ヘルメットのこと その1

AraiとSHOEI

バイクに乗るのに必ず必要なのが言わずもがななヘルメット。国内ではAraiかSHOEI、OGKあたりがよく見るヘルメットだったりしますね。

私がバイクでリターンした際には、それ以前から持っていた、Arai製のAstro TRっていうモデルを被っていました。しかし、あまりに古いのと、ちょくちょく落としていたため、かなり傷だらけっていうこともあって、、Monster800ieを購入した時OGK kabutoのFF-R3っていうモデルを購入しました。しかし被ってから30分ほど経つと、右後頭部からこめかみにかけて猛烈な痛みが襲ってきて、とても被っていられる状態ではなくなり、いったん脱いで15分くらい休憩しても、一旦頭痛が始まると再装着しても、ものの5分で同じように猛烈な頭痛に襲われました。




そんなこんなで、このヘルメットを被るとバイクどころじゃありません。軽くて気に入ってはいたのですが、泣く泣く手放すことにして、以前から被っていたArai製のQuantum Jというモデルを買ってきて被ったところ、これが快適!なことこの上ない!

Astro TRもそのまま持っていましたから、通勤でAstro、ツーリングでQuantumっていう使い方をしていましたが、Astroも流石に古くなってきたので、新たにAstro IQのバリエーションモデルであるAstro ProShadeを購入。その後、オフ車用に同じAraiのTourCross3を購入したり街乗り用にSZ-RAM4を買ったりしましたが、SHOEI製のメットを使っていないことに改めて気付いて、GT-Airを購入。

現在その他のヘルメットを含めて6個のヘルメットを使用していますが、同じフルフェイスといえども、AraiとSHOEIとではかなり違うということがわかりました。

で、Astro ProShadeとGT-Airの比較

Astro ProShadeとGT-Airはいずれもツーリングモデルの上級版なので、ほぼ同クラスという感じでしょうか?実売価格はGT-Airのほうがやや高め。いずれのモデルもサンシェードを装備してます。

正面、後ろ、側面と上から写真で比較

まず、正面。

イメージ的には、SHOEIの方が若干大きいかなとも思っていましたが、並べてみるとほぼ同じ大きさ。後ろ側を見てもほぼ同じ大きさなのがお判りいただけると思います。

もっとも違うところが側面を見たとき。明らかにSHOEIの方が長い。上から見ても細長いことが判りますね。

あと、Araiの方が全体的に丸みを帯びています。

どっちがいいという問題ではなく、装備内容やカタチの好みで選んでも不満は少ないと思われます。

装備内容 Astro ProShade

グラフィックモデルなので、多少わかりにくいところがありますが、ご勘弁を!

外観はArai製の最大の特徴であるネコミミのようなベンチレーターとProShadeシステムによるアウターバイザー。シールドの上に更にスモークなシールドが被さっています。

この状態だと、夜間やトンネルなどで不自由しますので、スモークな部分は上に持ち上げることができます。

こんな感じ

横から見てもそんなに違和感はありません。帽子のツバのようにも見えます。

ただ、メインのシールドを開くと…

ちょっとお間抜けに見えます。

が、このシールドオープン状態で走行しても風にあおられる感じはほぼありません。

ベンチは、

頭頂部2か所(吸気)、後頭部2か所(排気)

口元のデフロスタ

シールド自体にもベンチレーターが付いてます。左右2か所

あと、写真撮り忘れましたが、後方の下の方には排気用の穴が開いてます。ちなみにこのベンチレーション用の穴は閉じることができません。

内装はパッドはほぼ全部取り外し可能。特に頬にあたるチークパッドが汚れやすい気がします。

また、Astro IQと異なり、抗菌・消臭内装に変更されています。が、見た目はAstro IQとまったく同じ。

オプション扱いのチンガードが標準装備されています。

Quantam Jとは帽体の見た目はほぼ同じですが、口元が若干狭く感じました。

ベンチ性能はかなり優秀な部類だと思います。以前使っていたQuantam Jよりもかなり涼しい

風切り音はまぁそれなり。というかこんなもんでしょうって感じです。ただし、GT-Airと比べるまでは…

GT-Air編に続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください