クシタニのツーリングブーツ その3 K-4518Z ガルドシューズIV

前回、ネオブーツのについてインプレなどを書いてみましたが、引き続きブーツのお話です。
今回は、ガルドシューズlVについて。
ガルド「シューズ」という名前ですが、実際はシューズというよりもブーツです。一般的な認識では、くるぶしをすっぽりと被せる履物がブーツでくるぶしがあらわしとなるものがシューズというイメージですが、ネットを漁ってみても明確な定義は無いようです。
ネオブーツと比べて明確に違うのは、トゥ部分とアッパー部分で、ガルドシューズは明確にトゥ部分があるのに対して、ネオブーツは明確なトゥ部分が無く、アッパー部分がそのままトゥに繋がっているとなっている点ですね。靴の専門家でもありませんので、この辺の違いが名称に関係するのかはわかりませんが、少なくとも、ガルドシューズの方がトゥがあるだけに先端部分がネオブーツよりも高くなっています。これはその後ろ側のアッパー部分が高くなることを容易にできます。そのため、ガルドシューズの方が足の甲部分が高く、履いた時に余裕があるという作りになっています。元々日本人は甲高の人が多く、外国製のブーツなどだと、足の甲の部分がキツイという話をよく聞きますが、ガルドシューズの場合は、足型を日本人の足からとっているということのようなので、典型的な日本人にはガルドシューズの方がフィット感が高いとのことだそうです。

真横と斜め後ろから。ガルドシューズは踵の立ちがほぼ垂直。ネオブーツはやや後ろ側に「寝ている」ように見えます。また、開口部も外側です。なおネオブーツは内側。

正面から。チェンジパッドが付いてなく、皮革の2重構造での対応。そのため左右でのデザインでの差異はありません。また足首の部分はシャーリング加工がされており、足首の動きは妨げられません。これはネオブーツも同じです。

後ろ側。後ろ側にもシャーリング加工。ナイロン部分はなく、すべて皮革で作られています。

斜め上から。ガルドシューズにはネオブーツと異なりベロが付いています。ネオブーツと異なり、外側はすべてが牛革です。ネオブーツは一部にナイロンが使われています。

一番違うところがソールです。ガルドシューズはフラットソール。かなり滑りそうなソールですが、かなり防滑性は高いとのことで、相当テストしたとのことです。実際、使ってみても、見た目とは裏腹にツルっと滑るような感触はありませんでした。
また、ソールがフラットであるため、ステップのポジションの自由度はかなり高く、結果疲労も少なく感じました。

ソール部分ですが、後ろ側はかなり細かい凹凸が付いていますので、防滑性の高さの一因となっているかもしれません。

ベロ部分の内側にはKWPのタグ。MADE IN JAPANのタグも付いています。

ガルドシューズとネオブーツは以前であれば、ネオブーツは完全防水、ガルドシューズは完全防水ではなく撥水というところで差が付いていましたが、今年モデルのネオブーツから完全防水ではなくなりました。そのため、両者の違いは単にデザインだけという事になるようです。いずれの製品も撥水牛革、いわゆるKWPレザーを使用していますので、そこそこの耐水性は確保していると思いますが、長い時間雨天走行する場合ではブーツカバーが必要になると思います。
ただし、クシタニを擁護するわけではありませんが、他のメーカーで完全防水を謳うライディングブーツやライディングシューズを使ってきましたが、いずれの製品もやはり長時間雨天走行すると雨水が内部に浸入しました。
構造的にも、完全防水を謳うわりには、ベロの部分が一体でなく、明らかにここから水が入るんじゃね?という作りのものばかりで、確かに生地そのものは防水生地かもしれませんが、構造的に防水ではないよね?という製品が多いように感じます。
しかし、クシタニの製品の場合、完全防水を謳うアドーネシューズを見てもらうと良くわかるのですが、ベロの部分が外皮と一体成型されており、これなら雨水の浸入もかなり防げるような作りになっています。今回紹介した両製品はともにベロの部分などの開口部が外皮と一体となっているため、かなり雨水の浸入を防げる構造になっており、それだけを見てもクシタニ製品の品質の高さや誠実さが感じられるところでもあり、同社の信頼性の高さにもつながっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください