クシタニ EX-2271 エクスプローラージャケット

クシタニ製の「ジーンズのような見た目で実は革パン」というエクスプローラージーンズ。この製品のコンセプトに合わせたライディングャケットがEX2271 エクスプローラージャケットです。

エクスプローラーシリーズのコンセプトは「冒険者」とのこと。バイクに乗るということは何もレースなどでコンマ1秒を削ったり、単に移動手段としてバイクに乗るということだけでなく、特に趣味としてのバイクに乗るという事を考えるとツーリングといういわゆる「旅」をするというのを目的とする人たちも多いと思います。特にここ数年では大型バイクに乗る人も多くなり、非日常を味わうためにバイクに乗るという人も多くなってきたと思います。

エクスプローラーシリーズの製品群を見てみると、いかにもライディングギアといったようなジャケットやパンツではなく、普段着からの延長、または「旅」するにあたってのギアといったようなラインナップとなっていると思います。

特に注目したいところが、日常性といった普段使いしても違和感のないウェアとしての機能と防水性や皮革としての身体保護性などのライディングウェアとしての機能を融合させているところがポイントとなっていると思います。

エクスプローラージーンズについてはこれまでにご紹介しましたが、エクスプローラージーンズに合わせたジャケットとして発売されている EX-2271 エクスプローラージャケットを購入しましたので、今回改めてインプレッションをご紹介してみます。

EX-2271 エクスプローラージャケット

見た目はライディングジャケットというよりは、ちょっと大き目なジャケットといった感じです。ただ、ほかのクシタニ製ライディングジャケットとは異なり、防水機能に結構工夫がされています。

胸ポケット

腰ポケット

いずれのポケットもタブだけではなくファスナーが付いており、雨水の浸入をできるだけ防ぐような工夫がされています

前身頃の首回り

ファスナーで閉まる構造ですが、ベルクロとホックでファスナー裏と表を留める構造、かつ一番表側生地は雨水の浸入を防ぐ返しが装備されています。これだけを見ても合わせからの浸水にはかなり入念な対策が施されているように見えます。

袖回り

ホックで留める作りですが、

半分はゴム入り。なので袖口からの浸水対策もなされています。

背中のエアアウトレット。蒸れを排出できるような作り。ただ、この部分についてはゴアテックスジャケットのようにファスナーで塞げるようにしてほしいと思います。ただし、ゴアテックスジャケットに装備されている腕周りのインレットがエクスプローラージャケットにはありませんので、省いたとも考えられます。

ドローコード部分。

他のクシタニ製ライディングジャケットと比較してもかなり大き目な作りなので、腰回りをドローコードで絞め込むことができる作りとなっています。

また、かなりサイズ感が大きいと書きましたが、中にインナーとして冬用ミッドダウンなどを着こみやすく、ウィンタージャケットとしても十分使えると思います。

実際の使用感ですが
かなりサイズ感が大きいので、ゆったりとした着心地。また、デザインも「いかにも」といった感じではないので、普段使いでも通用します。
生地は比較的薄めですので、軽い着心地で体も動かしやすいです。また防風性はあまり高いとは感じません。これは後ろ側のエアアウトレットが閉じられないことと、首回りがゆったりとしているので、風が通りやすいのかもしれません。
ただ、非常にゆったりとしていますし、中に着こみやすいことから使い勝手は良好です。さらに、デザインもオーソドックスなデザインであるため、どんなバイクでも合わせやすいと思います。
やはり、エクスプローラージーンズと組み合わせた時が一番しっくりとくる一着であると思います。


一つだけ気になった点ですが、ほかのクシタニの防水を謳っているジャケットには、初期耐水圧とか透湿性というのが記載されており、アクアジャケットだと初期耐水圧30,000㎜、透湿性19,000g/㎡/24h。コンテンドジャケットやフィンジャケットでも、初期耐水圧10,000㎜、透湿性3,000g/㎡/24hなどと記載されていますが、このエクスプローラージャケットには記載がありません。防水性にこだわった製品なので、問題ない数字だろうと期待はしていますが、ちょっと気になりますね。

おまけ
ちなみに、以前売られていた、私が購入したクシタニ最後のゴアテックスショートジャケットとかだと初期耐水圧45,000㎜以上、透湿性20,000g/㎡/24hとカタログには記載されています。