マイニングの話 8月版

マイニングを初めて、初めての夏を迎えました。特に今年の夏は暑いのと湿気がスゴい。ほんと、7月中にクーラーを設置してよかったと思います。

さて、前回、7月度の報酬について書きましたが、その後リグ構成も若干変更しました。

1号機(Ryzen5800X搭載機)のGPUをRADEON RX6800からGeForce RTX3080Tiに変更。
2号機(Ryzen5600X搭載機)のGPUをRADEON RX6800+RX6700XTからRX6800+RX6800に。
3号機(Ryzen3600搭載機)のGPUは変更なし
つまり、RADEON RX6700XTを退役させて、あらたにGeForce RTX3080Tiを投入という形に変えました。収益の上乗せを図ったのですが、残念ながら、RTXシリーズで現在新品入手できるものは,おそらく全てLHR版になってしまいました。新たに入手したRTX3080TiもLHR版です。
LHR版とはLowHashRateの略で、マイニング性能を本来の性能よりも制限をかけている製品に付けられている版で概ね非LHR版の60%程度のハッシュレートしか出せません。ただし、マイニングで使用するすべてのアルゴリズムに制限がかかっているというわけではなく、最も効率的にハッシュレートが出せるDAGGERHASHIMOTOというアルゴリズムにのみ制限をかけているということのようで、そのほかのアルゴリズムには特に制限はかかっていないということのようです。

今回導入したRTX3080Tiですが、DAGGERHASHIMOTOではおおよそ60~70MH/s程度のハッシュレートしか得られていません。非LHR版の3070程度かやや上あたりでしょうか?非LHR版の3080で90MH/s程度のハッシュレートなので、3080Tiの非LHR版があるとすればおそらく100MH/s程度のハッシュレートが出るものと思われます。

じゃぁなんで、わざわざ効率の悪いLHR版、しかも3080Tiなどという電力バカ食いのGPUを導入したのかということなのですが、
実は、12月にやってくる(予定)イーサリウムのPOS化に備えてのためという意味合いもあってのことです。
ちょっと長くなりますが…POS化とは簡単に言えば、仮想通貨のしくみのことなのです。詳しいことは私も知りませんが、要するに一部の仮想通貨でしかマイニングができなくなるということ。現在、主に個人が趣味プラスアルファで行っているマイニングという行為、世間ではビットコインのマイニングなどと言われていますが、実はマイニングで採掘している仮想通貨はビットコインではありません。ビットコインはその仕組み上、個人でマイニングできるとかというレベルをはるかに超えており、企業や団体などが多額の資金を突っ込んでASICと呼ばれる専用ハードウェアでマイニングを行わなければ掘れないというレベルになっています。
我々のような庶民レベルでのマイニングというのは、ビットコインではなくアルトコインといわれるビットコインから色々と派生した仮想通貨をマイニングして、それを取引所などに預けてビットコインと交換する、あるいはアルトコインをマイニングしたハッシュパワーそのものを交換所に提供してその報酬をビットコインでいただく、といった少々複雑なやり取りをしています。仮想通貨は、その仕組み上取引量が多くなれば多くなるほど暗号が複雑化していき、個人レベルのPCレベルでは解決できなくなってきます。本家のビットコインはそのようなレベルになってしまったということなのですね。その代わりにアルトコイン…これもビットコインから派生したモノではありますが…であれば個人レベルのPCでも十分マイニングが可能ということなのです。
そのアルトコインの一つにイーサリウムというコインがありまして、このコインがマイニングに非常に適しているという、すなわちそこそこの流通量で、かつ暗号難易度もそれなりのレベルという大変都合の良いコインなのですが、このコインのマイニングができるのが12月までという話が出てきています。詳細は割愛しますが、イーサリウムがマイニングできなくなるということが本当に起これば、これまで収益をもたらしていたものがすべてパーになることもあり得るわけです。今後、イーサリウムのマイニングができなくなるということは抗いようのない事実なので、その期限が本当に12月で終了となるのか、あるいは延長されるのかというのがマイナーの間では一番の興味のある所ではないでしょうか。
ということで、話は戻りますが、これまではイーサリウムをマイニングしていたことができなくなる可能性は高く、となれば、イーサリウム以外のアルトコインをマイニングすればいいのであって、そんなに悲観的にならなくてもという意見も散見されます。しかしながら、確実に言えるのはこれまでと同じ収益性が確保できるか?あるいは電気代の経費もかかるのですから、この経費もペイできるかどうか怪しいのも事実。
という前振りの後の本題です。
そのイーサリウムの後釜として有力視されているアルトコインの一つとしてエルゴ(ERG)というアルトコインがあります。
しかもこのコインを採掘するのに都合のいいことに、RTX3080Tiは制限がかけられていないという点。先ほど書いたように、3080TIにかけられているハッシュレート制限はDAGGERHASHIMOTOというイーサリウムをマイニングするためのアルゴリズムのみです。ERGをマイニングすることには何ら制限はかけられていません。

そこで、3080TiにはERGをマイニングさせてみようと思い、AUTOLYKOSというアルゴリズムを使用してマイニングしてみました。

http://kenken3.la.coocan.jp/blog/wp-content/uploads/2021/08/nicehash-e1629295470273.jpg

ちょっと見にくいですが、かなりのハッシュレートを叩き出しています。

http://kenken3.la.coocan.jp/blog/wp-content/uploads/2021/08/trex.jpg

だいたい180MH/s程度のハッシュレート。

ペイレートを見ると、3080Tiに限ってみれば、DAGGERHASIMOTOよりも1.3倍から1.5倍くらいで稼いでくれています。

ただ、ERGのハッシュレートが低いためかどうかわかりませんが、(NICEHASHのサイトでは、イーサリウムのハッシュレートに対して、ERGOのハッシュレートは10~30分の一以下のようです)ときどき応答停止するくらいハッシュレートが落ちるのが見受けられますので、安定的にマイニングができるかというと、まだまだなような感触です。
しかし、イーサリウムが終了したあと何をマイニングするのかを今から考えておく必要もあり、有望株の一つとしてERGOを今のうちから手を付けておいた方が安心はできますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください