Ryzen 9 5900Xの話2

前回、Ryzen 9 5900Xの話で、PC MARK10のスコアで、5800Xよりも5900Xの方がスコアが低いというエントリを書きました。

上が5800X、下が5900Xです。5800Xが11237、5900Xが11022です。
個別にみてみますと…
Essential 5800X 10890、5900X 10445
Productivity 5800X 9019、5900X 8769
Digital Content Creation 5800X15139、5900X 15453
Gaming 5800X 28977、5900X 28106
と、5900XはDigital Content Creationが勝っている以外、他の項目はすべて5800Xの方が勝っています。
設定は特に両者で変えておらず、ポン付けでCPUのみ交換しています。

5900Xの方が、12コア24スレッドと5800Xよりも1.5倍のコア数スレッド数なのに何故こんなことになっているのか?という点について、考察してみます。

同じくベンチマークソフトである、CineBenchR20の結果ですが、
シングルスレッドで走らせた場合、5900Xは628、5800Xは614でした。当然マルチスレッドはそれなりに差が付いていました。CineBenchでは比較的順当と思われる数値ではあったのですが、あともう一つ、3DMarkの数値でもTimeSpyでも5900Xの方が若干低い数字が出ています。

これの理由として考えられるのが、PC Mark10のスコアに表示されているCPUクロックのログ部分ですね。上の図で紫色の横線が見えますが、5800Xはほぼ一直線なのに対して、5900Xは細かく上下しています。つまりクロックが5900Xの方が細かく変動、というかドロップしているようなのです。それに対して、5800XはほぼCPUクロックが上限で張り付いているのが見て取れます。
Windowsのスケジューラがダメなのか、ほかに原因があるのかは何とも言えませんが、可能性の一つとして、次のようなことが考えられます。
Ryzenシリーズの特徴として、かなり大量のセンサーを実装していることが挙げられます。これは、温度センサーや電圧センサー、電力センサーなのですが、Ryzenの仕様上、各種センサーのリミットまでクロックを上げようとする設定となっており、一番引っ掛かりやすいところが温度とPPTというところ。特にPPTはTDPが105WのCPUでは標準状態で142Wとなっており、この範囲内の電力消費量であれば更にクロックを上げるという設定となっています。
5800Xは8コア、5900Xは12コアなので、コアあたりで使える電力は5900Xの方が少なくなり、逆に5800Xの方が、5900Xよりもコアあたりに使える電力は多くなるというところです。クロックを上げようとすれば、その分だけ電力を消費しますから、上限値に達する前にセンサーの働きで、クロックを下げるような挙動になるのではないかと思います。そのため、5900Xの方が、クロックを上げる→PPT制限に引っかかる→クロックを下げる、を各コアごとに繰り返しているような気がしてなりません。RYZEN MASTERなどでクロック数をモニタリングしていると、クロックが結構な速さで上下しているのがわかりますが、この結果、ベンチのスコアが5800Xの方が高くなるという現象が起こるのではと考えています。

5800Xはメーカー純正でチューンナップされているCPUという気がしてなりません。3000シリーズよりはだいぶマシになったとはいえ、5800XはCPUの温度管理をきっちりとおこなえば、かなり高速なCPUと言えるのではないかと。
また、5900Xも悪いCPUではなく、マルチスレッドではきっちりとその性能を発揮できていることから、特に動画エンコードやマルチタスクを使いまくる、動画配信などで真価を発揮しやすいCPUと考えます。なお、この傾向は3000シリーズの時と同様であり、適材適所といった使い道があるのではないかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください