クシタニ K2352 レイジャケット

クシタニ K2352 レイジャケット

クシタニの2020年、春夏ジャケットが発表されました。
昨年のラインナップと大きく変わらず、主にはデザイン面でのマイナーチェンジで、「MOTO PERFOEMANCE」の文字位置が変わっていたりする程度で、他にはカラーチェンジが主だったところのようです。しかし、その中で大きく変えてきたモデルがありました。それがここ数年マイナーチェンジを行っていた「レイジャケット」です。

写真を見てもらえば一目瞭然ですが、ついにフード付きになりました。
昨年の秋冬モデルでもゴアテックスショートジャケットのモデルチェンジ版でもある「アロフトジャケット」もフード付きに変わり、時代はフード付きだぜィ!ってな感じだったのですが、ついに、レイジャケットも!

フード付きってのは悪くはないのですが、良く言えば若向きなデザイン、悪く言えば、オヤジ達向けではない!っていうイメージではないかと思っておりましたが、そこはクシタニ、比較的年齢層を選ばないデザインでまとめたなって感じです。

今回もパフォーマンスショップ横浜店で購入しましたが、ショップ店員さんによると、結構40~50歳台くらいの人たちにもウケは良いようで、これまたあっという間に売り切れになりそうです。

細かい部分を見ていきますと

ところどころに皮革があしらわれていたりしてなかなか所有感を満たしてくれそうな出で立ちだったりします。

後ろ側にはフードを止めるためのループが付けられていました。
また、横一本のディンプル加工がなされた皮革も以前からのレイジャケットと同様です。

機能上でフードのほかに最も変わったと思ったところが、脇下のストレッチ素材。以前のモデルよりも明らかに大型化していました。

また、袖口のところは全周テキスタイルとなっており、前モデルのようなストレッチ素材は採用されていません。

ちなみに製造国は日本。これもレイジャケットならではだと思います。

手持ちの2017年版、ワイズギアのスタイルジャケットとの比較。スタイルジャケットは実質レイジャケットであり、比較するにはちょうどいいと思いまして比較してみました。

明らかに脇の下部分のストレッチ部分が異なりますね。

正面部分の比較
ファスナー内側の「ベロ」の大きさも異なります。が、今年モデルの方は、きちんと腹回りがえぐられており、ストレスがかかりにくい形状ですね。

生地そのものも以前のモデルと同様、コットン100%な生地ですが、2017年モデルと比べて、圧倒的に柔らかい素材に変わっています。生地の厚みは以前のものよりも薄くなっているように感じますが、「柔らかい」というところを優先したとも考えられますし、風通しを、より一層優先したとも考えられます。また、生地自体も昨年モデルと同様リップストップ素材と言う格子模様の生地となっており、以前のレイジャケットのようなのっぺりとした印象からガラッと変わっています。このデザインにより生地自体の強度も上がっているとのこと。
ショップ店員さんが言うには、圧倒的に風通しが良いとのことでしたので、生地を薄くして風通しを良くするのと同時に生地自体が薄くなることでの強度低下をリップストップ織で補っているのではないかと思います。

全体としては、レイジャケットのイメージはそのままで、機能性、デザインをブラッシュアップした、というところでしょうか?
全体のイメージとしては、以前あったジョカーレジャケットにかなり近いと思います。
良くも悪くも、これまでのレイジャケットは、どちらかというと、ライディングジャケットの正統派という感じだったのですが、今年モデルは、正統派でありながら、より幅広い年齢層にも気軽に着用できるジャケットになったといった感じです。