タイヤ交換とアクスルスライダー





MT-10の純正タイヤであるブリヂストン:BATTLAX HYPER SPORT S20 が寿命を迎えました。8000㎞でリアが終了。フロントはもう少し使えそうでしたが、どのみちあと1000㎞くらいで交換となりそうでしたので、併せて交換としました。バイク屋のおにいちゃんが言うには、ハイグリップタイヤで8000㎞もてば十分とも。しかし、これまでのバイク歴で新品タイヤで交換まで5か月しか持たなかったのは実は初めて。なので、今回は、できるだけ安く、なおかつライフの長いツーリングタイヤということでチョイスしてみましたが、いかんせん、リアのタイヤサイズが190/55というちょっとだけ変わったサイズだったりします。このサイズのタイヤはどちらかというとスーパースポーツ系のバイクが多く、したがって、タイヤ自体もハイグリップ系のものが必然的に多いように感じます。当然価格も高めとなり、なかなか出物が無いということだったのですが、メッツラーのROADTEC Z8M INTERACTならば比較的安く入手可能でツーリングタイヤであることからライフも期待できそう!ってことで、初めてのメッツラーに交換となりました。

見るからにツーリングタイヤっていう感じのパターンですね。

フロント側もリア側と同じようなパターンです。
インプレとかも参考にしてみましたが、ライフは少なくともかなり期待できそうなインプレが多く、またウェット性能もかなり高いとの評価が多いようです。
せっかくなので、せめて10,000~12,000㎞はもって欲しいところです。

ハンドリングはS-20と比べて、ややダルい感じ。倒しこみも若干重く感じますが、変に切れ込むような素振りも見せず素直なハンドリング。ヤマハ車にありがちなリアタイヤから回っていくような走り方をするとどっしりとした感じで安定したコーナリングが楽しめます。

 

 

アクスルスライダーも取り付け

SW-MOTEC製のアクスルスライダーもタイヤ交換を機に取り付けました。

実のところ注文は6月20過ぎに注文しましたが、入荷まで2か月以上かかりました。Webikeで購入したものの、納期未定状態でようやく10月3日に届きました。

ファッション的要素が強いアイテムですが、フロントタイヤとリアタイヤ周りのアクセントとしてみてみるとなかなか良さげな商品です。取り付けも前後で私のような素人が30~40分程度で取り付け可と非常に簡単でした。