クシタニ A-2344 メッシュパーカージャケット

暑い日が続きますね。
クシタニウェアの話題ですが、この暑さのおかげか、ライディング用メッシュジャケットもどこも品薄とのことで、例年でもこの時期になるとメッシュジャケットは品薄になり、人気商品などはすでに完売ということも少なくなりません。
クシタニのテキスタイルウェアは、例年でも各シーズン前にそのシーズン用ウェアが特に人気商品だと完売となる製品が多いのですが、今年はその傾向が一段と凄いらしく、すでにメッシュジャケットは定番モデルはほぼ完売しているとのこと。
しかし、一番売れるシーズン中に売るべき商品が無いっていうのもユーザーからしたらがっかり感もハンパないですし、お店からしてみれば販売機会の逸失ということですよね。

そんな中、クシタニホームページにある世田谷店とかのブログを見てみると、急遽メッシュジャケットを緊急輸入したとかっていうエントリがありまして、ほかの店舗のブログを見てみると、数店舗にだけ入荷しているとのことでした。よくよくそのブログを見てみますと、アジア向けモデルを緊急輸入とのことで、ちょっと興味が湧いてきましたので、仕事ついでに「その数店舗」の中の一店舗に寄ってみました。

で、買ってきたのが、A-2344 メッシュパーカージャケットっていう製品。

これまでのフルメッシュパーカージャケットやフルメッシュジャケット、エアコンテンドジャケットなどの国内メッシュモデルとはそもそもデザインが全く別物でした。

正面のMOTO PERFORMANCEロゴもかなりデカデカと入ってます。

後ろ側。
生地のカットラインなどは国内モデルとほぼ一緒。背中の一本線は最近の国内モデルでも見られるデザインです。

前身頃のクシタニロゴ。このあたりもデザインは同じ。

ブレストパッド用のベルクロも付いていました。

背中側のフジサンロゴマークと最近のクシタニ製品ではおきまりのリフレクターです。

パーカーのフード部分。裏地はありません。このあたりは国内モデルと違うところです。

袖のフジサンロゴマーク。また前身頃のロゴ脇にある胸ポケットっぽい仕上げの部分ですが、胸ポケットは装備されていません。

実際の商品について
アジア向けモデルということですが、デザインは国内モデルよりも派手めですね。
また、国内モデルと比べると、いろいろとコストダウンしている部分が見えてきます。
1立体裁断がかなり限定的。腕の肘の部分などは1枚の生地で成り立っています。実は、国内向けモデルではこの部分は2~3枚の生地を縫い合わせており、プリーツが付けられていたり、補強がされていたりします。
2裏地がメッシュ。国内向けでは裏地は透け防止のためメッシュではなく薄い生地なのですが、現地の気温に合わせているのかもしれませんが、裏地も表地と同じようなメッシュ素材です。
3一部メッシュ生地でないところの生地がちょっと貧弱な感じ。腕の内側と体側の脇腹部分なのですが、この部分の生地が国内モデルと比べてちょっと薄い。問題はないのでしょうが。
4フード部分の裏地もメッシュ。国内モデルのフルメッシュパーカージャケットは裏地がデザインされた裏地を使っていますが、このモデルは裏地もメッシュなので特に特徴的なところではなくなっています。
5袖口の部分がきつめ。国内向けはファスナーやベルクロで絞め込むようにかなり緩いのですが、そういったような緩い作りではありませんし、ファスナーやホック、ボタン等で留めるのではなく、Tシャツのように単に輪っかになっています。また、国内向けよりも腕全体もタイトですし、腕の仕上げも長めです。
6肩幅のところもややタイト気味と、全般的にタイトな作りです。

というように、いろいろとコストダウンされているところやデザイン面でちょっと派手め、サイズ感もちょっと違うかなっていう部分があります。

これについては、お店の方からお話をうかがうことができました。
まず、国内に投入されるモデルとは根本的に異なるという点。デザインは国内なのですが、ターゲット層がそもそも国内向けとは異なるとのこと。また、欧州向でもクシタニブランドの製品は販売されているのですが、こちらは現地企業の企画によりクシタニ本社は製品そのものにはほぼ関知していないとのこと。まぁいわば日本国内でシンプソンモデルのジャケットやシューズを作っていたフラッグシップや広島化成のようなものと考えればわかりやすいですね。それはさておき、アジアモデルと国内モデルとではどう違うのか?あるいはコストダウンしているのか?ということについてもスタッフさんがおっしゃっていたことから自分なりに考えてみたものが以下の通りとなります。
第一に、経済的なものです。いくら東南アジアの地位が向上したとはいえ、やはり国内と同じ価格で現地で売るのは厳しいとのこと。国内モデルと同じ仕様にするとおそらく買えない金額になるとのことでした。クシタニは東南アジアでも超一流メーカーとして認識されており、ある意味クシタニ製品を着ていること自体がステータスなのだそうです。これはネットで同じような話を結構見ますので、やはり現地ではかなりな高額製品なのでしょう。したがって、現地のライダーが少しでも買いやすいような価格設定とするためのコストダウンと考えれば納得ができます。
実際今回のアジアモデルは、国内モデルの最安モデルであるフルメッシュジャケットよりも安い25,000円と比較的高額製品が多いクシタニ製品の中では実は最安だったりします。
また、東南アジアはまだまだスポーツバイクって一般人にとってはかなり高額な製品ではありますが、70年代の日本がそうであったように、スポーツバイクは若い人たちのあこがれでもあるそうです。ということは、国内とは異なりターゲット層がまだまだ若年層となるので、デザインも国内向けよりも若い人向けなデザインに振る必要があるのだと思います。

今年は異常な暑さと予想以上のメッシュジャケットの売れ行きのための緊急措置ということのようですので来年以降も同じようなアジアモデル投入ってことはないかもしれませんとのこと。

また、全部で100着くらいしか入荷していないそうです。
ちなみに私がうかがった店舗では通常のアジアメッシュパーカージャケットのXLサイズは完売。アジアメッシュジャケットは一部の色しかXLサイズが残っていませんでした。
ほしい人は早めにブログを確認した方がよさそうです。