NC700X DCT TypeLDの話2




さて、NC700Xについて購入後の感じたことをいろいろと書いてみたいと思います。

まず、NC700Xについてですが、ホンダの考える新しいコンセプトのミドルレンジクラスの大型バイクです。その新しいコンセプトとは、すでに多くのサイトでいろいろと言われていますので、多くは語りませんが一般的なユーザーの使い方として、1万回転を超えるような高回転域はほとんど使用せず、2000~5000回転域を多用するということ。なので、高回転域を捨てることで、普段使いとして使いやすく低燃費ということを主眼として開発。そのためのエンジンとして、同じくホンダの乗用車であるフィットのエンジンを参考にしたとのことです。ちなみにいずれのエンジンもボアXストロークが73ミリX80ミリということで、こんなところからもFITのエンジンを半分に切ったなどといわれる所以だったりしますね。

更に特徴的なのがエンジンの搭載角度。かなり前傾にセットされており、かなり低重心化を狙ったレイアウト。この低重心化によりフレームが一般的なオートバイよりもかなり下がった位置になっています。形状こそダイアモンド型ですがフレームだけを横から見るとまるでスクーターとかカブなどのアンダーボーン型にも見えますね。

さらに、700CCながらカタログスペックでは41㎞/Lという超低燃費を達成しつつ、なおかつ270°クランクを採用し、まるでVツインのような鼓動感を演出させています。ホンダの本気を感じさせるモデルですね。

燃料タンクも一般的な位置とは異なりシートの下。給油口はタンデムシートを持ち上げると現れます。ヤマハのVMAXやBMWのF800シリーズなども給油口がシートの下とか横とかに付いていますが、どうしてもこの位置だとスクーターとかのイメージになってしまいます。ただ、ガソリンタンクという、重量がありしかも走行条件によって重量が変わるものを一般的な位置でなくシート下に持ってきたことも低重心化に大きく寄与していますね。また、ガソリンタンクのところはご覧の通り大容量のラゲッジスペースで、バッグや小物など身の回りの物をここに収納しておけば、バックパックやボディバッグなども走行中に身に着ける必要はありません。

NC700シリーズで一般化したと思えるのがDCTです。左側ステップですが、シフトレバーがありません。最初はかなり戸惑いましたが、意外と乗り出して1時間もすれば慣れてしまいます。(笑)

左右のグリップ回り。クラッチレバーはありません。いまだにクラッチレバーを無意識に握ろうとしています。

基本的にはDレンジだけで発進から停止まで、ギアチェンジは勝手にバイク側で行ってくれます。発進するとカチャカチャというギアチェンジしている音が小さく聞こえますよ。

今回購入したモデルはDCTモデルでしたが、オートマチックって実際のところどうなのよ?と非常に不安を抱いていました。スクーターのようなCVTだと嫌だなと思っていましたが、実際に乗ってみると非常に良く出来たシステムだと思います。特に懸念していたところは、発進時の半クラ状態。マニュアルミッションであれば、スロットルの開け方とクラッチの繋がり具合を別々にコントロールでき、高回転で半クラ状態を長くしたいとか(モトクロッサーのような乗り方)スロットル一定でクラッチで繋ぎ具合を調整するとか(断続クラッチ)
こういうことに近いことが可能かどうかが気になっていました。

実際にはほぼスロットルだけでこれらのことは大体可能。細かいところを言えば不満もありますが、気になるほどではありません。また、マニュアル操作も可能ですが、基本的にDレンジのみでちょっと攻めた走りやのんびりとした走りも、きちんと変速してくれます。すなわち、ちょっと攻めた走りをしているときはエンジンブレーキを効かせるようになかなかギアダウンしませんし、さらにエンジンブレーキを効かせたい時はシフトダウン側ボタンを押せばシフトダウンするというものです。逆に加速時はその時の速度にもよりますが、早い加速度で加速しているときはなかなかシフトアップしません。
更にもっと攻めた走りならば、Sモードにすることで、シフトアップやシフトダウンのタイミングを変えることも可能です。
これ、アフリカツインなどの大型オフローダーにも装備されていますが、オフ走行時のスタンドアップ状態での走行時であれば非常に便利ではないかと思います。
DCT,舐めてました(笑)

さて、NC700X独特とも言える特徴をつらつらと書き連ねましたが、ここまではNC700Xの良い意味での特徴。アピールできるところですね。ただ、いままでのバイクとは全く異なるコンセプトで設計されましたから、従来のバイクと異なるところがあり、ホンダが考えるこれからの大型バイクっていう意味では大変意欲的なバイクであるとは思います。

しかし、納車から約1週間が経過して、?マークが付くところもいろいろと見えてきましたので、ネガティブと感じるところは次の機会に。