改めてSR400の話

昨年、2008年式のSR400(RH-01型)下取りにして、ホンダ製の大型バイクNC-700Xに乗り換えたのですが、このブログでご紹介したようにどうにも相性がよろしくないようでした。やはり、ブログでも書いていた通り、DCTのフィーリングが合わなかったことやハンドリングの重さなどがどうにも気になり、買い替えを決意しました。

MT-10のような過激なバイクと最も対極にあるバイクなのですが、ゆっくり走って一番楽しいバイクはなんだろうと考えた時に、やはりSRじゃないかと思い改めてSRを購入。

改めて今回のSRで生涯のバイク歴で3台目となりますが、今回購入したのはFIモデルのRH-03J型。一旦生産中止となった時の最終モデルかつカラーです。このモデルは比較的高年式モデルだけあって程度が良くかつ比較的リーズナブルなところも購入に至った理由の一つです。

前回のRH-01J型の時は積載を考えて、サイドバックを両側に取り付けたり、リアウィンカーがサイドバックに当たらないように移設したり結構いじりましたが、今回はハナッからリアキャリアが付いていたこともあり、リアボックスを取り付けることで積載の問題を解決しています。ただSRと箱の見た目の相性は決して良いとは言えず、普段はできるだけ箱を外すようにしています。

43LのGIVI製キャリアですが、やはり箱を付けると格好いいとは言えませんね。

なお、このGIVIケースですが、モノロックケースと言って、汎用性は高いのですが最大積載重量が3㎏と低め。さらにケースの取り付け部であるベースがやや大きめのベースとなっていました。

汎用ベースよりも一回り大きいものとなっています。普段はケースを付けない状態なので見た目も気にならないと思います。

RH-01J型とRH-03J型の最大の違いであるキャブとFIの違いにいついて

元々キャブがあったところのアップですが、まるっきり変わっていました。特にホース類の取り回しや補器類の追加などヤマハの開発者の苦労がひしひしと伝わる部分です。サイドカバーも01J型よりもやや膨らみが増しており、元々バッテリーが搭載されていたところも燃料ポンプとサブタンクに変わっていたりと見た目は以前のSRと同じでも車体構成は全くの別物と言っていいほどに変わっていました。

非常にわかりずらいのですが、マフラーも内側にサブチャンバーが追加されていたりしています。

肝心の乗り心地というか01J型と03J型の乗った感じの違いについて

キャブもFIもパワートルクともほとんど変化はありません。カタログ上若干FI型の方がパワーが落ちていますが、わからないレベルです。

ただ違いはやはりありまして、03J型の方がパワーの出方が穏やか、かつ静か。これは逆に言うと、パワーの盛り上がり感は01J型の方が楽しい。音も03J型の方が明らかに静かで、ストトトというパルス感も01J型の方が感じやすいと思います。03J型の方が悪いと言うほどのことでもなくどちらかというと好みの違いっていう程度です。法的な規制が入るたびに牙を抜かれていくといった感じなのでしょう。

2020年現在、現行のSRは環境規制に対応するモデルに変わっていますが、おそらく2021年には完全終了となると噂さえています。ABS規制に対応できなくなるからと言われていますが、おそらく「ほぼ」現在のカタチに近い形で復活すると思いますが、ABS規制によるリアブレーキのディスク化とか、古すぎる設計による各種補器類の搭載場所の確保の問題とかこのままのカタチでの復活はかなり難しいとは思われます。これだけ売れているモデルですから、何らかの形で継続はしていくと思います。
ただ、個人的にはSRの復活よりもSRXの復活を強く望んでいたりします。ヤマハさんには是非SRXをSRのバージョンアップ版として将来発売してほしいなぁ・・・