ヤマハMT-10買っちゃいました その5(まとめ)




勢いで買ったMT-10ですが、現在まで約800km走りました。いいとこ、わるいとこ、気に入らないとこ、などなど色々出てきました。
あくまでも個人的な感想ですが、fazer8と比べてどうかという話なので、参考になるかどうかは別として。

素直に凄いと思ったところ
1 有り余るパワー!モード3でも未だに全開にはできません!恐ろし過ぎる!

2 取り回しの軽さ!歩いて押し引きするような時でも、あまり重さは感じません。また、走り出しても、リッタークラスとは思えないほどの軽さを感じます。

3 クイックシフターとクルーズコントロール!前にも書いてますけど、クイックシフターはシフトアップ時だけではありますが、それでもクラッチを握る回数が半分以下になりますから、左手の疲れはfazer8よりも感じにくくなりました。

4 ある意味エグい面構え!最初見たときは「なんじゃこれ?」見慣れると「なんだか可愛いかも」最後は「カッコイイ」と変化しました。これは好みの問題なので、なんともかんともではありますが、意外とイケてますよ。

ちょっと残念なところ
1 足付きが厳しい…購入前から予想していましたし、実際にまたがっても、身長168㎝の私だと、両足先同時だと足の指が何とか接地する程度。更にサスも硬めなので、跨った際に車体の沈み込みも期待できません。普段乗るだけなら何とかなりますが、路面のわだちが多いところで一番高いところで信号待ちとかに引っかかると、やはり厳しくなります。

2 良くも悪くも個性的なデザイン…このバイク、今でもそうですが、かなり個性的な面構えです。私のようにハマってしまえば大好きな顔ですが…それよりも問題なのが、余計な空間をあえて多用したことから、掃除が大変!です。しかもウェスが入らないような細かい場所が結構汚れるらしく、高圧洗浄機が必須です。

3 電スロの神経質さ…Dモードを搭載していますが、1〜3モードあり、一番過激なのがモード1、一番穏やかなのがモード3なのですが、一番穏やかなモード3でもスロットルの反応が良すぎて、かなりスロットルワークに気を使います。ヤマハの開発者インタビューにも載っていますが、全てのモードで極低開度の時の挙動は同じという事で、差が出るのがおおよそ3000回転以上回した時に変わるという事。ヤマハの意図としては全てののモードを試してほしい…09のときは各モードの差が大きくモード固定で乗る人が多かったから余り差をつけていない…という事らしいですが、一番穏やかなモード3だけはもっとレスポンスがダルでもいいかなと感じます。ドン付きというほどではありませんが、6速50~60㎞で流すようなライディングをしていると余計に感じます。

最後に燃費ですが、ヤマハ公式では、WMTCモード値で14㎞/L、60㎞定値走行2名乗車時で23.4㎞/Lとなっていますが、実走値でおおよそ16~17㎞/L。慣らし中ということもあって、7000回転以上回すことはほぼありませんが、街なかを車の流れに乗って流すような走り方での数値です。Fazer8と比べるのも違いすぎますが、R1由来のエンジン、車体であることを考えるとかなり満足できる数値ではないかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください