ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その1





WLゴア&アソシエイツが開発したゴアテックスですが、アウトドアウェアとしてあまりにも有名ですね。ゴアテックスは防水性、透湿性、防風性を兼ね備えた素材で、登山用ウェアなどの雨や風など過酷な条件でも、快適な着心地や発汗による蒸れを防ぎながらも防水性も兼ね備えているため、多少の雨でも内部に雨水が浸入することを防ぐ、極めて有名な素材です。

ウエアにとどまらず、シューズやグローブ、更には医療用品などでもゴアテックス系の素材は幅広く利用されていますね。

(ゴアテックス Wikipedia)

これに対して、ゴアウィンドストッパーはゴアテックスの機能から防水性を省き、透湿性と防風性のみに特化した素材で、主にゴアテックスがアウターに使用されるのに対して、インナーウェアで使用されることが多い生地です。

バイク用ウェアのインナー系ウェアはここ数年で大きく進化した分野で、特に夏場のコンプレッション系の冷感インナーなどは急激に普及してきたと思います。

ゴアウィンドストッパーを使用したインナーウェア

クシタニさんのところのゴアウィンドウトッパーを使用したインナーウェアです。

上の写真…ウィンドストッパーインナーパンツ K1864
下の写真…左 ウィンドストッパーインナーシャツ k1863
下の写真…右 ウィンドストッパーインナーシャツ k1812

k1812は一昨年の冬の時期から使用しておりましたが、防寒性がかなり良くなるため、昨年k1863とk1864を買い増ししました。
一般的なインナーウェアと比べてふわふわ感はありませんし、内側に起毛加工などもされていませんので、単純にあったかいという感じはしませんし、どちらかといえば素材が厚めで特に柔らかくもありません。しかし、最近はやりのコンプレッション系防寒インナーと比べると、あきらかに暖かさが違います。
一般的なインナーウェアは裏起毛などで暖かくは感じますが、バイクに乗っているとジャケットやライディングパンツを履いていてもどうしても風が侵入してきます。そのため、裏起毛と言えども保温された空気層が侵入してきた冷たい風と入れ替わってしまい、遅かれ早かれ体が冷えてきてしまうのです。ところがウィンドストッパーを使用したインナーウェアだと、風が通る流量が圧倒的に少なく感じます。そのため、体がなかなか冷えてきません。また、透湿性があるので、体に汗がまとわりつく感触も少ないので蒸れない。そのため裏起毛系インナーよりも暖かくは感じないのだと思いますが、一番裏起毛系インナーと違うのがウィンドストッパー系インナーは体が冷えないという点が一番のメリットだと思います。

ところで、今年のクシタニさんのところのウィンターインナーウェア、k1908とk1909ですが

商品名が従来の「ウィンドストッパー」ではなく「ウィンドストップ」に変わっています。同社のwebを見ても、これまでのウィンターインナーウェア製品のページに記載があった
「WIND STOPPER」
の商標表示と説明文も無くなっており、明らかに素材を変えてきています。ウィンドストッパーに変わる新たな高機能素材を採用したのかどうかはわかりません。が、噂によるとゴア社の方針でゴアテックス系の素材出荷先を限定するという噂があり、来年あたりからバイクウエアメーカーでゴアテックス系素材が使えるのがゴールドウィンだけになるという噂が飛び交っています。なので、クシタニさんのゴアウィンドストッパーを使用したインナーは今後は発売されないのでは?
あくまでも噂なので真偽はわかりませんが、今年からインナーウェアの素材を変えてきたということは、まんざらでもないかもしれません。

ということなので、クシタニさんのところのゴアテックスを使用したジャケット、パンツ類は今年モデルが最終かもしれませんね…
来年モデルからはクシタニさんのところのゴアテックスジャケットが買えなくなるかも…

つづく