ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その2




来年度モデルからクシタニさんのところのゴアテックス系ジャケットが廃盤になるかも…ということなので、クシタニさんのところのゴアテックス系ジャケット上下を思い切って買いました。

前回書いたように、ゴアテックスはアウトドアスポーツ系ウェアとしては大変有名かつ優れた素材なのはご存知のとおりですね。最初はゴアテックスオールウェザージャケットというロング丈のものを狙っていましたが、今年モデルはインナーのダウンがかなりタイトで、LL寸だとアウターはイケてもインナーを着るとキツキツ。XL寸も考えましたが、サイズ自体は問題なさそうなのですが、袖丈がかなり長くなり手のひらの半分近くまで袖があるためオールウェザージャケットを諦め、ゴアテックスショートジャケットのほうに変更。バイク的にはショート丈のほうが合いそうということもあって、ゴアテックスショートジャケットK-2668に変更しました。

クシタニ ゴアテックスショートジャケット K-2668

色はブラックではなく、ガンメタ。昨年モデルのウィンターヴィターレジャケットのアーバングレーよりも一回り濃いグレー色です。昨年モデルの同じくゴアテックスショートジャケットK-2657とデザインはあまり変わっていませんが、左胸のところのKをかたどったラインがなくなりましたが、袖のバタつき防止タブや肩周りのステッチなどに牛革があしらわれています。

後ろ側は全くと言っていいほどK-2657と同じですが、腰回り左右の三角のステッチが牛革に変わっているくらいです。

アウター後ろのベンチレーション。ファスナーで開閉可能かつベルクロ止め併用なので、真冬でもかなり保温性が高められています。他のメーカーではファスナーのみが多く、ベルクロ併用してるのはほぼないと思います。

インナージャケット。クシタニさんの今年の冬モデルはほぼ全てインナージャケット付きタイプに変わりましたが、ゴアテックス系のみダウンジャケット。ほかのモデルは化繊です。これだけを単体で買ってもそこそこの値段になりそうなクオリティです。

クシタニさんのインナーではお約束の少しオフセットされたファスナー。アウターのファスナーと干渉するのを防ぐためとのことですが、確かに理にかなっていますね。

後ろ側。肩のところに見えるタブのようなものはクシタニコネクション用のタブ。アウターとインナーを繋ぐ装備。インナーを付けたままジャケットを脱ぎ着するときに便利。あと袖口にもタブが付いています。

袖と内側に「MOTO PERFORMANCE」の文字。ここらあたりは好みがわかれるかも。ちなみに地元クシタニプロショップの店長は、これくらい派手な方が目立ってイイって言ってましたけどね。

ジャケットは機能的には、ほかのメーカーと大きく違わないのですが、パンツの方はかなり工夫が凝らされていました。

つづく