クシタニ レギュレーターライトジャケットを着用して走ってみた

今シーズンの春秋新作レザージャケットである、レギュレーターライトジャケットですが、ようやく着用できる気温となりましたので、さっそく走ってみました。
この日は最高気温20℃と5月初旬のころの気温。ですが、朝晩は5℃程度とまだまだ冬の気温です。したがって、冬用インナーにミドルレイヤーとしてミッドジャケットを着用した上にレギュレーターライトジャケットを着用。ボトムは定番のエクスプローラージーンズで。

ざっくりこんな感じとなります。ボトムはもうちょっと明るい色のライディングパンツでも合うかも。

ミドルレイヤーのミッドジャケット。いつもは普段着として使っていますが、今回はまともにミドルレイヤーとして使用しました。

インプレ
今日の気温くらいが一番気持ちいい着心地。これ以上の気温であればミッドジャケットはいらないと思います。
ジャケットそのものは、前回記載の通り、大変軽い着心地かつ柔らかい。ほんとテキスタイルと同じ感覚で着用できます。かる~い着心地と柔らかい皮革のおかげで、テキスタイルジャケットの着心地と皮革の安心感。さらにもともとカジュアルなデザインなので、ぱっと見だとライディングジャケット然としておらず、街歩きなどのバイクを降りた時でも違和感を感じませんでした。

ただ、私が購入したモデルはアイボリーなので、いずれ汚れが気になるのではないかと危惧するところではありますね。こればっかりは汚れ落としなどはこまめに行っていかなければと感じます。
いずれにしても、今年の春秋はこのジャケットと過ごすことが多くなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください