RYZEN環境でのNVMeSSD速度あれこれ

昨今のPCにおいては、ハードディスクなどの円盤系ストレージはかなり特異的な使い方をされています。と言うのも、現在ではその転送速度の遅さなどから特にOSがインストールされているドライブでは、OSの巨大化で読み込み速度の遅さがネックとなっており、ハードディスクを主に搭載しているPCは、最近ではよほどの低価格かつ大容量ストレージを要求されるようなPCくらいしか見つかりません。その代わりに現れたのがSSDと呼ばれるメモリを利用したストレージであり、これまでのハードディスクに代わるストレージとして使い始められました。

初期のSSDは2.5インチハードディスクの置き換えとして広まり、主に高パフォーマンスノートPCに採用され、今では広くノートPC以外でもデスクトップPCでも幅広く使われていますね。また、接続がSATA接続であることも普及につながったと思います。SATAは内蔵ハードディスクの接続方法として、当たり前に使われていましたので、ハードディスクをSSDに置き換えるのにも敷居は低かったと思います。なお、SATA接続のハードディスク転送速度は速いもので、シーケンシャルリード(連続読み込み)150MB/S、シーケンシャルライト(連続書き込み)120MB/S程度。これが当時最速と言われたWDのcaviar blackの数値です。当時はこれでもすんごく速いと思ったものでしたが、その後、2.5インチSATA接続のSSDが登場。一般的なシーケンシャルリードで550MB/S、シーケンシャルライトで500MB/S程度と、ハードディスクの4倍程度、さらにテスト内容によっては5倍以上の速さになりました。

しかし、近年ではOSはおろかソフトウェア側もデータ量が莫大な大きさとなってきており、特にゲームなどの大量のデータをやり取りする必要があるソフトウェアも一般的になってきています。そのため、さらなる高速化が求められるのは必然でもあるのですが、そこで登場してきたのが、SATA規格の転送限度を超える規格としてPCI-Expressを利用した規格であるM.2スロットを利用したNVMe M.2 SSDとなります。なお、M.2スロットを利用するSSDはすべてがNVMeではなくSATA接続のものもありますので、購入時には注意が必要です。

これらNVMeタイプのSSDはSATA接続SSDと比較しても桁違いの速度を出しており、特にPCI-E 3.0×4での接続が多くを占めており、理論値ではシーケンシャルリード4000MB/S程度の速度が出ますが、実際のところでは3500MB/S程度が最速です。

ところがRYZENシリーズが発売されたことで状況が一変。PCI-E4.0規格を標準サポートしたものですから、ストレージ速度がさらに増速されることとなりました。PCI-E3.0でもSATA SSDに比べればとんでもなく速く、爆速と言っても過言ではないと思いますが、PCI-E4.0規格はPCI-E3.0の2倍の帯域を有しており、理論値では8000MB/Sの速度も出せることができます。しかしながら、現時点ではPCI-E4.0の規格に沿ったチップセットが実質RYZENシリーズのチップセットであるAMD X570とB550の2種類のみ。しかもPCI-E4.0規格に沿ったSSD自体も多くはありません。とはいえ、実際に4000MB/S以上の速度が出せる環境はRYZEN環境しかないということであって、決してINTEL系のチップセットでは出せない速度領域なのですね。

ここ最近の使用しているPCはすべてRYZEN系列に移行させてしまいまして、更には新チップセットであるB550シリーズを採用したASUSのTUFシリーズ、TUF GAMING B-550 PLUSというATXマザーボードにRYZEN 9 3950Xを載せ替えいたしまして、PCI-E4.0の実力を試せる環境ができましたので、せっかくなので、ベンチとってみました。

WesternDigital WD BLUE SN550 NVMEモデル

MB ASUS TUF B-450 PLUS
Ryzen 3 3400G

WesternDigital WD BLACK SN750 NVMEモデル

MB Asrock B-450 STEEL LEGEND
Ryzen 5 3500

SEAGATE FireCuda 520 NVMEモデル

MB ASUS TUF GAMING B-550 PLUS
Ryzen 9 3950X

読み込み速度は、見ての通りPCI-E3.0の規格を超えて、ほぼ5000MB/Sのシーケンシャルリードとなっています。
SSDのコントローラによっても速度差が出るのでしょうが、現状PCI-E4.0 NVME SSDのコントローラはPhison製一択しかなく、PCI-E4.0対応のNVME SSDはほぼ同じような性能です。
今後は各社から出てくるのではないかと思いますが、今のところ、コンシューマ向けストレージでは最速となっています。

さて、実際使ってみますと、起動などではいずれの自宅にあるSSD搭載自作PCでもあまり差異は感じませんが、明らかにSATA SSDと比べるとWindowsの起動は素早く感じます。
ただ、FireCudaについては、3DMarkなどの重いソフトウェアを起動する際には体感でも素早いなと感じることはできます。

まだ、若干PCI-E4.0対応のSSDはSATA SSDと比べると割高感はありますが、同じNVME SSDを購入するなら、PCI-E3.0との価格差もあまりありませんので、RyzenシリーズでチップセットがX570またはB550搭載マザーボードであれば購入検討する価値は十分あると思います。