Antec P120 crystal LED変更

先日新調したメインマシンですが、基本的にARGBでのLEDライティング化を行っていましたが、一部だけボトムファンのみRGBライティングとなっておりましたが、やはりARGBを使ってしまうと、RGBだとちょっと違和感を感じてしまいます。
おさらいですが、最近のヒカリモノ系PCは古くは10年くらい前に流行りまして、そのころは、光らせるといってもリアファンとかフロントファンなどのケースファンを光らせるというもの。また、光り方も赤や青などの単色で光りっぱなしというものでした。その後、ヒカリモノ系は多少衰退するのですが、e-sportsの隆盛とともに、ケースファンはもとより、CPUファンやキーボードやマウスなども光るようになってきまして、当初は12VのRGBLEDによるファン全体やLEDストリップがいろいろと変色が可能となってきまして、ただし、昔の赤だけとか、青だけとかということは無くなり、RGBLEDの発光によってかなり色々な色を出せるようになります。そのころからマザーボードに12Vの4ピンRGBヘッダーが採用されるようになり、かなり光らせることも簡単にはなります。ただ、取り付けたLED全体が同一な色を発光させるだけであり、当初はこれだけでも凄いとは思いましたが、ここ最近では、アドレッサブルRGBという5V3ピンによるヘッダーを標準装備するマザーボードもかなり増えてきました。

4ピンRGBと3ピンアドレッサブルRGBの違いは、4ピンRGBのLED素子全部が同じ色にしかならないのに対して、5V3ピンアドレッサブルRGBはアドレッサブルの名が示すとおり、LED素子一つ単位で色指定ができるということ。どういうことかというと、流れるようにLEDの色が変えられるという点です。言葉で説明するのは難しいのですが…

ということで、話は戻りますが、ボトムファンだけは非アドレッサブルLEDだったわけです。で、今回底面ファンもアドレッサブルLEDファンに変更し、さらにストリップも追加。

で、できたものがコレです。

前と変わってないように見えますが、これは12V4ピンLEDで発光させた状態(を再現しています)
しかし5V3ピンアドレッサブルLEDで発光させるとこんな感じになります

ケースファンを見てもらうとわかるように、部分的に色が違います。このように光らせられるので、色が流れるような光り方などもできるというようになります。

今回、交換したケースファンはボトムに使ったCoolerMaster製の3連ファン。これですべてのファンがCoolerMaster製になりました。メーカーを揃えていた方が発光パターンが同じになるので、結果として統一感がとれたかなと思っています。

全体がブルー発光なのに対してボトムファンの脇のところ一か所だけが黄色になっています。これこそがアドレッサブルLEDで可能になることであります。

2020/09/07 追記
YOUTUBEに動画をアップロードしました。具体的な色の変わり方がわかると思います。