クシタニ K-2807 ガルジャケット その2

ガルジャケットの続きです。
他にも変わっているところとしては、袖口の形状が変わりました。手の甲側が長めとなっています。アドーレジャケットは袖口が特に変わった形状ではありませんでしたが、ガルジャケットは防寒性を上げるための形状変更と思われます。

腰回りのストームガード。継続採用です。このストームガードって寒いときは結構使えますよ。腰下から入ってくる風は意外と馬鹿にできません。これがあるだけでも防寒性能が1ランク上がると思います。

腰回りのドローコード。これも防寒性能アップにつながっています。これも継続採用。

二の腕のところの袖幅調整のタブ。スポーツ系ジャケットには装備されていますが、これはガルジャケットから採用。アドーレジャケットにはありませんでした。

左腕の上腕部のポケット。実用的とは言えませんが、ワンポイントアクセントとしての意味合いが強いと思います。

腕の関節部分の立体縫製。腕を曲げたときにストレスがかかりにくい縫製となっています。これもガルジャケットからの装備。ただ、アドーレジャケットは肘のところが2重生地となっていました。

インナージャケット。ダウンではありません。化繊綿ですね。クシタニではダウンライクボールと呼んでいますが、要するにダウンと同じような形状をもつ化繊を中綿として使用しているのです。そのため、保温性はダウンと比べても遜色はないとのこと。ただし、インナーの内側がまたしても赤くなっています。

さて、今期モデルのガルジャケットですが、昨年までのアドーレジャケットよりも若干大きく感じます。なので、普段着として使ってもキツさは感じにくいかもしれません。
またアドーレジャケットよりもかなり落ち着いたデザインとなっておりますので、比較的バイクを選ばないかもしれません。またフードも少しだけ大きさを変えてきています。やや大きめになりました。フロントファスナーの最も上の部分でも若干収まりが変わっています。

このモデルの最大の特徴である普段着風というところについて…
着用している人の年齢層も選ばなくなりましたし、アドーレジャケットとの一番の違いはデザインに尽きると思います。どんな年齢層でも受け入れやすいデザインとライディングウェアとしての機能性の両立を高い次元でかなえているモデルではないかと思います。
正直今年度(2020秋冬)モデルの中でも人気が高く、私が購入した際も店舗に在庫はなく、ほかの店舗から融通させていただき購入したものです。したがって、サイズや色によっては早くも売り切れとなっている可能性尾も高く、いつものクシタニジャケットのようにあっという間に売り切れとなっている可能性が高いモデルです。
おそらく本格的な着用シーズンが来る頃には入手できないという可能性も高いため、ほしい人は早めにショップに足を向けた方がよろしいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください