マイニング7月度の報酬

本格的にNiceHashを使ったマイニング
(NiceHashは正しくはビットコインをマイニングしているのではなく、イーサリウムという暗号通貨をマイニングしており、そのイーサリウムのマイニングをハッシュレートという形で評価してその報酬をビットコインで受け取るという少々めんどくさい形態となっています)
を本格的に4月終わりころから始めて、紆余曲折の結果、当初予定していたハッシュレートが出るようになり7月の1か月の収益結果が出ました。

7月の収益はおおむね、¥50,000の収入となりました。
電気代ですが、おおよそ¥26,000。なので、収益としては約¥24,000。

予想以上に利益が出ないなぁ…ということで、7月後半からリグ(パソコン)の構成やらを見直して、電気代の節減を図っています。
ちなみに、現在のリグは以下の通り

1号機
もともとメインPCとして使っていた機体で、普段使いできるような構成になっています。
CPU、Ryzen 7 5800X
GPU、Radeon RX6800
想定ハッシュレートは60MH/s

2号機
マイニングを本格的に始めるにあたって導入した2号機。しかしながらまだパソコンとしても使いたいという欲求が見て取れる機体です。
CPU、Ryzen 5 5600X
GPU、RadeonRX6800、RadeonRX6700XT
想定ハッシュレートは100MH/s

3号機
完全にマイニングに割り切った機体。ただ、マイニング用リグフレームには抵抗があるためPCケースを使用しています。この機体はRadeonからGeForceに変えています。
CPU、Ryzen 5 3600
GPU、GeForce RTX3070、RTX3080
想定ハッシュレートは150MH/s

そのほかに追加したもの
エアコン、6畳用冷房専用(安定のコロナ製。冷房専用はコロナしか作っていないそうです)
サーキュレータ、3台(ホームセンターコメリで1,980円のものを3台追加)
あと、忘れてならないのが電源回路の増設とアンペア数の増量。電源回路の増設は、PC部屋への電源が共用で20Aしかなく、PC使いながらエアコンを使うとそれだけでアウト。ブレーカーが落ちることになります。なので、新たに回路を増設してもらい、その増設した回路1にエアコン専用、回路2にPCを接続することにしました。
もっともこの費用が一番コストがかかりましたが、もともとエアコンがない部屋でもあって、マイニングとは関係なくいずれはエアコンを取り付けるつもりでもあったので、その時にはどっちみち回路を増設する必要があり、完全にマイニング用の経費として考えることはできないと思います。

あと、コストダウンを図るために1000WのPC電源を2台新調しました。それまでは、リビングにおいてあるPC、1台をRadeonRX6700XTを取り付け、マイニングリグとしても併用。そのため、リビングPCもつけっぱなしとなっていたので、合計PC4台での運用を3台に減らし、電力削減を図りました。そのため、マイニング専用としていたPC電源を650Wから1000Wのものに変更しています。

あと最後に電気供給会社をみんなでんきに変える予定。供給開始が8月20日となりますので、これで電気料金のコストダウンを図ります。

なので、現在の状況は
リグ(PC)3台でGPU5台での運用。ハッシュレートがおおよそ300MH/sとなっており、これで1日の収益が2000円を確実に超えてくるようになっています。(実際のところ、300MH/sを超えることはほとんどなく、260~290MH/s程度ですね。それでもビットコインの価格が¥4,000,000/coinを超えていれば確実に利益は出るようです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください