスタイルジャケットなど所せましと陳列されていますが、一方パンツはと言うと、3分の一から4分の一程度しか陳列されていません。
実際、街を走るライダーやツーリング先で見かけるライダーなどは、ライディングジャケットはしっかりしたものを着用されていても、パンツはジーンズと言ういで立ちの方々を多く見ます。ジーンズでもバイクに乗ることには何ら問題はないわけで、むしろジーンズで乗っている方々もきちっとしたジャケットを着用されていれば違和感も感じませんね。

しかし、バイクに乗るということは常に事故のことや、転倒というアクシデントも想定しないといけないと思うわけで、そうなると、ジャケット並みのプロテクション効果があるパンツを着用した方が、より安全ということになります。
私も最近までは、ジャケットはしっかりとしたものを着用していても、下はジーンズというスタイルで過ごしてきましたが、プロテクションのことを考えたり、季節に応じたパンツも持っていた方がより疲れないし、快適であることもわかってきました。

ライディングパンツを履くようになり、オーバーパンツだけではなくウィンターパンツもあった方が快適ということもあり、クシタニさんのところのライディングパンツを購入しました。

K-2669 ゴアテックスオールウェザーパンツ

ということで、ゴアテックスパンツですね。

ゴアテックスジャケットと同様、昨年モデルとほぼ同じ。違うのは、脛部分の色が昨年モデルはシルバーだったのが、ガンメタに変わっているのと、裾のところの三角のステッチが革になっていることくらい。カラーチェンジ程度のマイナーチェンジ版といったところですね。

決して安くはないのですが、さすがと思わせたのが、インナーパンツでした。

インナーパンツは脱着式。また、インナーパンツ自体、相当工夫されていました。まず、アウターとのコネクト方法は腰部分のファスナーで装着しています。クシタニさんをはじめ、サーキット走行を考慮したメーカーの革ジャケットと革パンツなどはファスナーで上下をジョイントできるような製品が多いのですが、ゴアパンツでは、インナーパンツとアウターパンツをファスナーで繋いでいるという点が画期的。他のメーカー製品では、ボタン留めがほとんどだと思われますが、インナーパンツをゴアパンツ専用とすることで、ジョイント時の収まりがかなり自然な感じをうけました。また、インナーを専用化することで、インナーの前身頃が相当えぐれたような形状をしています。この形状だとトイレが非常にラクですね。

踝側。ストームガードとなるゴムが縫いつけられています。また、足首が細い人向けにボタンで調整可能。これもなかなか無い装備です。

内股部分。シートと擦れてストレスが加わる部分には革による補強がなされています。これも高感度アップ装備。

逆に踵側はエンジンに触れても大丈夫なように厚手のクロスが重ね縫いされています。実際エンジン回りは冬と言えどもかなり高温になっているケースも多々あり、火傷防止の観点から見ても有用な処置と言えると思います。

膝パッドの固定用ベルト。プロテクターは立っている時よりも座っている時、すなわちライディング時にパッドがずれ落ちないよう位置固定することが可能です。

装備内容はジャケットと同様かなり豪華なのですが、実際に着用してみてどうか?

つづく