倉敷ツーリング




今年(2019年)のお盆休みは約5年ぶりの倉敷にツーリングに行ってきました。

倉敷は、学生時代に住んでいた町でありますが、当時は瀬戸大橋はおろか山陽自動車道も開通しておらず、当時の記憶だけでは倉敷インターチェンジから倉敷駅へすら行けません。完全に浦島太郎状態。写真は倉敷駅側から岡山方面に向けた大島交差点の青看、旧国道2号線のモノですが、昔ここの交差点に玉姫殿があったのを覚えている人はそうそういないのではないでしょうか(笑)

駅前のホテルにバイクを置いて、駅前のアーケード街を散策しましたが、アーケード街は残っているものの、店舗が大幅に変わっており、それこそ昔はいろいろな服屋とか雑貨屋とか洋品店などがあったのですが、ほぼほぼ壊滅しており、飲み屋さんや飲食店に変わっていました。

そんなアーケード街の中にある、倉敷らしいお店は健在。そう、あのぶっかけうどんのふるいち。ここは昔ながらのお店として残っていました。

ぶっかけうどんと言えば、今では丸亀製麺が有名ですが、元祖ぶっかけうどんはこのふるいちですね。やや甘めの濃密な「たれ」をうどんにほんの少しだけ「ぶっかけ」てずるずるとすするのですが、やっぱりぶっかけうどんと言えばふるいちが一番だと今でも思いますよ。

その後現地の友人と久しぶりの再会を祝して、近くのスナックで軽く一杯ひっかけてホテルにて就寝となりました。

翌日は、朝早くに起きだして、美観地区に向かいました。

美観地区の倉敷川沿いにNCを止めて記念撮影。その後、水島地区(当時住んでいたところ)や児島地区(学校があったところ)などを回って帰途につきました。

走行データ
8月11日~8月13日
総走行距離1,949㎞
使用燃料量66.6L
総合燃費29.26㎞/L

おまけ

帰り道ですが、グーグルマップに指示されるままバイクを走らせていましたが、名神高速が例のごとく大渋滞。グーグルマップが名神高速を避けたルートを選択してくれたおかげで、関西最大のバイクのメッカである道の駅「針テラス」に寄ることができました。(名阪国道を通るルートを選んだためですが)

せんとくんにも会えたしね