PCケース新調と簡易水冷化

今年の夏もクソ厚いですよね。ってことで、CPUの温度もうなぎ上りです。

ということで、初めてメインPCの水冷化を行いました。もう空冷ではいくら高級なファンやクーラーを使おうとも無理!

CoolerMasterの360サイズの簡易水冷を買ってきまして、天井面に取り付けました。
しかしながら、

このケース、AntecのD601っていうゲーミングマシン用のミドルタワー。しかもかなりピカるんで気に入ってはいましたが、いかんせん前後長が短めなので、リアファンを取り付けたままだと360ミリラジエーターが天井面に取り付けられません。リアファンを外すと大丈夫なのですが…ただ、この後に購入した、ThermaltakeのVersaH26っていうこのブログでもご紹介しているRyzen3500マシンを作ったときに購入したケースと作りがほぼ同じ。っていうかおそらくOEMでデザイン違い程度のものなのだと思われます。リアパネルのネジが真っすぐに入らないところまで同じなのです(笑)

AntecのP180とかSOLOとかを使っていた世代や、私のようにMini P180を10年近く使い続けた者からすると、Antecって静音にこだわったり、作りがしっかりしていたりっていうイメージが強く、D601のコレジャナイ感がありました。

イマドキのPCケースって比較的前後長が短めなケースが多く…
(おそらくDVDドライブなどの5インチベイやHDD用の3.5インチベイなどを搭載するスペースが著しく減っていることが要因の一つであるとは思いますが…)
やたら寸足らずな印象なケースが多いと感じます。
もうひとつ
水冷化した場合、ラジエーターの搭載位置が天井部だとラジエーターに取り付けたファンが見ずらいっていうこともあります。高い位置にPCケースを設置すれば見えますが、基本的にミドルタワー以上なケースは足元に置くことが多いと思います。その場合、天井面に設置したラジエーターのファンは上から見下ろすような形となるので、ほぼ見えません。なので、新たにケースを新調しました。
条件は
1 とにかく光らせたいし見せたい
2 サイドパネルはガラス。アクリルは傷つきやすいからペケ
3 リアファン、もしくはフロントファンが最低1つはほしい
という条件でいろいろ探したところ、AntecのPシリーズでP120 crystalっていう前面と左側面が強化ガラスっていうケースを見つけました。

特徴的なのは、前面がガラスかつファンがないところ。前面がガラスとかアクリルであってもファンが付いているケースがほとんどであり、正面からケース内部が見えないものがほとんどです。しかしながら、P120 crystalは前面はガラス「のみ」という潔さ。すなわちこの形状だとDVDドライブなどの5インチベイは「あきらめる」しかありません。しかしながら、自分の使い方だと5インチベイはもう何年も取り付けておらず、必要な場合はUSBでつなげばいいやという考え方なので、それよりも思いっきりスケルトンにできることの方を優先しました。

また、360サイズのラジエーター取り付け位置は、天井には取り付けできず、底面もしくは右サイドパネルに沿った側面のいずれかとなります。
サイドパネル側にラジエーターを取り付けることができるということが購入の一番大きなところでしたが、もうひとつ大きな特徴が電源の上部配置。最近では底面配置が一般的な電源搭載位置となりますが、このケースはまるで先祖返りしたような上部配置なんです。上部配置だとケーブルの取り回しとか裏配線とかが若干不安要素ではありましたが、電源配置部から前面にかけて、ボックス状の「箱」が取り付けてあり、この「箱」の中に不要な配線を隠しておけるというのもかなり工夫されています。

まるでショーケースのようなPCケースと言っても過言ではないかと。
このようにラジエーターを側面に、底面には吸気用の120ミリファンを取り付け、リア側に排気ファンを1つ取り付けています。

ただ、2面がガラスなので取り扱いには気を使います。手垢とかつきやすく、簡単に触れません(笑)