塩那道路(になるはずだった)に行ってきました

初めて塩原温泉に行ったとき…およそ30年前…に、塩原温泉街から、上三依方面に向かうと右側の山につづれ折れの道路が山の頂上に向かって伸びているのが見えました。
いったいどこへ繋がっているのだろうか?とか、あんな山の頂上に何があるのだろうか?とか、いろいろと妄想をしてみたりしたものです。その後、気にはなってはいたものの、すっかりと忘れていましたが、セローでどこへ行こうかなどとWebをいろいろ見ているうちにとあるサイトを見つけました。
よっきれんこと 平沼義之 さんが開いているホームページ、山さ行がねが。通称「山行が」を見つけてしまいました。一番最初に見たのは「大峠」。福島県喜多方市と山形県米沢市を結ぶ峠道です。
これを読んだところ、たちまち大ハマりしてしまい、平沼さんが掲載している旅行記を読み漁りました。すると、昔見た「あのつづれ折り」の道路を走破した!との紀行文が!それこそが、今回行ってきた(といっても一般車が入れるところまでです)伝説の塩那道路です。




ドン詰まりの道路なので、入り込んでいる車や人などいないものと思っておりましたが、意外と車も止まっており終点の土平園地のまわりがハイキングコースとなっていることや、周辺の山への登山のベースとなっているようです。

通行止めの手前にバイクを止めて周りを散策。遠くの山の頂あたりには未だ残雪が残っていました。

改めて通行止めのゲート周りを見渡してみますと、かなり強烈にブロックされています。道路部分だけではなく、ゲート左右も鉄柵があり、絶対の入れないぞ!との強烈なアピールがされています。

ゲートの向こう側には舗装された道がありました。が、通行した車両の跡は皆無。さすがにゲートを突破して突っ込んでいく人はそうそういないようです。

土平園地駐車場付近から塩原側。こちらから見える山の頂にも残雪が見えました。

最終ゲート100M手前にある通行止め看板。「歩行者も通行止めです」の記載がこの道路へ侵入を意地でもさせないぞとの強い意志を感じさせますね(笑)