マイニングの話 9月版

2021年も9月となり、今年も残すところあと4か月ほどとなりました。
当方のマイニング事情ですが、これまでコインチェックという取引所を使ってマイニングしていたBITCOINをコインチェックに送付して、日本円に一部換金し銀行口座に送金していました。しかしながら、コインチェックからの銀行送金は一律振込手数料が発生し、これが結構な金額がかかります。そこで、他の取引所を調べると、GMOコインは振込手数料が0円で出金できるようで、GMOコインに口座開設の上、一度使ってみました。
ただし、縛りもあり、保有している日本円の全額を振り込む以外は10,000円以上でないと出金できないようです。手数料がタダなので致し方ありませんが、しばらく両方の取引所を使ってみて、いずれはどちらかに固定化していくものと思います。
また、GMOコインのアプリが致命的に使いにくいのもマイナス点。GMOコインのアプリはどちらかというと、暗号資産の取引に使いやすいようで、単なる送付したBITCOINの換金所的な使い方ですと非常に使いづらく感じます。この点だけはコインチェックのほうがはるかに使いやすく感じました。

また、マイニングでの話題といえば、われらのAMDから新たなグラフィックボードが発売されました。Radon RX 6600XTというRDNA 2アーキテクチャを採用したPCゲーム向けのGPUで、3月に登場したRadeon RX 6700XTの下位モデルです。Full HDモニタに最適化されたGPUということで、高解像度のモニタでの使用は不向きということのようですが、このところのGPU高騰問題で4~6円万クラスのGPUがほとんど無い、あるいはnVIDIA製のGTX16xx世代くらいしか選択肢がない、という状況の中で発売されたGPUです。よって、価格も5万~7万、ボリュームゾーンも6万円台という最近のGPUを取り巻く環境の中では比較的安価な製品です。それでも1年前なら5700XTとかがこの価格帯で買えましたから、やはり異常な状況であることには違いありません。
8/12頃に発売開始されましたが、悲しいかな大量購入するマイナーや転売目的の人たちにたちまち刈り取られたようで、秋葉原でもあっという間に在庫がなくなりました。
Radeon RX 6700XT以下の性能なので、マイニング用途としても決して高い性能を誇っているGPUではないのですが、なぜあっという間に刈り取られたかというと、RX6600XTは予想以上にマイニング効率が抜群に高いことが挙げられます。
ならば、さっそく試してみるしかないということで、秋葉原に行ってPowerCollar製のRX6600XTを買ってきました。しかしながら、いずれの店舗でもほぼ6600XTモデル自体の在庫はなく、ツクモ本店にて2台残っていたもののうち1台購入してきました。ツクモexでは在庫なし!ちなみに価格は58,000円ほど。実は、6600XTシリーズの中でも最安だったりします。

PowerColorのHELLHOUNDシリーズ。別名「番犬」とも言われてたり。

安い製品なので、派手な虹色に光るLEDとかではなく、ライトブルーにファンが光ります。それでも派手だけどね。

基盤も短めで220ミリと小さいケースでも運用しやすそうです。ただ青く光るファンがあやしいですよ。また、6600XTシリーズの最大の特徴ともいえるのが、補助電源がPCI-E 8ピン1本のみという点。最近のグラフィックボードで補助電源なしなのはGT1030とか710とか、いわゆる映れば良いというレベルの物ばっかりです。また、8ピン1本のみというのもGTX1660でも必要であり、実質昨今のGPU事情からすれば、PCI-E補助電源が必須ともいえる状況です。また、補助電源が必要な条件が、GPUが必要とする電力量によるため、75W以上消費するグラフィックボードであれば、補助電源は必ず必要になるということでもあります。(なお、75Wというのが、PCI-Eスロットから供給できる最大の電力量。)
実際のところ、昨今のゲーミング用GPUで消費電力が75Wに収まるというGPUなどはほとんどないと思いますが、補助電源8ピン+6ピンや8ピン+8ピンという構成が標準的なイマドキのGPUですから、8ピン1本のみというのもかなり頑張った製品ということでもありますね。TSMC 7nmのRDNA2プロセス採用によることも大きいと思います。

まさに「番犬」(笑)。目玉が青く光ってます。

ゲーミング性能については、他の詳しいサイトをご覧になっていただくとして、ライバルであるnVIDIAのRTX3060とほぼ同等かそれ以上のフレームレートをたたき出していることもあって、なかなかの高評価を得ているようです。

さて、肝心のマイニング性能なのですが…このことが原因でマイナーに大量に刈られることになったのですが…

DAGGERHASHIMOTOのハッシュレートを見ますと、32.1MH/s。決して高い数字ではありません。私が運用しているグラフィックボードの中でも最も低いハッシュレートです。しかし注目はPowerの部分。なんと59Wで動いています。ちなみに、同じRDNA2を使用しているRX6800ですが、こちらは130W程度での運用。ハッシュレートが60MH/s程度なので、なんとワットパフォーマンスで考えれば、6600XTを2枚で運用すると、6800と同程度のハッシュレートが得られるうえに、電力量が110W程度と同等のハッシュレートで低電力と言われた6800系よりも、更に低消費電力が見込めるという事がマイナーの間で認識されたことが、6600XT搭載グラフィックボードが刈り取られた原因であると思われます。

なかなかの高効率を誇る6600XT、とりあえず1枚での運用になりましたが、リグの組み合わせ次第で追加投入もあり得る状況となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください