セロー250とパワービーム




巷で評判のヤマハ純正ともいえるY’s Gear製パーツである、パワービーム。
これほど意見の分かれるパーツもそうないと思われます。
そもそもパワービームって何?ってことなんですが…
詳しくはコチラ
https://www.ysgear.co.jp/ysgearclub/special/05/
(Y’s Gear、パワービーム紹介ページ)

要するに、制振ダンパーなのですが、これを取り付けると、車体の不要な振動がなくなり、安定性に寄与するっていうものなんですが、効果が目で見てわかるものでなく、実際乗って初めてわかるというシロモノであり、マフラーのように明らかにパワーアップするとか、音が良くなるってものではなく、体感してみて「なるほど~」って納得するようなものです。
なので、全く効果がわからないっていう人と、スゴイ効果があるって大絶賛するっていう人に分かれるようです。
で、実際取り付けてみたのですが…

取り付けた状態です。
メインフレームの左側チューブとダウンチューブを専用ステーで繋ぐだけっていうある意味お手軽チューンですね。

メインフレーム側の取り付け部。レギュレーター取り付け部に噛ますように取り付けます。ボルト2本止め

ダウンチューブ側。これで、メインフレームとダウンチューブがパワービームで繋がりました。
ちなみに、メインフレームとダウンチューブはどのように取り付けてあるかというと、

メインフレーム下端、ステップ位置あたりにボルト止めされています。

メインフレーム上側、ガソリンタンク下にボルト止め。
ちなみに、フレーム形式はごく普通のセミダブルクレードル形。すなわち、エンジンをダウンチューブ側で支えているような形になります。

すなわち、重量物であり、かつ振動の発生源であるエンジンをメインフレームに搭載しているのではなく、言葉は悪いですけどメインフレームに取り付けられているダウンチューブにエンジンを載せているという形式ですね。

なので、極論すればエンジンやミッションなどの相当な重量物や振動発生源は、ダウンチューブが取り付けられているボルトでフレーム本体に取り付けられているということも言えるわけです。ですから、エンジン本体で発生した振動はダウンチューブからメインフレームへ伝達されるのですが、その際振動などが増幅されてメインフレームに伝達されている、とも言えるわけです。

パワービームはその増幅されたであろう振動を減衰させる効果があるってことになります。

一応、理屈としてはわかるのですが、実際のところどうなの?ってことですが、

実際走り比べた動画

動画にもありますように、振動が減ったというよりも、かなりカチッとした印象になりました。
もっと具体的に言えば、直進性が上がった。風の影響で振られにくくなった。高速道路がかなり走りやすい。
などです。
しかし、林道では直進性の向上が逆に仇となることもあるようで、倒しこみが重く倒しこみスピードも遅いとか、そのため、いなしというか、ガレ場などでの細かい進路の修正がやりづらいといったネガティブなところも感じるようになりました。

決して万人にお勧めできるかというと何とも言えないのですが、少なくとも高速多用ツーリングや長距離走行などは、疲労軽減の意味からも装着には意味があると思います。
林道中心で長距離高速にも乗らないという人にはお勧めできるかといえば、微妙なところです。
それでも、感じ方の多い少ないはあると思いますが、必ず何らかの体感生えられると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.