Arai RAPIDE NEO OVERLAND

久々にヘルメット の話題です。既に発売されている、アライのラパイドネオに新色が追加されました。オーバーランドと言うシリーズで、これまでのラパイドネオとはちょっと違う路線のデザイン。このオーバーランドは2色展開で、一つはモスグリーンっぽい色のオリーブカーキ色ともう一つが今回購入したサンドベージュっぽい色のベージュカーキ色でいずれもアースカラーと言うかミリタリーっぽい色合いの製品です。

口元のスリットのところなどは大胆なオレンジ色。しかしながら嫌味な感じもなく、逆にラパイドネオの一番の特徴であるスリットをしっかりとアピールしています。

また、サイド側から後ろ側にかけては、大胆なブラックのかなり幅広なラインが描かれており、これがまるでゴーグルをしているように見えると言う、これまでのヘルメット には無かったようなデザインです。また、帽体全体がサンドベージュで塗られている訳ではなく、前側がサンドベージュ、後ろ側がアイボリー、更に塗り分け部分がかなり鮮やかな薄緑色と凝ったデザインです。

内部は他のアライヘルメットと変わらず、パッド類は全て脱着可能なシステム内装で、標準のラパイドネオと同じ。

口元のスリット部分と同じくリア側のエアアウトレットもオレンジ色のアクセントカラーで縁どりがされています。

横から見ると、塗り分け部分とゴーグル風の黒ラインがはっきりとわかりますが、当初予想よりも実物の方がデザイインとしてもかなり完成度が高いことが良くわかりますよ。

まだ購入したばかりなので、性能などのインプレッションは未だですが、実際に着用した感じでは、装着感などはこれまで使用してきたアライ製品とほぼ同じでした。あと気になる点は帽体にベンチレーターが付いていないため、通気性がどんなものなのかが気にはなります。ただ、これまでのラパイドネオの評判を見てもそこまで悪い評価がないため、他のアライ製品よりは悪いとしても、如何にもならないということは無いと思います。いずれにしても、実際使ってみた感想は後ほどレポートしようと思います

2020/6/27追記

早速着用してきました。どちらかというとSRで走る時用として購入したのですが、意外とMTのようなストファイでも似合う感じ。これは単に色合いによるところが大きいと思います。

実際に走ったところ、予想に反して頭が涼しい!デュフューザーが帽体についていないため、かなり暑いと覚悟してはいましたが、今日の気温30度とかなり暑い日であるにもかかわらず、頭が全然蒸れない。むしろ風通しを感じるくらいです。RX7XやアストラルXのようにデュフューザーが付いているモデルに比べれば涼しくはありませんが、付いていないにもかかわらずここまで涼しいとは正直驚きました。

これからの時期、あまり使えないかなと思っておりましたが、いやいや、真夏でも意外といけそうです。