Ryzen5 3400Gに入れ替え

これまでテレビにつないでいたテレビ録画機兼用マシンはkavbniコアのAthlon5150機を使用しておりました。mini-ITXマザーを使用し、かなりコンパクトなケースをテレビ台の中においておけるので、コンパクトなマシンではありましたが、いかんせん導入後6年経過していることと、ストレージがSATA SSD128GBとこれまたほかのマシンから流用したSSDでの運用であったため、そろそろ限界かなぁと思っていました。

ところで、今年の正月明けにRyzen9 3950Xに入れ替えた際、冷却の問題やメモリスピードの問題から、CPU以外のパーツも一部入れ替えており、余ったパーツを流用すれば録画機も入れ替えられるんじゃね?ということで、APUを使った新しいPCと入れ替えることができたわけです。

メモリは以前3900Xマシンを使用していた時に使っていたもので、DDR4 PC3200の8GB2枚組を流用しています。また、とりあえず、ストレージはこれまでのSATA SSDの120GBのものを流用。ケースも3900Xの時のcoolermasterのM-ATX用を流用。

さすがにマザーボードは新規購入でASUSのB-450マザー、TUFシリーズを9000円弱で購入しました。

実は、CPUですが、Ryzenシリーズはご存知の通り一部製品がいまだに入手しずらい状況が続いています。グラフィックボードを使用するCPUは比較的入手性も良くなっていますが、APUの場合、(型番の最後にGが付くものが内蔵グラフィックを搭載したAPUとなるのですが)特に3400Gがほとんど入手不可能。秋葉原のショップでも売りけれ状態のところがほとんどで、注文はできても入荷待ちといったところがほとんどだったのです。なので、Athlon5150機の組みなおしを決意はしたものの、肝心のAPUが入手できないという状態がこれまで続いていました。3200Gのほうは入手性が良かったのですが、3400Gの4コア8スレッドに対して、3200Gは4コア4スレッド。コアクロックは3400Gの3.7GHzと3200Gの3.6GHzと100MHzしか違いませんが、ブーストクロックが3200Gの3.9GHzに対し3400Gは4.2GHzと結構な違いがあったりします。そのため3400Gを候補としてずっと探していました。

で、ようやく入手できたためやっと組み換えができたというわけです。
実はこの3400Gの購入先は、地元の家電量販店。しかもおそらく初期ロットにかなり近いものでずっと売れ残っていたものだったと思われます。また、価格も税込み2万以下で購入できました。たぶん全国的にも最安価格だったと思われます。

大型家電チェーン店って、意外とPCパーツ系だと思わぬ掘り出し物があったりしますので、定期的に見に行くことは決して悪いことではないと思います。
特にメモリなどの価格の動きの大きいモノはパーツショップが値上げしていても仕入れ時のままの値段とかが普通にありますから、思わぬ安値で買えたりしますね。

CineBenchi R20
CPUスコア 1884、singleスコア 400

3D Mark Time Spy
1357

全然使えるスコアです。

また5年は戦えると思います。