MT-10 カスタムその2




ようやく純正オプション到着!

車体発注と同時に発注しておりました、純正スクリーンとサイドケースが届いたとの知らせが販売店よりようやく入り、さっそく取り付けしてもらいました。

写真で見る限り、純正スクリーンは以前乗っていたFazer8とほぼ同じ高さと考えていましたが、おおむね予想通りの高さ。更にスクリーン取り付け部に近いところはもともと付いていたカウルよりも幅広くなり、おそらく全面から投影した感じでは、Fazer8とほぼ同等の防風効果が得られたと思います。

Y’S GEAR ミドルスクリーン

ミドルスクリーンとは言え、かなり大型な形状です。高さもミラーとほぼ同じ高さがあり、高速道路もかなり楽になりました。

実際に走ってみても、100㎞+α程度だと、スクリーン取り付け前はちょっと風に煽られると頭が振られる感じがありましたが、スクリーン取り付け後はそのようなことも感じられません。

ちなみに、販売店の営業さんが言うには、MTシリーズ(07、09)を購入されるお客さんはほぼ全員大なり小なりスクリーンを購入されるそうです。やはり皆さん声をそろえて「高速が~」とおっしゃる方がほとんどだそうです。

Y’S GEARエアロサイドケース

Fazer8にはSW-motec社製のパニアケースTRaXを取り付けていましたが、MT-10用のステーがないため、Y’S GEARのエアロサイドケースを取り付けています。TRaXは泣く泣くFazer君とともにドナドナされました。
TRaXは容量もでかいし、なによりもアルミ製なので強度的にもまったく問題ないし完全防水だったので雨中のツーリングでもまったく中身が濡れることはありませんでした。しかしながらY’S GEAR純正は容量も若干小さくなり、浸水の心配もしなくてはならなくなり、TRaXよりも使い勝手は悪くなりましたが、それでもサイドケースのありがたみを身をもって体感しているため、パニア装着可能であることがMT-10購入条件でしたので、多少納期はかかりましたが、付けて良かった製品ではあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください