クシタニ K-2807 ガルジャケット その1

クシタニ2020年の秋冬テキスタイルジャケットが発表、発売されました。今年の大きなトピックはウィンターテックジャケットがディスコン、ウィンターウィルジャケットがウィンターアメニタジャケットに変更(復活?)。ウィンタークラリティジャケットが大きくモデルチェンジ、そしてアドーレジャケットがディスコンとなり替わりにガルジャケットが新登場となりました。

基本的なコンセプトはアドーレジャケットと大きくは変わっていませんが、デザイン面は完全に別モデルと言ってもいいくらいの大幅なイメージチェンジを図りました。
御覧のとおり、アドーレジャケットのカジュアルさが一転してシックな大人びたデザインへと変わりました。

色目はこの写真が一番近いと思いますが、ブラックツイルです。ほかにブラックアウトとネイビーの3色展開。今回、ブラックツイルのXLサイズを購入しました。

第一印象では、アドーレジャケットと変わらないね~と思っていたのですが、一番の違いは生地の印象です。アドーレジャケットの生地は防水性や撥水性といったところを重視していたのか、比較的見た目よりもツルっとした印象の生地でしたが、ガルジャケットは一転して、コットンっぽい生地に代わっています。
こればっかりは実際の製品を触ってみて感じていただくしかありませんが、かなり好印象な生地です。ウィンターチームジャケットのような生地って言えば良いのかもしれません。(ショップではチームジャケットよりもかなり高級な生地を使用しているとは言ってましたが)実際購入後、ウィンターチームジャケットと触り心地などを比較してみましたが、実際のところ全く別物という感じでした。あくまでも触り心地の印象がアドーレジャケットとは全く異なるということなのでご理解ください(笑)

あと、インナージャケットもかなり色目を変えてきています。昨年モデルまではブラックと赤の差し色でしたが、今年モデルはブラックではなくグレーに変わっており襟元にスラッシュフジサンマークも入りました。これも普段使いする人にとっては好印象ではないかと思います。

前身頃のおなか回りのベロは引き続き食い込み防止のカットが入っています。
また、左右のポケットのファスナーが一般的な長さになりました。アドーレジャケットはこれの倍くらいの長さのファスナーが付いていましたから。個人的にはアドーレジャケットのファスナー長のほうが良かったかなと思います。長い方がグローブしたままでポケットに手を突っ込めますからね。

全体的な印象はこんな感じです。次回は引き続きガルジャケットの続きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください