RADEON RX 6800を買ってみた話

前回、WDのSN850を買ったエントリを公開しましたが、実はこの日、もう一つの大物も買っていました。

そう、われらAMD軍が誇る、最新グラフィックボード、RDNA2ことRADEON RX 6000シリーズです。

今年のAMDはこの冬に新型CPUとかグラフィックボードを立て続けにローンチしましたが、チップ製造委託先である台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)の最新製造ラインである7nmが大変ひっ迫しており、PCショップのおにいさんが言うには製造が追いつかないらしいのです。実はこのラインで製造するAMD製のCPUやGPUは、AMDはもとよりAppleやHuaweiもこのラインを使用して製造しており、また、今年発売された、SONYのPS5もAMD製のカスタムチップを採用していることから、当然TSMCで製造されているわけでして、またMicrosoftのX-BOXもAMD製カスタムチップ採用のため必然的にTSMC製造のチップとなっています。そんなわけで、大変厳しい状況はまだまだ続くようで、実際のところ、AMDのRyzen5000シリーズは5950X以下、5600XまでのCPUがまとまって入荷していません。特に5900Xは初回入荷したのみで、その後全く入荷がないとか。そこへきて、今回のRADEON RX 6000シリーズの発売となり、これまた、入手困難なグラフィックボードとなっています。現時点でもRADEON RX 6800はメーカーさえ問わなければ、ショップ巡りをするとかろうじて入手可能ですが、上位版である6800XTはほぼ入手不可。Ryzenシリーズと全く同じ状況となっています。まさにAMD製のCPUとグラフィックボードはまさに争奪戦となっています。

SN850を購入したあと、いつもの秋葉原巡回コースを巡っていましたら、偶然にもBUYMORE秋葉原本店にてGIGABYTEのRADEON RX 6800(無印)を発見。考えるいとまもなく購入していました。
詳しいスペックはいろいろなサイトで解説されていますので、そちらをご覧いただくとして、素人である私がRADEON RX 6800を試してみた結果やインプレなどを記載しておこうと思います。

買ってきたのは、RADEON RX 6800、いわゆる無印の方です。リファレンスモデル、一応GIGABAYTE製です。が、リファレンスモデルっていうのは、各PCパーツメーカーが実際に作るのではなく、AMDと関係の深い専業メーカーが作ったものをOEM扱いで出荷しているということなので、メーカーは違えど実際の製品はAMD純正と言えるようなモノです。従って、いわゆるリファレンスモデルはどのメーカーのものでも基本的に同じものです。
( 実際の製造メーカーはSapphireと言われていますね)

実際に手にすると、かなり重量級なボードです。ずっしりと重い。今までの5700XTやGeForce2060とかと比べると倍くらいの重量がありそうな感じ。PCI-Eスロットとリアブラケットのところだけの締め込みで大丈夫なのかと不安になるくらい重い。それでも2スロット占有なので、6800XTよりはマシだと思うようにしています。

取り付けたところ。奥行きがかなりありますが、まだまだ余裕があります。さすが3連ファンだとかなり大型化するのも致し方ありません。

マザーボードの全幅よりも若干はみ出るくらいです。大型ケースでなくても入りそうです。ただ、前面にHDD取り付けトレイが付いているケースだと若干干渉する可能性もありそうです。

補助電源取り付け部分。8ピンが2本必要です。電源によっては8ピン2つ分が同一ケーブルから供給されるものもありますが、一応念のため、8ピンケーブルは別系統から接続しています。AMDのサイトでは、推奨電源750W以上としています。私の場合は650W電源を使用していますが、今のところ正常動作しています。CPUが105Wなので、結構ギリかもしれません。特にHDDを大量に搭載していたり、DVDドライブなどの円盤系ドライブを搭載していたりすると足りないかも。

ブラケット部分。ここからの排熱は考慮されていません。すべての熱気がPC内部に排出されますので、PCケーズ内のエアフローを考えないと廃熱不足に陥るかも。

で、ベンチですが、とりあえず、3DMarkのFire StrikeとTime Spyをやってみました。比較対象はGeForce RTX 2060(無印)です。CPUはRyzen 7 5800X、メモリ速度は1600MHz、XMP読みで動作させています。

Fire Strike

上が2060、下が6800

Time Spy

上が2060、下が6800

数値をご覧いただければ一目瞭然ですが、RX6800はRTX2060に対して1.7倍から1.8倍程度の速度が出ています。

5700XT時代(RDNA世代)だとGeForceに太刀打ちできませんでしたが、本モデルになってようやくGeForceの背中が見えてきたというところではないでしょうか?
ただ、製品の供給不足、特に今年はコロナ禍ですので来年もまだまだ供給不足が続くのではないかと思いますね。
一時、GeForceに浮気していましたが、やはりRADEON系の発色の良さはこのモデルでも健在です。RADEONの発色が好みであれば、RADEON RX 6000系一択ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください