RYZEN環境下でのPCI-e 4.0について

前回、Ryzenシリーズの中でもZEN2世代から、PCI-e 4.0規格が使われるようになり、一番恩恵を受けるのがNVME接続のM.2スロット接続SSDであるということを書きましたが、もう一つ恩恵を受けるパーツがあります。それが、グラフィックボード。
PCI-e 4.0規格は、PCI-e 3.0の2倍の帯域があるということも書きました。具体的には、PCI-e 3.0が1レーンあたり8Gbpsなのに対して、16Gbpsの転送速度があります。

しかしながら、この帯域を活かせるゲームがほぼありませんので、実使用においてはPCI-e 3.0もPCI-e 4.0も差がないというのが現状です。しかし、ほんとうに2倍もの転送速度がグラフィックボードでわかるのか?という問いに対しては、ベンチマークを実際に走らせてみればわかるのではないかと思いますのでやってみました。ベンチマークはグラフィックボードの性能を図るのに定番ともいえる3D Mark。この中の「PCIe feature test」を実施。なお、現状でPCI-e 4.0に対応しているグラフィックボードは、Ryzenと同じAMDから発売されているRADEON RX5000シリーズ(Naviシリーズ)のみとなっています。

RADEON RX5700XT
CPUはRyzen 9 3950X
転送レートは24.13GB/s

GeForce GTX 1660 super
CPUはRyzen 5 3500
転送レートは13.1GB/s

実ゲームでは差がないなどと言われていますが、ベンチを実際に見てみますと、CPUの圧倒的な違いはあるにせよ、GeForceよりもRADEONのほうが明らかに滑らかに動いていました。

いろいろな方のブログやHPを見てみますと、実際のゲームにおいての明らかな差異はないと書かれている方々が大多数であり、実際のところそうなのでしょうね。RADEONユーザーが特にPCゲーム界隈であればなおさら少数派ということもあるでしょうし…でもただでさえGeForceと比べても劣っているなどと言われているRADEONですが、まだまだ底力は侮れないのではと考えてしまいますね。