Ryzen 9 5900Xの話 1

このブログで散々紹介している、AMD製のZEN3こと新型RYZEN5000シリーズ、発売が2020年11月6日となりましたが、速攻売り切れ続出となりRYZEN難民が多数生じました。たまたま東京出張のついでに寄った秋葉原のツクモ本店で11/9に5800Xが購入できましたが、各ネットショップでは、発売解禁直後から品切れ続出となっておりました。幸い、NTT-Xストアで11/8の夜、5900Xが偶然にも購入可能な状態となっており、速攻購入申し込みを行い、購入自体はできたのですが事前アナウンスだと早くても1月下旬~2月上旬発送の予定となっていました。しかしながら、先週12/12頃に秋葉原の各ショップにそれなりの数量の入荷があったようで、先週から今週にかけてほぼ年内絶望的と言われていた、RYZEN 9シリーズが多くのユーザーの手に渡ったようです。
幸い、NTT-Xストアに11/8に私が発注していた5900Xが入荷~発送~到着となり、12/18に自宅に届きました。
約1か月、前回の3000シリーズの時も3950Xとかの上位モデルが約1か月入手できなかったこともあって、今回も早めに動いたわけですが、結局1か月遅れで手元に届いたということになりました。幸い、5800Xを入手していたため、ZEN3シリーズの大体の傾向は掴んでいましたが、前3000シリーズよりも大幅なシングル性能のアップは5800Xでも十分感じていました。今回、5900Xが届きましたので、さっそくベンチ回してみました。

ベースクロック3.7GHz、ブースト4.8GHzの表示。CPU-Z読みだと3.6GHzなんだけど大丈夫なのか?

5800Xを取り外して、

こいつを取り付けました。

CPU-Z、3.6GHzになってます。

5900XのPC MARK10の数値。11022

同じく5800XのPC MARK10の数値。11237

5800Xの方が数値高いですねぇ…

CineBenchi R20だと明確に5900Xの方が数値的には高いです。

なんか納得できないなぁ~と思っていますが、やはり5900Xはマルチコアという性格を活かしたソフトウェアの方が良いのではないかと思います。一般的な用途では5800Xでも良いかもしれません。

いろいろとその理由を考えてみましたが、そのわけについては次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください