AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 2

さて、今回自作の主役となるCPUですが、Ryzen 5 3500のリテール品です、CPUのほかに、CPUクーラーが入っています。こだわりがなければ、この箱入りのCPUクーラーを使えば問題ありません。私の場合は、今回のクーラーは光らないためあえて使っていません。光らせたいのですよ(笑)

CPUをマザーボードのソケットに取り付けました。取り付けるときはCPUソケットの横にあるレバーを持ち上げて、CPUをスコンと挿します。迷うことはないと思いますが、一応、ソケット側とCPU裏側のピン横にある三角マークの位置を合わせて挿します。ピンが剣山のように生えているので、うまく入るか心配になりますが意外と簡単に入ります。うまく刺されば「スコン」という感じで入ります。強く押し付けることだけは絶対にダメ。ピンが曲がったら、そのCPUはオシャカになる可能性大ですよ。うまくCPUがソケットに入ったらレバーをおろしてCPUを固定します。

今回使用したM.2 SSD、WesternDigitalのWD BLUE SN550 500GBの製品です。シーケンシャルリード 2400MB/sec、シーケンシャルライト 1750MB/secとSATA SSDに比べると約4倍の速度となります。SATAのSSDでもHDDと比べると圧倒的に早いんだけどね。ちなみにHDDのシーケンシャルライトは170~200MB/sec。なので、HDDに比べると、M.2 NVMeのSSDは単純に20倍くらい早くなっているということになります。そりゃ、今さらHDDなんて使えないってなりますわなぁ

CPUソケットにCPUを挿して、さらにM.2スロットにSSDを取り付けた状態のマザーボードです。なお、本来であれば、CPUソケットの横に純正クーラー用リテンションっていう黒い棒状のものが標準ではマザーボードには付いてきますが、今回、CPUクーラーは純正を使いませんので、その棒状のリテンションを取り外して、かわりに取り付けるCPUクーラー用のナット状のものを取り付けています。

CPUクーラーを取り付けました。このクーラーはネジ止め式。サイドフロー型なので、PCケースの前面から取り入れたエアフローを後ろ側に風を流すような形でクーラーを取り付けます。なお、この時点ではCPUクーラーのファンは取り外しています。CPUファンを取り付けるとメモリスロットに干渉するためです。

メモリの取り付け。
Ryzen用マザーボードはメモリがデュアルチャンネルっていう並列処理が可能な仕様です。そのため、メモリスロットも挿す位置が決められており、決められた位置に刺さないと並列動作しません。…デュアルチャンネルで動かさなければ気にする必要はありませんが、せっかくならば動作速度は速い方が良いでしょうから、ここは素直に決められた位置にメモリを挿すことにしましょう。なお、規格違いのメモリや容量違いのメモリを混載することはできますが、この場合、デュアルチャンネル動作は動作保証外となり、うまく動けばラッキー程度に思っていた方が良いと思います。

以上がマザーボードに刺すパーツとなります。以前のように、HDDとか光学系ドライブとかに使っていた信号ケーブルとか電源ケーブルとかはこの程度の自作機ならば全く使いません。どうしてもHDDとか光学系ドライブを使用したい!ってことならば、引き続きケーブル類の接続が必要となります。私の場合は、もう使わなくてもいいじゃん!ってことでこれらのドライブ類は全くと言って良いほど使わなくなりましたので、電源ユニットを除いて主だったパーツはこれで全部となります。

次回はケースへの組み込みと電源取り付けについてです。