クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その1)




昨日、クシタニオンラインから大きな荷物が届きました。3月の初旬に予約していた2019年春夏モデルのジャケットがようやく届いたというわけです。
今年の春夏モデルは昨年モデルと同じようなラインナップで、昨年買おうかどうしようか散々悩んだフルメッシュパーカージャケットとベクトルジャケットが2019年も継続となり、基本的には昨年モデルと同じでカラーチェンジのみのモデルです。
特に今年のモデルはなかなかカラーもおしゃれで、ネイビーのフルメッシュパーカージャケットと、ブラックのベクトルジャケットの2着を購入しました。

K-2337 フルメッシュパーカージャケット

ネイビーモデルです。つくりはかなりライトなイメージで、色も昨年モデルと異なり落ち着いたイメージで、ネイビーと言うだけあって濃紺に近い色合いですが、近くで見るとスラブ柄が入っており、安っぽいイメージは皆無です。

濃紺というよりほぼ黒と明るいブルーのストライブ柄で遠目で見ると濃紺に見えるといういつものクシタニパターンです。

機能を見てみますと、まずはパーカー部分。後ろ側にはフードを留めるタブが付いており、走行時のフードのバタつきを防ぎます。また、フードの前側とジャケット内側の首のところにもタブが付いており、この部分もジャケット本体に留めることができます。両側のタブをジャケット本体側にホックで留めることで、より一層フードのバタつきを防ぐことが可能です。

フードの首側まわりにはドローコードが付いているため、よりいっそうバタつき防止にも役立ちます。またフードインナー側の裏はきちんとチェック柄の裏地もきちんと装備されており、着用時にフードの裏側が見えてもメッシュ生地がそのまま見えるということもありません。

ファスナー裏側には定番のブレストパッド取付用のタブ。

胸ポケット。かなり小ぶりな大きさですが、小物やカード程度なら問題なく入りますね。ただ、デザインは後付け感が出ており、あえてこういったデザインにしているのか、それともコストの問題なのかは不明。個人的にはこのデザインは大いにありだと思いますが。

首回り。ファスナーの最後の部分にはタブが付いており、一番上までファスナーを閉めなくても良いようなデザインとなっています。

着用感はやや硬めな生地ですが、それだけ防御力が高いと思えば納得できるところではあります。
デザインそのものは定番中の定番のデザインで、奇をてらっているわけでもなく、安心して着用できるデザイン。どちらかというと若者向けのデザインではありますが、濃いめなネイビー色ということもあって落ち着いた色合いですから、比較的年齢も選ばないと思います。

昨年末の秋冬用ジャケットであるアドーレジャケットとおそろいのデザインですね。