NC700X DCT TypeLDと入れ替え

SR400とSEROW250を手放して、ホンダのニューミッドコンセプトシリーズであるNC700と入れ替えました。買うつもりはなかったのですが…
実はセロー、昨年の夏以降全く未舗装林道は走っておらず、セローが自宅にある必要があるのか?という疑念を感じておりました。特に、栃木と福島を繋ぐ林道群が台風や大雨で土砂崩れや路面損壊などで通行止めとなっている道がほとんどとなっていたことや基本的に林道行くのもソロで行くことがほぼ全てであることから、もしもの際には遭難となる可能性も強いってことも林道に行かなくなった理由の一つです。
また、これまでのバイクの使用方法として、1~2泊のロングツーリングに行くことも多くなり、もっとツーリングに特化したバイクの方が自分には適しているのでは?ということもありました。




で、オイル交換に行きつけのバイク屋さんに行った際に、そんな話をしていたところ、長距離ツーリングならアドヴェンチャー系のバイクの方が使い勝手が良いのではないかとの話になりまして、スズキのVストロームやBMWのF800 GSとかYAMAHAのTracer900とかがロングツーリング派にウケているという話になりました。また、それならばとセローの下取り査定をしてもらうと、予想外の高価が付き、さらにSRも下取りに入れると、ほぼ手出しなしでNC700Xが射程範囲となることが判明しました。

更に3台持ちから2台持ちとすることで、維持費もかなり低減できることから、1台減車することを決意。結局NC700X DCT TypeLDの購入と相成りました。

MT-10と比べて、まったくと言って良いほどの所有感を満たさない車体や、全体的に漂うプラスチッキーなチープな外装回りなど、私のこれまでのバイク選びから一番遠いところにあるバイクですが、買ってしまった以上、しばらくはNC700Xのレビューを公開していこうと思います。果たしてどうなることやら…