クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その1 K-1958T リニアフーディー

クシタニのライディングウェアは他メーカーよりも高品質で、ライディング時に動きやすいようなカットや縫製がなされており、ユーザー目線での商品開発がされていることは多くのライダーが認めるところだと思います。ただ、その分他のメーカーよりもやや割高なのは仕方ないと思います。しかし、厳密に言えばライディングジャケットではありませんが、インナージャケットやインナーウェアとなると、価格もリーズナブル。しかも街着としても使えるし、普段からライダーであることをさりげなくアピールしたいと思っている方向けのラインナップも実は少なくありません。

純粋に街着ファッションとしても使えることのほか、当然ライディングジャケットのインナーとしても使えるモデルを今回は3点ほどレビューしてみます。

K-1598T リニアフーディー

厚手のコットン生地のフーディーで、普段着として最も使いやすいと思います。
裏地も無く、風通しも良いフーディーですね。
また、このモデルはパフォーマンスストア限定モデルで、レギュラーモデルがS、M、L、LLまでの設定に対して、このモデルはXLサイズまで用意されています。

実は昨年モデルのレブロフーディーを狙っていましたが、サイズがLLまでの設定であり、しかも元々のサイズがかなりタイトサイズだったため、ようやく今年モデルで普通に着用できるモデルが入手できたというわけです。

素材表面はふわっとした感じで、かなり着心地も柔らかいですよ。

サイド側にはレーザーホール加工。もともと生地自体の風通しは良いと思いますが、さらに穴あけ加工することで、さらに風通しがよくなっています。

縫製もクシタニらしく立体裁断が施されているのと、ライディング状態でもジャケットが突っ張ることが無いように考えられた生地のカットがなされています。

裏側。
特に裏地などもなく、風通しが良いですね。ただ、生地は若干厚みを感じますので、普段着として使うのには春先のまだやや寒い時期にちょうどいいのではないかと思います。

やや派手目な色合いと「KUSHITANI」のバックプリントが嫌というのでなければ、この時期(3~4月の早春)に一番使えるフーディーと思われます。
私の場合は、休日の普段着として街着として使っています。派手さが気にならなければ一番のおすすめですね。