クシタニのツーリングブーツ その2 K-4535 ネオブーツ

前回のエントリでお知らせのとおり、本来、クシタニのネオブーツをご紹介しようと思いましたが、状況が変わってしまい、クシタニのツーリングブーツとしてご紹介しようと思います。

先日、初めてネオブーツを履いてロングツーリングに行ってきました。軽いし、柔らかいし、フィット感も抜群。こりゃぁいいや!って思いながら、ツーリングを楽しんでいたのですが、10月後半となる今日この頃だと、朝晩の冷え込みが結構厳しくなります。冬装備でツーリングを楽しんでいたのですが、ジャケットの袖口から入り込む冷気によって、ジャケットの中もかなり冷えてしまいますね。
こりゃたまらん!とばかりに、翌日、地元クシタニショップに行きまして、袖口を覆うようにカバーできるK-5586 アウトドライブラストグローブを買いに行ってきました。ついでに(どうせ品切れだろうな)って思いながら、何気なく店長さんに「ガルドシューズIVの26㎝ありますかぁ?」って聞いたのが運の尽き。あっさりとありますよとお返事が!
「やべっ」って思いましたが、もともとガルドシューズIVを他店に買いに行って無かったので、ネオブーツを買ってきたのですが、なんと地元ショップにあるなんて!なんてことでしょう!
もう買うしかありませんでしたよ。笑うしかないですね。

この際、クシタニの2大ツーリングブーツの比較でもやってしまおうかと思いまして、今回のエントリに至ります(笑)

ってことでクシタニ ネオブーツとガルドシューズについて
その1 ネオブーツ編です。

左側がネオブーツ、右側がガルドシューズです。

まずはネオブーツから

典型的なライディングブーツの形をしています。つま先側の形状などは、まんまライディングブーツの形です。また、全体としてやや甲の部分が低めでカッコいい!

脛の内側がやや高くバイクをホールドしやすい形状なのと、内側がファスナーとなっており、内側から大きく開く構造です。

こんな感じ。ファスナーとベルクロ2か所で固定。また、ファスナー自体もバイク側に傷が付きにくいように内側にオフセットされています。

踵部分。踵上から向う脛あたりまでが皮革ではなくナイロン生地でリフレクター付きですね。

その上側。ベルクロで足首の太さ調整ができるようになっています。また、この一番上の皮革のところはパンチング加工されています。

甲部分。左側のみチェンジパッド装備。チェンジパッドは皮革ではなくTPR(熱可塑性プラスティック)素材です。

ソール部分。ビブラムソールのADVENTURE TRAVELっていういわゆるタンクソールです。

さて、使い心地。
GOOD 軽い!柔らかい!疲れない。抜群のフィット感!
NEGATIVE 甲部分がややきつい
ネガティブなところはこれくらいしかありません。あと、防水機能が省かれましたから、雨天時の浸水状況が気になるところ。いろいろな人のブログやお店の店長さんなどに聞く限りでは、短時間ならば浸水の心配はないとのことなので、これまでの自分の状況から考えるとほぼ問題ないと思います。

長くなりましたので、本エントリはここまで。次回はガルドシューズIVについて書いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください