Ryzen9 3950Xの話

昨年PC業界で最も話題となったAMD社製CPUのRyzenシリーズですが、コストパフォーマンスの良さや、INTEL社製CPUよりも高性能ということでかなり売れているようです。

自宅で使用しているPCもZENシリーズが発売されて以来アップデートしてきましたが、すでに書いているように昨年夏には3900Xを使用していましたが、今年の正月明け早々に3950Xと入れ替えておりました。

定格クロックは3.5GHz、最大ブーストは4.7GHzで、最大の特徴は16コア、32スレッドで動作する、一昔前だと100万を超えようかというようなバケモノCPUです。それが一般人にも入手できるような常識的な価格で発売されました。

2019年の7月に発売されたRyzen3000シリーズでしたが、発売当初は3950Xは発売されず、結局11月までずれ込み、その後の品薄状態…年が明けた1月にAmazonでようやく購入に至りました。

CineBenchi R20のスコア
CPUスコアがマザーボードデフォルト設定にもかかわらず、驚きの9300超え。シングルでも530台。
CineBenchi専用機CPUとかベンチ番長とかいろいろ揶揄されていましたが、なんだかんだ言っても9000超えるってスゴイことだと思います。

3D Mark のTimeSpyスコア
トータル9780ですが、CPUスコアが12000超えてますね。ゲームでもこれなら某Intel社よりも遅いといわれることはないでしょうね。