マイニングの話 8月版その2

前回、RTX3080Tiを増設した話を書きましたが、近所のPCショップでRTX3080の非LHR版が奇跡的に残っており、しかも価格もヤフオクやメルカリで買える中古品価格の3分の2程度で販売されていました。
(ヤベー!まさか売っているとは…)
(カードの枠まだ残ってたよな…)
などと色々と考えを巡らせ、いざ店員さんに確認!
私「このRTX3080って非LHR版ですか」(ちなみに現物はヤードの中にあるためパッケージの確認はできない)
店「???LHR版?なんですかそれ?一応確認させてください…」
私(LHR版だったら買わないし一応聞くだけ聞いてみよう)
しばらくののち店員さん登場。しかも聞いた時と違う人が対応
店「大変もうしわけございません。在庫があるのはLHR版ではありません…ちなみにLHR版は今後も入荷の予定もなく、当店(比較的有名な全国チェーン店)では今後もLHR版の入荷の予定はないのです。(キッパリ)」
私(ということは今後入荷があっても非LHR版しか入らないということなのか?いやいやそんなことはないでしょう。)

どうも店員さんは私が欲しいのはLHR版だと思ったらしいのです。

私(この時点で店員さんが、マイニング需要で非LHR版が飛ぶように売れているという認識がないっぽいと判断)「いやいや、LHRと書いてないのでも構いませんので、これください…」

ってことで、無事非LHR版のRTX3080をゲットしました。これが8月の20日頃の話です。

さらに、RTX3080TiでERGOを掘っていましたが、意外と3080Tiでも行けるんじゃね?との判断で、3080Tiを1枚追加。

その結果、現在の構成は
RADEON RX6800 2枚
GeForce RTX3070 1枚
GeForce RTX3080 2枚
GeForce RTX3080Ti 2枚
合計7枚構成となりました。

ついにマイニングリグも導入。3080,3080,3070の3枚体制

なおハッシュレートですが、3080Ti以外はNiceHash Minerでアルゴリズム自動選択でマイニングしており、DAGGERHASHIMOTOでのハッシュレートはおおむね360MH/s。
3080TiはAUTOLYKOSでの採掘なので、ハッシュレートがDAGGERHASHIMOTOと同じと言わけにはいきませんが、450MH/s.。
AUTOLYKOSの半分程度がDAGGERHASHIMOTOと同等レベルのハッシュレートとなるので、実際のところ、全部で580MH/s程度のマイニングレートとなっています。

話は戻りますが、地元PCショップで買ってきた3080ですが、実は悪名高いGIGABYTE製。なぜなら、排熱が本当に酷く、メモリジャンクション温度が110℃にすぐに達してしまうのです。ジャンクション温度が110℃に達すると、サーマルスロットルリングが働いて、コアクロックや電圧を下げて、グラフィックボード自体が適正温度にしようとパワーを絞ってしまうのです。
ちなみに、この状態で使うと、ハッシュレートは低くなるし、最悪高温による寿命の低下や、故障の可能性も高くなることが予想されます。この状態でメモリジャンクションの温度を80℃台で落ち着かせるには、ハッシュレートを60~70MH/s程度に絞るようにクロックを下げたり電圧を下げたりする必要がありました。この程度ならばRADEON RX6800でも十分です。なにも高いグラフィックボードを買う必要もありませんし。
更に、もう一つのPALITの3080は110℃どころかマイニングでどんなに酷使しようとも80℃台で推移しており、そんなこともあってGIGABYTE製の3080系はこのくそ高いメモリジャンクション温度が嫌われており、マイナーの中では、GIGABYTE製品は地雷だとの話も少なくありません。
しかしながら、ネットを見ると、サーマルパッドの交換で地雷なGIGABYTE製3080もかなりできる子に変身するという話が結構目につきます。
そこで、思い切って私もサーマルパッドの交換をやってみました。
その結果、ネットで言われているようにメモリジャンクション温度が80℃台で落ち着き、地雷っ子のGIGABYTE製3080もできる子に変身!現在ようやく2枚の3080が安定的に90~100MH/sの性能を発揮するようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください