SR400デイトナリアサスペンションのインプレ

一昨日、リアサスペンションをデイトナ製に交換しましたが、効果を見るためかる〜く走ってきました。

まず、走り始めと同時に純正との違いがはっきりとわかりました。純正とは異なり、コシがはっきりとわかるようになります。おそらく、純正に戻すともっとはっきりと違いがわかるのではないかと。良く言われる「コメの味」と同じで、普段食べているコメをいったんおいしいコメに変えてしばらく食べ続けると、元々食べていたコメが食べられなくなるっていう、よくある話なのですが、おそらく今回も同じような事になると思います。
まずは、プリロードの調整は行わずにダンパーのみ最弱に調整してみました、路面の細かいギャップは全く感じず細かい振動も伝わらなくなり、乗り心地はかなり柔らかくまるでエアサスのバスに乗っているように車体の上下動もいなしてしまうような感じとなりました。ただ、路面からのインフォメーションはほぼ感じられる事はなくなります。

次に、ダンパーを最強にしてみると、細かい振動も伝わふようになり路面からのインフォメーションもはっきりと分かる様になります。ただ、乗り心地はふわふわ感もなくなり、ゴツゴツした感じがかなり強くなりました。ただし、突き上げるような感覚は全く感じられないので、その点だけ見てもノーマルとは全く違います。

今後は山道に行ってプリロード量を含めてセッティングを行う必要はあるかと思いますが、ダンパー最強でコーナリング性能がノーマルとどれくらいか変わるかを後々に試していきたいと思いますが、普段使いでの乗り心地とのバランスとなるでしょうね。

ただ、いずれにしても純正の単にふわふわとした腰砕けのような感じは全くなくなり、調整範囲の大きさも含めて効果の大きいカスタマイズであると思います。

とりあえずはダンパーのみを最弱から4段階強めにして様子を見たいと思います。

6/2追記

元々のセッティングはプリロードが5段階中の真ん中だったのですが、私の体重が重めなのと、リアボックスを取り付けていることもあるため、1段階強めてみました。
すると、ストローク量が減るので、やや硬い乗り心地。ただし、ギャップなどでバタつく感じも減りました。う~んいい感じかも。
そこで、ダンパーを更に1段強めの最弱から5段階強めの設定に。ほぼ乗り心地は変わりませんが、プリロードの設定と合わせてコーナーでリアが逃げるような感じが減りました。ただ、乗り方でもかなり感覚は変わるとは思いますが、当面はこのセッティングで乗ってみようと思います。