クシタニ K-2801 アロフトジャケット

クシタニ K-2801 アロフトジャケット

クシタニテキスタイルジャケットの最高峰と言われるアロフトジャケットを買ってきました。
アロフトジャケットは、以前のゴアテックスオールウェザージャケットの実質後継モデルであり、装備内容もほぼゴアテックスオールウェザージャケットとほぼ同じです。
「防水」「透湿」に加えて「防寒」性能も一応クシタニテキスタイル系ジャケットでは最高性能と謳われております。

バックスタイル。肩のところがフラップ構造となっており、この部分から外側にエアが抜けるような構造。

ファスナーで開け閉めできるため、暑いときは開けることで熱気を外側に排出しやすい構造となっています。もっとも冬場だと開けることはほぼないと思います。

袖の外気インテーク部分。ここを開くと、空気がジャケット内部に入りやすくなり、こもった熱気を背中側から排出できる、という構造ですね。

開けた状態です。ホックで開けた状態で留めることができますので積極的に外気導入がしやすい構造となっています。

前身頃の雨どい構造。生地の折で雨水がジャケット内部に入りにくい構造。防水ジャケット定番の作りです。ここの折り目が無いとどんな防水生地を使おうと雨水が内部にガンガン入ってきてしまいます。

生地表面。杢調のデザイン。色は派手ですね。交通整理の警備員と間違われるかも(笑)
でも嫌いじゃないですよ。昨今のライディングウェアは以前よりはだいぶ明るい色も増えてきましたが、これくらい派手でも全然アリだと思います。ライダーなんだから、事故防止のためにも目立ってナンボってところもありますし。

インナージャケット。昨年までのモデルから大きく変わりました。以前は色はブラックだったのですが、今年モデルからは暗いグレー色になっています。

質感もアップしていますね。昨年までのインナーはこれ単体で着用しても着れなくはありませんでしたが、真っ黒だったことや、ややテカテカとしたデザインだったこともあって、あまりカッコいいとは言いづらかったのですが、今年モデルからは、これ単体での着用も、より自然な感じとなりました。

ただし、内側は相変わらずの赤色。ここの部分だけは何とかして欲しいいぃ


これ、買ったお店なんですが、店長がかなり良い方で(北関東のU店)ゴアテックス系ジャケットも持ってるっていう話をしたところ、いろいろなお話をしてくれました。

まず、クシタニのゴア製品の取り扱いについて。
一昨年からクシタニのゴアテックス系製品が軒並みディスコンとなりました。これについては、皆さんおっしゃる通り諸般の問題で扱わなくなったという認識で良いのですが、大きな認識の違いとして、「扱なくなった」ということであり、「扱なくなった」のではないのだとか。どういうことかと言いますと、ゴア社が要求する購入量がこれまでの倍のゴア製品を使用するように求めてきたことが一番の原因とのことで、決してクシタニがゴア社から買えなくなったのではないということ。
これは、クシタニがゴアテックスファブリクスを使わなくても同等性能が維持できる生地を調達できたからこそ、ゴア社の要求を突っぱねたということのようです。その同等性能が維持できる生地こそが、このアロフト系ジャケットに採用されている生地なのだとか。
たしかに、カタログ上は、以前このブログでも書いていますように、ゴアテックスは耐水性45,000㎜以上、透湿性20,000g/ml/24hと圧倒的な性能を持ってはいますが、アロフト系の生地も決して遜色はないとのことでした。(アロフト系の生地は、耐水性30,000㎜以上、透湿性17,000g/ml/24h) 数値だけ見ると、耐水性はゴアの方がアロフト系の生地よりも1.5倍の耐水性があるのにもかかわらず、同等と言い切っているのですが、この数字、実はかなり誇張されている部分もあるようなのですが、あまり書くとヤヴァイかもしれないので、これ以上はやめときます。
また、ゴアテックスもアロフト系の生地も共通なのですが、ゴアテックスだから暖かいというのは真っ赤なウソだそうです。ゴアテックスもアロフト系の生地も所詮数十ミクロンのメンブレンでしかありません。そんなものに防寒性能などは無い!とはっきりと仰ってました。
なぜ、ゴア系の生地が暖かいと評されるのかと言うのは、ゴアテックスをはじめとする、防水性や防風性のある生地だからこそ、インナージャケットなどの防寒性能に優れるインナー系のものを着用することで、初めて「寒くならない」ジャケットができるのだそうです。
確かに、以前のエントリでゴアテックスショートジャケットのことを書きましたが、その時も、思ったよりも暖かくないというようなことを書いています。その時はこうも書きました。そう、寒くならない!ってこと。これがゴア系ジャケットの最大のメリットなのですね。いくら防寒性能の高いインナーを着用していても、防風性が高くなければ、暖かい空気は冷えてしまいますし、透湿性が低ければ暖かいインナーを着ていても発汗による気化熱で体温が下がってしまうから。ゴアやアロフト系で凄いのは、防風、透湿の高いアウターに防寒性の高い、ダウン素材を使用したインナーを合わせ技で着用することで、初めて効果の高い防寒性能が発揮できるということなのです。なので、どっちかが劣っていれば最高性能なジャケットではなくなるということ。

かなり脱線してしまいましたが、アロフトジャケットですが、実のところ、ゴアテックスオールウェザージャケットと装備的には変わりません。そりゃそうですよ。ゴアテックス系の後釜なのですからね。

最後に、その店長さんがおっしゃっていたことで興味深いお話。
ゴアテックスショートジャケットを持っているというお話をしたところ、かなり強力に手放すな!っておっしゃっていました。
理由:ゴアテックスファブリクス、実はほぼ永久保証。ただし、その条件はかなり厳しい。また、耐久性については、ゴアテックスファブリクス以上の性能を持つ化繊はこれまで見たことがない。以前、某メーカーのファブリクスを試験的に採用したところ、性能は確かに素晴らしいが、耐久性がほぼ無い。これには理由があって、この防水層を壊してしまう一番の原因は人間の皮脂だそうです。よって、高機能な化繊はどんどん洗濯してください、とのこと。ゴアテックスだけは、皮脂だろうがなんだろうがほぼ崩壊することがなく、極めて安定しているとのこと。なので、クシタニのゴアテックス系ジャケットをお持ちの方は、一生もののつもりで使い続けた方が良いかもしれません。
アロフト系ジャケットは、まだそこまでの実績がないため、将来的にどれくらい長持ちするかは何とも言えないとはおっしゃっていましたが、長く使うのならば、間違いなく、洗濯してください!とおっしゃっていたので、こまめに洗濯機に突っ込もうとは思っています。もちろん、洗濯ネットと弱洗いで。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください