MT-10 カスタムその3




リアキャリアとトップケース

実は、パニアを付けるときにいつも悩むのですが、トップケースとサイドパニア、どっちが良いのか??
トップケース…ホムセン箱ですが…はセローには付けてますが、ロードスポーツにはサイドケースのほうが似合うと思ってることもあり、Fazer8時代にはトップケースは付けていませんでした。
何よりも、TRaXがあまりにも優秀かつ大容量だったので、必要を感じなかったということが一番大きかったと思います。
しかし、MT-10の純正サイドケースは容量がやや小さいことと、TRaXのような頑丈なアルミケースではないため、サイドパニアに続いてトップケースも付けちゃいました。
こちらもY’S GEARのユーロヤマハ純正トップケース39Lとリアキャリアを取り付けました。

一応、Y’S GEARのカタログ等には、「トップケースとサイドケースの同時装着は走行バランスを崩すため避けてください」という記述があります。
しかーし、Y’S GEARのかカタログを見ると、リアキャリアとサイドケースステーが同時装着されている写真があります。
さすがに、箱を同時装着している写真はありませんが、キャリアとステーの同時装着が可能かつ写真が記載されているならば、いわゆる「自己責任」というヤツで装着可能だろ?ってことでやっちゃいました。
流石にメーカーがヤメロって言っていることなので、マネされる方もくれぐれも自己責任でお願いします(笑)

鹿島神宮の近くにある湖上の鳥居の前でパチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です