Wifiの高速化 その1

我が家のネット環境ですが、居室はもちろん有線LANによる接続ですが、ガレージ側にはLANケーブルを引き入れていません。居宅とガレージが別棟であるため、物理的にLANケーブルをガレージ棟に引き入れるためには外壁に穴をあける必要があることと、LANケーブル自体も土中に埋設する必要があるため、そのためどうしても無線LANを使うことになりますが、どうにもつながらないという状況でした。回線そのものはソフトバンク光を引いており、BB光ユニットというルーターを使用して居室側は有線ネットワークとしていました。


さすがにLANケーブルを這い回すしかないかとも思いましたが、Wifiの場合、このような環境は決して少なくなく、私の自宅のようなゴミのような小さな屋敷でも結構つながらないというケースは決して稀ではないようです。

そのような場合、どうするのか?
有線が引けないという前提で考えると、Wifiルーターの設置位置とガレージ側の使用位置とを最短距離にするというのが最もお金もかからず、合理的な方法ではありますが、前述の通り別棟であるため、外壁を2つほど超える必要があります。居宅内の壁と異なり、外壁ですから、壁自体の厚みはもとより、断熱材や梁、柱という電波を遮断する可能性の高いものが内壁の比ではなく多く、さらに直線距離で10M程度ではありましたが、手持ちのiPhoneで試してみても減衰が大きすぎ、ガレージ側だと2.4GHzでもなかなかつながりにくく、さらに5GHzだと絶望的につながりません。

次に試してみた方法がWifi中継器というもの。

エレコムのWTC-1167という中継器です。
これで何とか確実に繋げることはできるようになりました。
しかし、いかんせん遅すぎます。リンク速度がどんなに頑張っても11ac規格で1Mbps程度。しかも5GHzだとつながったりつながらなかったりで非常に不安定です。
とくに腹の立つことに、つながっている最中でもブチブチとリンクが途切れます。とにかく安定性皆無。

これではどうにもなりませんので、ルーター自体を買い増しする方法。
幸いソフトバンクの光BBユニットはルーター機能自体がかなり優秀ということではありましたが、Wifi機能が若干古めかしく、アンテナも最新ルーターと比べて見劣りするとのこと。そのため速度の改善とWifiエリアの拡張を兼ねて、NECのルーターを購入。4本アンテナとのことでかなり高速化とつながりやすさを重視しました。

これで、ようやく安定的につながるようになりました。

結果、ルーター+中継器というかたちでガレージ内のWifi環境が完成!

でも全然速度が出ません。頑張っても2~3Mbps程度。
Youtubeは途中で止まるし、画質は1080Pなんて無理。480Pでやっと止まらずに視聴できるレベル。

実用に耐えませんね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください